音楽好き必見!見て、聴いて、弾いて楽しむ「浜松市楽器博物館」

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

音楽好き必見!見て、聴いて、弾いて楽しむ「浜松市楽器博物館」

音楽好き必見!見て、聴いて、弾いて楽しむ「浜松市楽器博物館」

更新日:2014/05/20 16:14

さとう みゃーおのプロフィール写真 さとう みゃーお 元添乗員の旅行ライター

静岡県西部の浜松市はヤマハ、カワイ、ローランドなど世界的楽器メーカーがある街です。1900年に山葉寅楠(やまはとらくす)氏によって日本初の国産ピアノが浜松で製作されたのが始まり。このように、浜松市は産業的な「音楽の街」として発展しましたが、近年は文化面での発展の為、国際的コンクールなど音楽を通した国際交流や文化施設の開設などを行ってきました。そして現在では日本を代表する音楽都市と言われています。

日本初の公立楽器博物館

日本初の公立楽器博物館

写真:さとう みゃーお

地図を見る

「浜松市楽器博物館」は、1995年4月に日本で初めての公立楽器博物館として誕生しました。世界の楽器約1200点を地域別、テーマ別に展示しています。それぞれの楽器の脇には音楽プレーヤーが設置してあり、実際に音色を聴いて楽しむことができます。

イベントも盛んで、珍しい楽器を演奏することができるワークショップや、世界のさまざまな楽器をテーマに開催するレクチャーコンサートなどがあります。特にレクチャーコンサートでは、国内外から招かれたそれぞれの楽器の第一人者によって、音色や楽器の歴史などが紹介され、より深い知識が得られます。また、毎週日曜日にはガイドツアーが開催されています。

日本とアジアの楽器 第一展示室

日本とアジアの楽器 第一展示室

写真:さとう みゃーお

地図を見る

まず入口から中に入ると、そこは第一展示室です。入口正面に展示されている、金色の龍の形をした巨大なガムラン群が目を引きます。ガムランとは、東南アジアのインドネシアに伝わる、大・中・小のさまざまな打楽器の合奏による民族音楽のことですが、一般的には、合奏に使われる楽器群の総称を「ガムラン」と言います。第一展示室は、このガムランを中心としたアジア独特の楽器が展示されています。普段目にすることが少ない珍しくて、巨大で、美しい楽器をじっくりと見学することができます。

同じフロアの一角には、日本独特の楽器も展示されています。尺八や三味線、雅楽に使われる楽器など伝統的な楽器が並び、日本の文化の魅力も再発見することができます。

世界各地の楽器 第二展示室

世界各地の楽器 第二展示室

写真:さとう みゃーお

地図を見る

地下の第二展示室には、オセアニアやアフリカ、アメリカ独特の楽器、ヨーロッパの管楽器と弦楽器が展示されています。まず目に入るのは、ネイティブアメリカンが使用していた楽器や、パプアニューギニアの太鼓や竹笛、グアテマラの木琴などです。これらは主に木製で、人間や動物をかたどった楽器が多く、それぞれの土地の個性があり、音楽が生活に根付いている様子が見て取ることができます。

ヨーロッパの楽器は、クラシック音楽でおなじみのフルートやクラリネット、トランペットなどの管楽器、バイオリンやチェロなどの弦楽器があります。どの楽器も種類別に古い初期形のものから、どんどんと現在の完成形に近づくように複数展示されていて、楽器の成り立ちを詳しく学ぶことができます。

迫力の鍵盤楽器

迫力の鍵盤楽器

写真:さとう みゃーお

地図を見る

地下を更に進むと、ズラリと並んだヨーロッパの鍵盤楽器が!これは圧巻の迫力です。鍵盤楽器はオルガン、ピアノなど最も親しみのある楽器ですが、ここに展示されているものの中には1700年代の大変貴重なものや、ベートーベンやシューベルト、ショパンなど有名な作曲家が生きていた頃のピアノなどもあり、鍵盤楽器の多様さや装飾の美しさに圧倒されます。中でもピアノについては詳しく取り扱われており、その内部の構造もしっかりと見ることができるようになっています。

さまざまな楽器の演奏を体験!

さまざまな楽器の演奏を体験!

写真:さとう みゃーお

地図を見る

一階に戻り、国産ピアノや電子楽器コーナーを更に奥へと進むと、体験ルームがあります。ピアノやオルガン、ドラムなどの親しみのある楽器から、アフリカの太鼓や親指ピアノ、インドネシアの竹のベルなどの珍しい楽器や、音の出るおもちゃがたくさん展示してあり、誰でも自由に演奏することができます。

世界中の楽器を見学し、学んだ後にはつい気分も高まり、夢中になって遊んでしまいます。音楽とは、音を楽しむこと。やはり実際に楽しく演奏してみることが重要です。普段楽器演奏に縁がない人でも「何か初めてみようかな?」と思うことでしょう。その先に素晴らしい音楽の世界が待っていますよ!

おわりに

常日頃、音楽を耳にしない日はなく、それは自然と私たちの生活の一部になっています。音楽は楽器が発する音が合わさってできるものですので、それぞれの楽器の歴史や個性を改めて感じ、音に興味を持つことは、普段の生活をより豊かにすることにつながります。

音楽を「みて・きいて・ふれる」楽器博物館を訪れれば、もっともっと音楽が好きになることでしょう。
周辺には、浜松餃子の名店や多彩な観光スポットがありますので、ぜひお出かけください!

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/05/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -