岩手「とおの物語の館」遠野に伝わる妖怪の世界で遊ぶ館

岩手「とおの物語の館」遠野に伝わる妖怪の世界で遊ぶ館

更新日:2020/02/04 14:40

潮 佳澄のプロフィール写真 潮 佳澄 司書
昔話・伝承がのこる町として知られる岩手県遠野。遠野で語り継がれる伝承は、柳田國男によって『遠野物語』として出版されたことをきっかけに広く全国に知られるようになりました。

ザシキワラシや河童、天狗、鬼などが生きるアヤカシの世界で遊ぶような体験ができるミュージアム「とおの物語の館」で、不思議な物語を旅してみてはいかが?
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

子供から大人まで『遠野物語』の世界に浸る

子供から大人まで『遠野物語』の世界に浸る

写真:潮 佳澄

地図を見る

"国内の山村にして遠野よりさらに物深き所にはまた無数の山神山人の伝説あるべし。願わくはこれを語りて平地人を戦慄せしめよ。"

冒頭部に印象的な一文が添えられた『遠野物語』は、柳田國男が遠野に伝わる話を遠野人である佐々木鏡石から聞き、明治43年に出版した一冊です。ザシキワラシ、河童、天狗、鬼、山男…親から子へ語り継がれてきたお話の中には、妖怪や神様・精霊とも思える不思議な存在が出てきます。

子供から大人まで惹き込まれる、怖いようなおかしいようなアヤカシの世界。『遠野物語』を読んだことがない人でも、遠野で語り継がれる不思議な世界に魅せられるミュージアムがあります。

見て、さわって、聞いて遊べるミュージアム「昔話蔵」

見て、さわって、聞いて遊べるミュージアム「昔話蔵」

写真:潮 佳澄

地図を見る

「とおの物語の館」は、さまざまな仕かけのある展示や映像、語り部さんによる昔話で子供から大人まで遠野で語り継がれる伝承を体感することができる施設です。

JR釜石線 遠野駅から徒歩8分ほど。複数の建物があるミュージアムの内のひとつ"昔話蔵"は物語の世界に入っていくような展示があふれています。パネルでは迫力ある絵とともに昔話が読めるので、昔話に馴染みがなくても楽しめるようになっています。

見て、さわって、聞いて遊べるミュージアム「昔話蔵」

写真:潮 佳澄

地図を見る

不思議な生き物たちが生き生きと動き出す影絵のテーブルに、手をかざすと物語が浮き上がるお椀など、大人でもどんな仕かけがあるのか次々触りたくなる展示がたくさん!展示に触れることで、物語を映像で見たり、聞いたりすることができます。

見て、さわって、聞いて遊べるミュージアム「昔話蔵」

写真:潮 佳澄

地図を見る

展示にはそれぞれにびっくりして思わず声が出るような秘密が…わいわいと楽しみながら見学ができます。まさに昔話の中に入って、妖怪たちに化かされたような気分に。

ライブラリーコーナーには絵本や遠野に関わる本があるので、じっくり昔話を確かめたい人におすすめ。別棟にあるおみやげ処にも関連書籍が多く販売されているので、こちらも立ち寄ってみて。

遠野の方言で語り部さんから昔話が聞ける「遠野座」

遠野の方言で語り部さんから昔話が聞ける「遠野座」

写真:潮 佳澄

地図を見る

昔話蔵の向かいにある「遠野座」は、遠野の方言で昔話を聞くことができる劇場。20分ほどの間で3〜5話を聞くことができます。「昔、あったずもなぁ」で始まり、「ドンドハレ」で終わる遠野の昔話。温かみのある昔ながらの遠野の方言で聞く昔話はどこか懐かしさがこみ上げてきます。

毎日行われる昔話の実演。遠野で暮らし、観光ガイドもされている語り部の細越澤さんは、優しいながらハリのある声で昔話をほぼ毎日、実演されています。語り部さん、聞ける昔話はその時によって違いますが、"鬼"や"河童"、"ザシキワラシ"など、リクエストすると答えてくれるかも?参加しながら楽しんでくださいね。予約不要で、当日に昔話蔵での受付を行えば参加できます。

・昔話体験 時間
4〜11月   11:00 13:00 14:00
7/20〜8/31 10:00 11:00 13:00 14:00 15:00
12〜3月  13:00(土日祝日のみ)
※2019年11月時点

遠野の方言で語り部さんから昔話が聞ける「遠野座」

写真:潮 佳澄

地図を見る

昔話の実演は、雪深くなる12〜3月頃になると柳田國男が滞在した"旧高善旅館"の囲炉裏端で行われます。「柳田國男展示館」として公開されている2階建ての旅館内は、柳田國男が『遠野物語』を書きあげるまで繰り返し訪れた軌跡や生涯、宿泊した部屋があり、一年を通していつでも見学できます。

昔話蔵・遠野座・柳田國男館の3か所はすべて同じ「とおの物語の館」の入館料での見学。所要時間は昔話体験を含めて1時間半ほど。遠野には河童が目撃された"カッパ淵"や伝承にまつわるスポットが点在しているので、車での観光が便利です。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

かっぱ、座敷わらし…遠野のアヤカシ達と遊ぶ館

かっぱ、座敷わらし…遠野のアヤカシ達と遊ぶ館

写真:潮 佳澄

地図を見る

民族学の父・柳田國男による名著『遠野物語』は、今も多くの人を魅了し続けています。原作は少し読みづらさもありますが、現代語訳や関連する作品が多くあるので、訪れる前や現地でも関連書籍をぜひ手にとってみて。

京極夏彦によって新たな解釈が著された『遠野物語remix』は、遠野物語の一部が現代語で読めて、物語の中に入り込める一冊。日本のもののけを追いかける民俗学者・布目准教授が登場し、遠野で座敷わらしを探すシーンもある荻原浩の『逢魔が時に会いましょう』のように、遠野に関連する小説はあげればキリがないほど多くあります。

本を片手に、遠野で語り継がれたアヤカシの世界を巡る旅。不思議な世界の住人達と遊ぶような「とおの物語の館」を訪れてみてはいかが?

とおの物語の館の基本情報

住所:岩手県遠野市中央通り2-11
電話番号:0198-62-7887
アクセス:
JR釜石線遠野駅から徒歩約8分
釜石自動車道遠野ICから車で10分、駐車場あり(40台)

休館日:2月中旬にメンテナス休館あり
入館料:一般510円/高校生以下210円
(「とおの物語の館」「遠野城下町資料館」共通)

2019年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/09/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -