岐阜・美濃市の片知渓谷で「千畳岩」と「かやの滝」に超接近!

| 岐阜県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

岐阜・美濃市の片知渓谷で「千畳岩」と「かやの滝」に超接近!

岐阜・美濃市の片知渓谷で「千畳岩」と「かやの滝」に超接近!

更新日:2019/09/14 11:04

Mizuki Yoshiのプロフィール写真 Mizuki Yoshi 歴史街道トレッカー、伝統の「ワザ」案内人、日本クルーズ&フェリー学会員
清流の魅力溢れる岐阜県美濃地方。東海北陸道美濃ICから約20km、40分程で行ける片知渓谷にある「ふくべの森遊歩道」。上流側入口付近の「千畳岩」は道路からわずか1〜2分!更に、豪快な「かやの滝」まで僅か200mとアクセス抜群です!モノクロの「千畳岩」から、エメラルド色の清流を見て朱塗りの橋を渡るとすぐに「かやの滝」に超接近可能。1300m下流側の遊歩道入口脇の滝の風景もご紹介します。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

わずか1〜2分で「千畳岩」

わずか1〜2分で「千畳岩」

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

片知渓谷(千畳岩)は、モネの池や更にその上流の川浦渓谷へ向かう板取川沿いの道路を、片知川が合流する地点から片知川上流へ向かい約7kmほど。板取川の分岐点からゆっくり走って20分です。「千畳岩」は、1300mある「ふくべの森遊歩道」の上流側入口からわずか1〜2分。車は、遊歩道入口付近に車幅を取ってある箇所に停めることが出来ます。遊歩道入口を示す看板の字は欠けているのでご注意ください。

わずか1〜2分で「千畳岩」

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

約50〜60mほど緩やかな径を下りていくと、すぐに左手に渓流が見えてきますよ。歩きやすい散策路です。

わずか1〜2分で「千畳岩」

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

更に近づくと豊かな水量の千畳岩の下流付近です。さわやかな風が吹き抜けるマイナスイオンたっぷりの散策が楽しめます。

巨大岩を削る様に流れる「千畳岩」

巨大岩を削る様に流れる「千畳岩」

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

千畳岩に出ると、右手に朱塗りの橋。橋の下中央付近奥に「かやの滝」がのぞいていますよ。「千畳岩」の上は比較的平坦ですが、水分が残り、微細な苔が生えている部分はスベリやすいので足元に気を付けましょう。

巨大岩を削る様に流れる「千畳岩」

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

片知川は、巨大な「千畳岩」の中央をえぐるように、蛇行部では水しぶきを上げ下流に向かっています。

巨大岩を削る様に流れる「千畳岩」

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

「千畳岩」はモノクロ水墨画の世界。一方、岩の横の淵がエメラルド色を見せています。

「かやの滝」へ行ってみよう!

「かやの滝」へ行ってみよう!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

「千畳岩」を堪能したら、朱塗りの橋を渡り、「かやの滝」へ行ってみてはいかがでしょう。モノクロの岩とエメラルドの水、木々の緑、そして朱塗りの橋の色彩が楽しめますよ。

「かやの滝」へ行ってみよう!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

橋の向こう側へ渡りましょう。橋からの上流側、下流側の眺めも絶景!マイナスイオンたっぷりの空気の中で、深呼吸してみてはいかがでしょう。

「かやの滝」へ行ってみよう!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

橋上右手奥(上流側)に「かやの滝」が流れ込んでいる様子が見えます。橋の下はごつごつとした岩の間をぬって幾重にも小滝があり楽しめる景色です。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

わずか200mで「かやの滝」へ!

わずか200mで「かやの滝」へ!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

橋を渡ると石畳の小径を先に「かやの滝」まで200mの標識があります。少しアップダウンがありますが、「かやの滝」は手の届くところまで接近可能。滝の流れやしぶきがこちらにかかって来そうですが、水しぶきを浴びることはありません。マイナスイオンがさらに溢れる空間です。

わずか200mで「かやの滝」へ!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

左手奥上流に幾重にも小滝が連なっているのが見えます。苔むした岩や緑も楽しめますよ。

わずか200mで「かやの滝」へ!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

滝が片知川に流れ込む様子も間近に見ることが出来ます。柵などはないので、足を踏み外さないようにしましょう。

下流側遊歩道入口付近の『名もない滝』

下流側遊歩道入口付近の『名もない滝』

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

道路脇にある「名もない滝」がこちら。「千畳岩」から約1300m下流の遊歩道入り口の道路山側を流れ落ちています。見事に糸を引く滝は絹の布の風情です。是非ご覧になって下さい。「美濃フィッシングエリア」標識の少し上流部にこの場所があります。

下流側遊歩道入口付近の『名もない滝』

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

幾筋にも糸を引くように広がり道路脇に流れ込んでいます。渓流まで下りずにこの滝を堪能すると、得したような気分になりますよ。

下流側遊歩道入口付近の『名もない滝』

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

下流側の遊歩道入口付近にも車を2〜3台停車できるので、接近して堪能できます!

片知渓谷(千畳岩)の基本情報

住所:岐阜県美濃市片知
アクセス:東海北陸道美濃ICから板取川沿いに国道291号、県道81号を上流へ、片知川が合流する地点で県道81号沿いに右手上流側にほぼ道なりに約40分程

2019年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/09/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -