博多ライトアップウォークはアートと光の共演!2019年の見所は?

| 福岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

博多ライトアップウォークはアートと光の共演!2019年の見所は?

博多ライトアップウォークはアートと光の共演!2019年の見所は?

更新日:2019/09/18 17:27

権丈 俊宏のプロフィール写真 権丈 俊宏 一級建築士
「博多旧市街ライトアップウォーク 千年煌夜」(福岡県福岡市)は、神社仏閣が数多く立ち並ぶ博多旧市街を舞台に展開する神社・寺めぐり。2019年は10月11日〜14日に開催。アートな寺社と光の共演は、観る者の心を惹きつけずにはいられません。

大きく三つのエリアに分かれ、事前に予習しないと一日で巡るのは困難。そこで今回は、その見所・回り方・チケットや御朱印帳などの基本情報を徹底的にまとめました!

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

入場チケットは、前売り券がおすすめ

入場チケットは、前売り券がおすすめ

写真:権丈 俊宏

地図を見る

「博多旧市街ライトアップウォーク 千年煌夜(こうや)」(以下、博多ライトアップウォークと略します)は、呉服町エリア・御供所エリア・冷泉エリアの三ヶ所に分散する広大なイベント。10ヶ所の有料会場と8ヵ所の無料会場があり、まさに博多を代表する秋の風物詩です。

2019年の会期は10月11日〜14日。「ラグビーワールドカップ2019日本大会」に合わせ、例年より早めに開催されますので注意が必要です。

入場チケットは、前売り券がおすすめ

写真:権丈 俊宏

地図を見る

チケット購入は前売り券がおすすめ。当日券は1500円ですが、前売りだと1000円で購入可能。オンライン購入し、スマホに送られるバーコードで入場できるチケットもあります。詳しくは公式サイトを参照下さい。
※公式サイトは、当記事最後の「この記事の関連MEMO」内にリンク有り。

呉服町エリアは会場が密集。スタートにおすすめ

呉服町エリアは会場が密集。スタートにおすすめ

写真:権丈 俊宏

地図を見る

三つのエリアはどこから巡っても構いません。まず最初に巡った有料会場でパンフレットを貰いましょう。パンフレットに各エリアの地図と会場の概要が記されているので、巡るのに必須です。

おすすめは、会場が密集している「呉服町エリア」からのスタート。理由は狭い範囲に密集して会場があり、効率的に巡れるからです。上の写真は「正定寺」(無料エリア)。どの会場もアートな寺社と最新の照明技術とがコラボされ、目と心を癒してくれます。

呉服町エリアは会場が密集。スタートにおすすめ

写真:権丈 俊宏

地図を見る

写真は、呉服町エリアにある「海元寺」(有料エリア)。金色に輝く観音堂は、圧巻の一言です!

呉服町エリアは会場が密集。スタートにおすすめ

写真:権丈 俊宏

地図を見る

呉服町エリアにある「本岳寺」(有料エリア)は、ライトアップだけでなく本堂に上がれ、特別展示された寺宝も鑑賞可能。多くの観光客で賑わいます。

御供所エリアは、東長寺と承天寺が超人気!

御供所エリアは、東長寺と承天寺が超人気!

写真:権丈 俊宏

地図を見る

最も人気が高いのが「御供所エリア」。上の写真の「東長寺」(有料エリア)は、弘法大師創建としては日本最古の寺です。高さ26mの五重塔と本堂を照らし出す姿は、博多ライトアップウォークを代表する情景。色合いがたいへん美しく、インスタ女子にも人気の会場です!

また、日本最大級の木造座像「福岡大仏」が拝観可能な点も見逃せません。
※福岡大仏は、昼間のみ拝観できます。

御供所エリアは、東長寺と承天寺が超人気!

写真:権丈 俊宏

地図を見る

上の写真は、「承天寺」(有料エリア)。鎌倉時代に創建された由緒ある古寺です。特に石庭の美しさに定評があり、博多ライトアップウォークでも特に人気の高い会場です。

東長寺と承天寺は観光客が大変多く訪れ、混雑しがちな会場。時間にはゆとりを持って訪問しましょう。

御供所エリアは、東長寺と承天寺が超人気!

写真:権丈 俊宏

地図を見る

写真は「円覚寺」(有料エリア)。こちらも人気の会場です。特別公開される中庭の美しさに定評があります。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

冷泉エリアの中核は、櫛田神社!

冷泉エリアの中核は、櫛田神社!

写真:権丈 俊宏

地図を見る

冷泉エリアにある「櫛田神社」(有料エリア)は、“お櫛田さん”と博多の市民から親しまれている神社。有名な博多祇園山笠は、櫛田神社の祇園神に対する氏子の奉納神事です。

期間中は、拝殿を特別公開。また、黒田節をテーマとした光と音のプレミアムショーも実施されます。

冷泉エリアの中核は、櫛田神社!

写真:権丈 俊宏

地図を見る

上の写真は、冷泉エリアにある「龍宮寺」(有料エリア)。人魚伝説が言い伝えられ、人魚の骨を祀る本堂が期間中公開されます。

冷泉エリアの中核は、櫛田神社!

提供元:博多ライトアップウォーク実行委員会

http://www.hakata-light.jp/地図を見る

冷泉エリアの「はかた伝統工芸館(無料エリア)では、博多織や博多人形など福岡の伝統工芸品を販売。博多ライトアップウォークの期間中は、21時まで営業しています。

期間限定の御朱印帳はどこでもらえるの?

期間限定の御朱印帳はどこでもらえるの?

写真:権丈 俊宏

地図を見る

近年ブームになっている御朱印集め。気になる方も多いのではないでしょうか?

博多ライトアップウォーク限定の御朱印は、呉服町エリアの妙典寺(写真)と本岳寺で頂けます。ファンの方は、御朱印帳も忘れずに持って出かけましょう!

「博多旧市街ライトアップウォーク 千年煌夜」の基本情報

住所:福岡県福岡市博多区上川端町、他
電話番号:092-283-5215(平日10〜17時。会期中は21時まで)
アクセス:
【呉服町エリア】福岡市地下鉄箱崎線呉服町駅から徒歩約4分(海元寺)
【御供所エリア】福岡市地下鉄空港線祇園駅から徒歩約1分(東長寺)
【冷泉エリア】福岡市地下鉄空港線祇園駅から徒歩約5分(櫛田神社)
会期:2019年10月11日〜14日
開催時間:18時〜21時
入場料金:前売り券1000円、当日券1500円(いずれも税込)

2019年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2018/11/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -