シカゴ旅行はここに行きたい!定番&女子旅モデルコース

シカゴ旅行はここに行きたい!定番&女子旅モデルコース

更新日:2019/10/03 12:49

小浜 みゆのプロフィール写真 小浜 みゆ アラサー女子旅ライター、トラベルフォトグラファー、ドバイ好き旅人
アート・音楽・建築と、観光をたっぷり楽しめるアメリカ・シカゴ旅行。写真映えを狙わなくともおしゃれなシカゴは、大人の女子旅におすすめです。シカゴ美術館で名画を見たり、ミシガン湖の絶景を楽しんだり、シカゴピザを味わったり…定番をおさえつつ、ちょっぴりツウなエリアも訪れる3泊5日モデルコースをご紹介します。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

1日目 シカゴの中心・ループエリアでアート鑑賞

1日目 シカゴの中心・ループエリアでアート鑑賞

写真:小浜 みゆ

地図を見る

シカゴ・オヘア国際空港へは、羽田・成田から直行便が運航中。朝シカゴに到着したら、荷物を置きにホテルへ。ホテルはシカゴの中心地「ループエリア」をチョイスすると効率よく観光できます。

初めてのシカゴで最初に行きたい観光地は、ミレニアムパークの「ザ・ビーン」!アニッシュ・カプーア氏による《クラウド・ゲート》という作品で、豆のような形のためその愛称で親しまれています。シカゴの空や街が作品に反射し、アーティスティックな写真が撮れます!

1日目 シカゴの中心・ループエリアでアート鑑賞

写真:小浜 みゆ

地図を見る

ループエリアで女子旅におすすめの観光地が、シカゴ・カルチュアル・センター。無料で文化イベントを開催している施設で、注目は3階。あのティファニー社が手掛けた、荘厳なステンドグラスのドームが美しすぎるんです!

1日目 シカゴの中心・ループエリアでアート鑑賞

写真:小浜 みゆ

地図を見る

シカゴ観光で外せない定番観光地「シカゴ美術館」。印象派やアメリカ美術をはじめとする30万点もの作品のなかから、約2千点が代わる代わる展示されています。シカゴ美術館の所要時間は、2時間〜がおすすめ。

<The Art Institute of Chicagoの基本情報>
住所:111 S Michigan Ave, Chicago, IL 60603

2日目 海みたい!ミシガン湖の絶景とショッピングを楽しむ

2日目 海みたい!ミシガン湖の絶景とショッピングを楽しむ

写真:小浜 みゆ

地図を見る

2日目はマグニフィセントマイル=通称マグマイルで、お買い物を楽しみましょう!百貨店や高級ブランドが並ぶエリアで、人気スーパーも近いためアメリカらしいお土産を買うのにぴったり。

観光はジョン・ハンコック・センター94階にある展望台「360 Chicago」へ!まるで海のようなミシガン湖を一望できる絶景スポットで、湖岸とビーチをばっちり望めます。

2日目 海みたい!ミシガン湖の絶景とショッピングを楽しむ

写真:小浜 みゆ

地図を見る

ランチは女子のテンションが上がる、おしゃれなレストランで。ノースアベニュービーチにある「Shore Club」は、砂浜×ミシガン湖を見ながら食事ができる雰囲気抜群のお店。カラフルなフローズンカクテルセットが人気です。営業は春〜秋限定。

<Shore Clubの基本情報>
住所:1603 N Lake Shore Dr, Chicago, IL 60610

2日目 海みたい!ミシガン湖の絶景とショッピングを楽しむ

写真:小浜 みゆ

地図を見る

夜はループエリアに戻り、コンサートやミュージカルを楽しみましょう。シカゴのランドマーク「シカゴシアター」や「ブロードウェイ・イン・シカゴ」などで鑑賞できます。2019年はイヤー・オブ・シカゴ・シアターと題して、シカゴ市内の劇場で特別公演も実施中!

見たいショーのタイミングが合わないときは、昼開催のシカゴシアター見学ツアーに参加を。美しい彫刻や絵画で装飾された劇場は、一見の価値ありです。

3日目午前 シカゴ観光の定番。シカゴピザ&リバークルーズ

3日目午前 シカゴ観光の定番。シカゴピザ&リバークルーズ

写真:小浜 みゆ

地図を見る

3日目はシカゴで最も高く、全米でも第2位の高さを誇る「ウィリスタワー」へ。103階のスカイデッキ・シカゴで一番人気の写真スポットが、ビルから飛び出た透明ボックス。床も透明で、まるで空に浮かんでいるような気分に!特別な女子旅なら、通常営業前に103階で絶景を見ながらいただく朝食もおすすめ。

<Skydeck Chicagoの基本情報>
住所:233 S Wacker Dr, Chicago, IL 60606

3日目午前 シカゴ観光の定番。シカゴピザ&リバークルーズ

写真:小浜 みゆ

地図を見る

シカゴに行ったら食べずには帰れないのが、分厚くてたっぷりチーズが入ったシカゴピザ!「Giordano’s」は、1974年創業で人気のシカゴピザ店。のびーるチーズを撮影するのが、シカゴピザのお決まり。焼くのに45分ほどかかるので、余裕を持って訪れましょう。

<Giordano’sの基本情報>
住所:130 E Randolph St, Chicago, IL 60601

3日目午前 シカゴ観光の定番。シカゴピザ&リバークルーズ

写真:小浜 みゆ

地図を見る

街全体が建築美術館と呼ばれるほど、有名なシカゴのビル群。1871年の大火災をきかっけに建設ラッシュがはじまり、現在も新しく個性的なビルが建設されています。

シカゴっ子おすすめの観光ツアーが「建築リバークルーズ」!シカゴズ・ファーストレディ・リバークルーズでは歴史ある建築から最新ビルまで、ワクワクする解説とともに船上から観光できます(英語)。運行は春〜秋限定。

<CAFC River Cruiseの基本情報>
乗船場所:112 E. Wacker Drive
Chicago’s Riverwalk at Michigan Avenue and Wacker Drive

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

3日目 午後 癒されスパ&シカゴ・ブルースで夜遊び

3日目 午後 癒されスパ&シカゴ・ブルースで夜遊び

提供元:AIRE Ancient Baths

地図を見る

観光を思いっきり楽しんだあとは、シカゴのおしゃれ女子御用達の「AIRE Ancient Baths」で癒されましょう。1902年に建てられた工場を改装し、本物のキャンドルが焚かれた空間はとても幻想的!おすすめはスパ利用+30分マッサージつきの癒しコース(要予約、男女共用、水着着用)。

<AIRE Ancient Bathsの基本情報>
住所:800 West Superior St. Chicago, IL 60642

3日目 午後 癒されスパ&シカゴ・ブルースで夜遊び

写真:小浜 みゆ

地図を見る

アメリカに来たら、自分を甘やかすスイーツも女子旅ではマスト!「BomboBar」はイタリアの揚げ菓子ボンボリーニをアメリカナイズした、可愛いデザートが食べられるカフェです。

<BomboBarの基本情報>
住所:832 W Randolph St, Chicago, IL 60607

3日目 午後 癒されスパ&シカゴ・ブルースで夜遊び

写真:小浜 みゆ

地図を見る

シカゴ女子旅最後の夜は、「キングストン・マインズ」でシカゴ・ブルース鑑賞。大盛り上がりのバンド演奏にテンションアップ!入店に行列ができるほど人気で、お酒を飲みながら本場のシカゴ・ブルースを楽しめます。

落ち着いた雰囲気でシカゴ・ジャズを楽しみたいなら、「ウインターズ・ジャズ・クラブ」がおすすめ。ループエリアからタクシーで5分ほどの距離で、初心者でも行きやすいですよ。

<Kingston Minesの基本情報>
住所:2548 N Halsted St, Chicago, IL 60614

<Winter’s Jazz Clubの基本情報>
住所:465 N. McClurg Court (promanade), Chicago, IL 60611

4日目 シカゴの暮らしを散策。世界遺産&穴場タウンへ

4日目 シカゴの暮らしを散策。世界遺産&穴場タウンへ

写真:小浜 みゆ

地図を見る

定番観光を終えた最終日は、シカゴの暮らしを感じるハイドパークへ。オバマ元大統領が住んでいたエリアです。無料で街を案内するChicago Greeterにガイドを頼むと、より深くシカゴについて知れますよ(英語・要予約)。

ハイドパークには、建築家フランク・ロイド・ライト設計の「ロビー邸」があります。ロビー邸は2019年7月、世界遺産に認定されたプレーリースタイルの最高傑作と呼ばれる建築。デザインが可愛いお土産もチェックしてくださいね。

<Frederick C. Robie Houseの基本情報>
住所:5757 S Woodlawn Ave, Chicago, IL 60637

4日目 シカゴの暮らしを散策。世界遺産&穴場タウンへ

写真:小浜 みゆ

地図を見る

シカゴにはギリシャ人街、アイルランド人街…と多くのコミュニティがあり、世界の食を楽しむのも"人種のるつぼ"ならでは。
「HaiSous」は人気のベトナム料理店。洗練された雰囲気の店内で、シカゴビールとベトナム料理を味わいましょう。

<HaiSousの基本情報>
住所:1800 S Carpenter St, Chicago, IL 60608

4日目 シカゴの暮らしを散策。世界遺産&穴場タウンへ

写真:小浜 みゆ

地図を見る

HaiSousのあるメキシコ人街のピルセンは、おしゃれな穴場エリア。色鮮やかなウォールアートが描かれた街には、古本屋や古着屋などハイセンスなお店があり、街歩きが楽しいんです。可愛いヴィンテージ服やアクセサリーが手に入る「the SHUDIO」は、女子必見!

経験豊かな大人女子に似合う街。おしゃれなシカゴ旅行へ!

シカゴはアート・音楽・建築にふれ、一歩踏み込む旅行ができる街。おしゃれで、経験豊かな大人の女性に似合う"本物"が詰まった街並みです。

今回紹介したシカゴ美術館、360 Chicago、ウィリスタワーのスカイデッキに行くなら、入場料+ファストパス機能で混雑を回避できるシティパス($108)を活用するのも一つの手。スカイデッキは昼と夜の2回行くことができ、ほかにも水族館や博物館に行けるお得なパスです。

中心地の交通手段は電車・バスが便利。ウエストループやハイドパークなど離れたエリアは、uberを活用しましょう。持ち物は、夜レストランやライブハウスで、ID(パスポート)をお忘れなく。

女子旅で気になる治安は基本的には問題なく、特に観光スポット周辺は安心して旅行ができます。ただし夜遅くに1人で歩かない、タクシーを使うといった対策を。

おしゃれなシカゴ旅行へ、いってらっしゃい!

取材協力:シカゴ市観光局

2019年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -