紅葉と滝とのコラボは息を呑む美しさ!山梨「山中湖花の都公園」

紅葉と滝とのコラボは息を呑む美しさ!山梨「山中湖花の都公園」

更新日:2019/10/26 10:47

木村 優光のプロフィール写真 木村 優光 和風景写真家、夜景愛好家
山中湖の北側に位置する「山中湖花の都公園」は、広大な敷地を持つ植物公園です。敷地内には様々なパートに分かれた区画があり、四季折々の花が咲き乱れます。晩秋の季節になると、園内西側の「清流の里」では周辺に植えられた紅葉が真っ赤に染まり、目が覚めるような光景に!清流の上流には幅の広い滝もあり、真っ赤な紅葉とのコラボレーションは息を呑むほどの美しさ!遊具も豊富なため、お子さんと一緒にでかけてみよう!

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、外出自粛要請が出されている都道府県があります。各種報道機関の発表や自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

植物公園らしからぬ園内入口

植物公園らしからぬ園内入口

写真:木村 優光

地図を見る

「山中湖花の都公園」を訪問する場合、立地を考えると車での手段をオススメします。駐車場は道路沿いのとても分かりやすい場所にあるのですが、肝心の入場ゲートは道路を挟んだ反対側の広大な敷地にポツンとあるため、うっかりしていると見落としがち。そのため、入場ゲートへは広大な田園内に敷設されたウッドデッキ調の遊歩道「花の都大橋」を進んで行きましょう。

植物公園らしからぬ園内入口

写真:木村 優光

地図を見る

「花の都大橋」を進んでいくと、写真のような植物公園と思えないような小さめの入場ゲートが見えてきます。なお、この「山中湖花の都公園」は、もとは民有の田畑であった敷地を山梨県が買い取り、現在に至ります。あまり実感はわかないでしょうが、実は標高1000mの場所に位置します。そのため、晩秋の季節になるといち早く背景の山々が色付きはじめます。

まずは入って右手の「フローラルドームふらら」へ

まずは入って右手の「フローラルドームふらら」へ

写真:木村 優光

地図を見る

まずは、入場ゲートから一番近い温室「フローラルドームふらら」に入ってみることにしましょう。間近で見ると意外と大きく、外からでも中に植えられているたくさんの植物が目を引きます。2階へアクセスし、1階をよく見渡せる「テラスガーデン」へ向かってみましょう。この「テラスガーデン」に立つと、温室の1階部分のレイアウトがよく見え、どこにどんな花が咲いているのかが一目瞭然!

まずは入って右手の「フローラルドームふらら」へ

写真:木村 優光

地図を見る

さて、1階部分へ戻ってみましょう。間近で見ても様々な種類の花が季節問わず咲いているのは、温室内の温度が植物にとって育ちやすいからでしょう。そして、温室内は単に植物を置いてあるだけではなく、回廊が張り巡らされ配置も絶妙で、自宅のガーデニングのヒントになることは間違いなし!

所々には撮影ポイントもあるので、綺麗に咲く植物と記念撮影してみてはいかがでしょうか。特に紅葉が真っ赤に染まる季節は菊の花が満開になるため、写真のように菊の花によってハート型にかたどられたオブジェは格好の記念撮影ポイント!

紅葉庭園と化す園内北側の「清流の里」

紅葉庭園と化す園内北側の「清流の里」

写真:木村 優光

地図を見る

園内を北へ進むと、広々とした「清流の里」に出ます。周囲を見渡すと紅葉の木がたくさん植えられているため、晩秋の季節になると辺り一面が真っ赤になります。手前の「清流の里」と書かれた石碑とのコラボレーションも相性バッチリ!

紅葉庭園と化す園内北側の「清流の里」

写真:木村 優光

地図を見る

真っ赤な紅葉エリアには回廊が張り巡らされていて、紅葉の木の間を縫うように清流が流れています。ここだけ見ると植物園ではなく、どこかの和庭園を訪問しているかのように感じるでしょうね。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

クライマックスは紅葉と滝のコラボレーション!

クライマックスは紅葉と滝のコラボレーション!

写真:木村 優光

地図を見る

「清流の里」の東側へアクセスしていくと、清流の上流エリアへたどり着きます。途中には「岩清水の滝」があり、周囲には紅葉が植えられています。滝と真っ赤な紅葉との距離感も抜群によく、どうぞ写真を撮ってくださいと言わんばかりの素晴らしい光景です!

写真のような光景を目の前にしてみると、しばし見入ってしまいますよね?植物公園を訪問したはずなのに、真っ赤な紅葉に清らかに流れ落ちる水滝!いつの間にかどこかの和庭園に彷徨い込んでしまったのか?と錯覚してしまうでしょう。

クライマックスは紅葉と滝のコラボレーション!

写真:木村 優光

地図を見る

さらに上へアクセスして行くと、突如現る広場とその目の前に立ちはだかる幅広の滝!こんなところにこんな滝があるなんて!そんな言葉が聞こえてきそうな素晴らしい眺めです。こちらは「明神の滝」と呼ばれ、滝の上には真っ赤に染まる紅葉が植えられています。晩秋の完璧な構図が出来上がっているため、しばし見とれてしまうのも無理がありませんね。

クライマックスは紅葉と滝のコラボレーション!

写真:木村 優光

地図を見る

そしてなんと、「明神の滝」の最上部付近まで徒歩でアクセスすることができるのです!「明神の滝」のすぐ横にある、やや急な遊歩道を上がっていくと、滝の最上部横には木製展望台があります。この展望台に足を踏み入れてみると、園内の様子はもちろんのこと、さらに北側の忍野村方面まで見渡せます。

足元には今から「明神の滝」から流れ落ちようとする水がたくさん溜まっています。滝の最上部はこのようになっていたのか、と感心するでしょう。

遊具も豊富なのでお子さんと遊んでみよう!

遊具も豊富なのでお子さんと遊んでみよう!

写真:木村 優光

地図を見る

「花の都公園」はその名目上、基本は植物公園ですが、小さな子供が訪問しても退屈しないように遊具が設置されています。「清流の里」の西側には、写真のように滑車や滑り台など、お子さんが喜びそうな遊び道具が揃っています。

遊具も豊富なのでお子さんと遊んでみよう!

写真:木村 優光

地図を見る

「清流の里」には、人間が水を利用するために考え出した遊び道具が置かれた「水遊具広場」もあります。水の原理を学びつつ、水圧を利用して的に当て、ロケットを飛ばす遊具や、水がパイプ内部を逆流する、アルキメデスのポンプなどがあります。お子さんにとっては初めて見るような遊具があるため、こちらのコーナーは非常に人気があります。

花の都公園の基本情報

住所:山梨県南都留郡山中湖村山中1650
電話番号:0555-62-5587
アクセス:東富士五湖道路山中湖ICより車で約3分
※例年の紅葉の見頃は11月上旬から11月下旬

2019年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/11/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -