廃線跡・廃墟好きに!熊本「八角トンネル」は恋人の聖地・二俣橋そば

| 熊本県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

廃線跡・廃墟好きに!熊本「八角トンネル」は恋人の聖地・二俣橋そば

廃線跡・廃墟好きに!熊本「八角トンネル」は恋人の聖地・二俣橋そば

更新日:2019/10/09 13:05

天草野 黒猫のプロフィール写真 天草野 黒猫 元バックパッカー
熊本に、廃線跡や廃墟好きの方におすすめの場所があります。そこは恋人の聖地「二俣橋」のすぐ近く。熊延鉄道(ゆうえんてつどう)の遺構「八角トンネル」です。
蔦がからんだ八角形の洞門が連なり、まるで異世界に続いているよう。不思議な写真が撮影できることから、SNSでも密かに注目の場所です。古い石橋も多く残る、美里町。人々の足を支えてきたローカル線の足跡を見つけに行ってみませんか。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

恋人の聖地「二俣橋」の石橋そば

恋人の聖地「二俣橋」の石橋そば

写真:天草野 黒猫

地図を見る

恋人の聖地として認定されている、熊本県美里町の「二俣橋」。「八角トンネル」は、この石橋の近くにあります。
通潤橋など、九州の約半数の古い石橋が残る熊本。特に、この「二俣橋」はフォトジェニックなある自然現象が有名です。

恋人の聖地「二俣橋」の石橋そば

提供元:羽田さえ

https://www.travel.co.jp/guide/archive/list/n736/a…地図を見る

「二俣橋」がフォトジェニックといわれる由縁。それは、石橋と川面に映る影がハート形に見えるのです。恋人の聖地としても認定されている、ハートの石橋。
ハートの撮影のおすすめ時期は、影が長く伸びてくる10月後半〜2月。時間は11時30分頃から12時頃が目安です。

異世界!遺構「八角トンネル」

異世界!遺構「八角トンネル」

写真:天草野 黒猫

地図を見る

「八角トンネル」は「二俣橋」から、徒歩2,3分程度。橋は車両通行不可のため、二俣橋駐車場に車を止めて歩きましょう。

「八角トンネル」のみ観光の方は、「美里町小筵」の交差点を甲佐町方面に進み、恋人の聖地の看板を通過。次の小さな橋を右手に入ると1,2分程度で駐車スペースがあります。この先は、Uターンできないため車は進入禁止です。ご注意を!

異世界!遺構「八角トンネル」

写真:天草野 黒猫

地図を見る

山道を進むと不思議な形のトンネルが見えてきます。八角形の独特の形のトンネル。ここはかつて、熊延鉄道(ゆうえんてつどう)が走っていました。

熊本から宮崎の延岡を繋ぐ予定が断念され、南熊本から砥用を運行していました。しかし、1964年(昭和39年)に廃線。歩いてきた山道もかつては、線路が通っていた場所です。

異世界!遺構「八角トンネル」

写真:天草野 黒猫

地図を見る

蒸気機関車も走っていた、熊延鉄道。名前はトンネルですが、土砂が崩れた場合に路線を守る洞門です。八角形の形をした7基の洞門が並んでいて、通過すると、間が空いているのがわかります。
まるで異世界に迷い込んだような遺構。雨の後は、足場が土ですので歩きやすい靴がおすすめ。また、周囲は山のため、落石や虫にはご注意を。

熊延鉄道・津留川橋梁の橋脚も!

熊延鉄道・津留川橋梁の橋脚も!

写真:天草野 黒猫

地図を見る

熊延鉄道の遺構は「八角トンネル」の奥にもあります。トンネル側から進むと山道が嶮しいため一度国道に戻り、近くにある「元湯佐俣温泉ペットの湯」から川に下る方法が簡単です。

熊延鉄道・津留川橋梁の橋脚も!

写真:天草野 黒猫

地図を見る

津留川に残る、「第二津留川橋梁橋脚」。かっての鉄橋の橋げたはなく、脚部分のみが残っています。車が普及する前の時代、地域の人々の通学や通勤などの重要な足として活躍していた熊延鉄道。その足跡をみているような場所です。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

美里町には釈迦院駅舎跡も

美里町には釈迦院駅舎跡も

写真:天草野 黒猫

地図を見る

美里町境には、かつての釈迦院駅跡地があります。近くの民家には、当時の名残の駅名標。50年以上前の駅名標がそのまま残っています。

美里町には釈迦院駅舎跡も

写真:天草野 黒猫

地図を見る

釈迦院駅跡地周辺も、かつて線路があった事を思わせる風景に出会えます。昔、蒸気機関車が黒煙をあげて走っていた風景を思いつつ、散策してみませんか。

歴史ある美しい石橋もあわせて!

歴史ある美しい石橋もあわせて!

写真:天草野 黒猫

地図を見る

美里町には、江戸時代末期から明治初期に架橋された美しい石橋が数多く点在しています。特に風情ある石橋が、「八角トンネル」から車で約2程度の近場にある、「馬門橋」。

歴史ある美しい石橋もあわせて!

写真:天草野 黒猫

地図を見る

「馬門橋」は緑川の支流、津留川に架かる石橋。1828年(文政11年)、惣庄屋の小山喜十郎が指揮をし架橋されました。この「馬門橋」は国道下の人の往来がない場所に残っているため、苔におおわれた姿に風情があります。

歴史ある美しい石橋もあわせて!

写真:天草野 黒猫

地図を見る

この他にも数多くの石橋が残る美里町。釈迦院駅跡から車で4,5分で行ける「大窪橋」や、国指定重要文化財の「霊台橋」などなど。遺構と共に、人々の往来を支えてきた歴史の名残りをたどってみませんか。

八角トンネル基本情報

住所:熊本県下益城郡美里町小筵
アクセス:九州自動車道 松橋ICから約20分

2019年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/01/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -