英マンチェスター中心部「ザ・ミッドランド」は魅力一杯のホテル

| イギリス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

英マンチェスター中心部「ザ・ミッドランド」は魅力一杯のホテル

英マンチェスター中心部「ザ・ミッドランド」は魅力一杯のホテル

更新日:2019/09/23 13:06

小野 雅子のプロフィール写真 小野 雅子 わくわく探しの旅ライター
イングランド北西の街マンチェスターは、ロンドンに次ぐ国内第2の経済規模を誇る商業都市です。現在はイギリス国営放送局BBCの本拠地ともなり、ますます活況!ビジネスや研究で訪れる方も多いでしょう。またスポーツではサッカー強豪チームとして有名なマンチェスター・ユナイテッドを擁し、音楽シーンではオアシスやザ・スミスらを輩出した街でもあります。そんなマンチェスターでお勧めのホテルが「ザ・ミッドランド」です。

ロールスロイス創設者たちの商談もここで!由緒あるホテル

ロールスロイス創設者たちの商談もここで!由緒あるホテル

写真:小野 雅子

地図を見る

マンチェスター中心部のセント・ピータース広場を臨むザ・ミッドランド・マンチェスターは、1903年に建てられた市内屈指の老舗ホテル。その創設時には隣接していたマンチェスター・セントラル駅を利用する人々の宿泊を見込んでミッドランド鉄道会社が建てたもので、現在はレオナルド・ロイヤル・ホテルグループに所属する4つ星ホテルです。時代とともに数々の逸話を残し、その風格ある佇まいもあわせてマンチェスター市民の誇りでもあります。

ロールスロイス創設者たちの商談もここで!由緒あるホテル

写真:小野 雅子

地図を見る

入口手前には金色に輝くプレートが掲げてあり、こんな文面が刻まれています。「チャールズ・スチュワート・ロールスは1904年5月4日にこのホテルでフレデリック・ヘンリー・ロイスと会談し、その後2人でロールス・ロイス社を立ち上げました。」そう、今では高級車と飛行機のジェットエンジンで世界に名だたるロールス・ロイス社は、この街で創業したのです。

他にもイギリスで初めてタンゴというダンスが披露された場所であると言われており、また比較的新しい話題としてはサッカーチームの名門マンチェスター・ユナイテッドで活躍していたデヴィッド・ベッカムが、当時スパイスガールズの一員として売れっ子芸能人だったヴィクトリア(ポッシュ・スパイス)と逢瀬を重ねていたホテル!という事も、このホテルを彩るエピソードのひとつです。

ロールスロイス創設者たちの商談もここで!由緒あるホテル

写真:小野 雅子

地図を見る

最寄り駅のマンチェスター・オックスフォードロード駅からは徒歩5分。マンチェスター・ピカデリー駅からでも徒歩10分ほどという立地。眼前には白亜のマンチェスター図書館があり、セントピーターズ広場からは市街移動の足回りに活用できるトラム(路面電車)が発着しています。

ラウンジも華麗!格式高いエドワード朝バロック様式建築

ラウンジも華麗!格式高いエドワード朝バロック様式建築

写真:小野 雅子

地図を見る

ホテルの外観は赤レンガとテラコッタを多用した、エドワード朝バロック様式と呼ばれるスタイルです。設計者はロンドンを中心に鉄道関係の建築で活躍したチャールズ・トラブショー。しかし重厚な印象のホテルに一歩足を踏み入れると、現代的に洗練されたロビーが待ち受けています。高い天井からは自然光が差し込む、開放的なロビーでチェックイン!

ラウンジも華麗!格式高いエドワード朝バロック様式建築

写真:小野 雅子

地図を見る

待ち合わせにも都合の良いロビーには、幾つものソファや肘掛け椅子が並んでいます。そして奥にはスタイリッシュなバー&ラウンジ。自分が泊まる客室への行き帰りに、ちょっと立ち寄りたくなる雰囲気が魅力です。

ラウンジも華麗!格式高いエドワード朝バロック様式建築

写真:小野 雅子

地図を見る

各国のセレブや王族にも利用されてきた、マンチェスターきっての高級ホテルならでは!というお洒落なバー・カウンターでグラスを傾けるのも良いですね。また隣接するフレンチ・レストランや、アフタヌーンティーが人気のティールームも同じフロアーにあります。

スタンダードでも余裕の広さ 古き良き時代の間取りがマル!

スタンダードでも余裕の広さ 古き良き時代の間取りがマル!

写真:小野 雅子

地図を見る

さて客室。スタンダードダブルでこの広さは、かなり嬉しいですよね。家具や照明などはクラシックな建物にマッチした、ほどほどのモダンさが好感度大です。エアコン、TV、電気ケトル、コーヒー紅茶セット、ヘアドライヤーなどの設備はひととおり揃っています。しかしながら冷蔵庫はありませんので、うっかり要冷蔵食品などを部屋に持ち帰らないようご注意を。

スタンダードでも余裕の広さ 古き良き時代の間取りがマル!

写真:小野 雅子

地図を見る

使いやすい大きさのデスクとその周辺。WiFiの速度も申し分なく、快適に作業やSNSが出来ますよ。

スタンダードでも余裕の広さ 古き良き時代の間取りがマル!

写真:小野 雅子

地図を見る

バスルームにはウォークイン・スタイルのシャワーを始め、数日間の滞在でも清潔に保てる機能的デザインです。バス・アメニティもベーシックなものが揃っています。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

クーパーさんの庭をイメージ 明るいレストランで朝食を

クーパーさんの庭をイメージ 明るいレストランで朝食を

写真:小野 雅子

地図を見る

ホテルでの朝食は、お楽しみのひとつ。ザ・ミッドランド・マンチェスターでは地階にある「ミスター・クーパーズ・レストラン」が朝食ルームになっています。

でもクーパーさんって誰のこと?というと、ここがホテルになる前この敷地の一部に居を構えていた紳士の名前。とても熱心な園芸家で自然科学への造詣も深かったそうで、その彼にちなんで木々や植物をインテリアに配したレストランなのです。

クーパーさんの庭をイメージ 明るいレストランで朝食を

写真:小野 雅子

地図を見る

ビュッフェ形式で並ぶ朝食メニューは種類豊富。あっさりコンチネンタル派にも、暖かく食べ応えのあるイングリッシュ・ブレックファースト派にも、またはシリアルとフルーツなど健康嗜好派にも大満足の品揃え。

ちなみにコーヒー紅茶などのホットドリンクはセルフサービスではなく、着席してから給仕スタッフの方に頼むスタイルです。

クーパーさんの庭をイメージ 明るいレストランで朝食を

写真:小野 雅子

地図を見る

スクランブルドエッグ、ソーセージ、トマト、マッシュルームなどを盛り付ければ、典型的なイングリッシュ・ブレックファーストですね。パンの種類も一杯ありますから、どれを選ぶかが嬉しい悩みでしょう。

癒しのスパやプール 会合やセレモニー会場も完備

癒しのスパやプール 会合やセレモニー会場も完備

写真:小野 雅子

地図を見る

2019年のワールド・ラグジュアリー・スパ・アワード受賞に輝いたスパでは、日本でもリッツ・カールトンで使用されているイギリス高級ブランドESPA(エスパ)のフェイシャルやボディのトリートメントが高い評価を得ています。またスポーツジムやプール、ヒマラヤ岩塩の壁に囲まれたサウナルームもお試しあれ。

癒しのスパやプール 会合やセレモニー会場も完備

写真:小野 雅子

地図を見る

ビジネス利用の向きには、14室ものカンファレンスルームから人数や使途によって選ぶことが出来ます。また結婚式などのセレモニーや各種パーティーには最大620名のゲストまで対応できるバンケットルームも。

先述の鉄道駅だけでなくマンチェスター国際空港からタクシーで10数分という足回りの良さは、ビジネスや会合にも打ってつけです。

癒しのスパやプール 会合やセレモニー会場も完備

写真:小野 雅子

地図を見る

外観だけでなく内部デザインも美しい、魅力あふれるホテル。地元メディアのマンチェスター・イブニングニュース社による「市民に愛されている建物」投票では、ヴィクトリア時代に建てられたマンチェスター市庁舎に次いで第2位を獲得したというのも納得ですね。

観光&ビジネスに便利 快適なマンチェスター滞在の拠点!

観光名所として名高い国立フットボール博物館、ジョン・ライランズ図書館、科学産業博物館、マンチェスター大聖堂、マンチェスター・アートギャラリーなどが、すべて徒歩数分〜10分以内。高級ブランドショップやお洒落な百貨店ハーヴェイニコルスやセルフリッジズが並ぶ繁華街も、すぐそこという場所にあります。観光にビジネスにと大活用したい、ザ・ミッドランド・マンチェスターです!

2019年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/08/28−2019/08/30 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -