頭上に無数の飛行機!タイ最新アウトレット「セントラルビレッジ」

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

頭上に無数の飛行機!タイ最新アウトレット「セントラルビレッジ」

頭上に無数の飛行機!タイ最新アウトレット「セントラルビレッジ」

更新日:2019/09/23 14:29

日向 ちゃあむのプロフィール写真 日向 ちゃあむ 海外旅行ライター
タイ国際空港を利用する観光客やタイ人富裕層の間で既に話題沸騰の「セントラルビレッジ(Central Village)」。2019年8月末、タイのスワンナプーム国際空港すぐ近くにオープンした大型アウトレットモールです。ナラヤやジムトンプソンといったタイ有名ブランドもアウトレット価格に!モール上をびゅんびゅん飛び交う飛行機も迫力満点!今話題の最新スポットでショッピングを楽しんでみては如何ですか?
海外航空券の最安値をチェック!
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

ラグジュアリー感漂う本格的アウトレットモール

ラグジュアリー感漂う本格的アウトレットモール

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

タイのスワンナプーム空港近くにオープンしたラグジュアリーアウトレットモール「セントラルビレッジ(Central Village)」。平屋タイプの屋外モールで、整備された敷地内には、憩いの場として噴水やプレイグランド、そして高級ブランドが軒を連ね、優雅な雰囲気が漂っています。

ラグジュアリー感漂う本格的アウトレットモール

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

インフォメーションセンター「VIP Lounge」では、ベビーカーや赤いミニカーを借りることもできるので、お子様連れで必要な方は、IDとなるパスポートをご提示ください。

モールで人だかりが絶えない人気店は?

モールで人だかりが絶えない人気店は?

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

このアウトレットモールで注目したいアイテムの一つが「スポーツ用品」。NIKE(ナイキ)、adidas(アディダス)、Skechers(スケッチャーズ)など有名ブランドが集結していて、プロモーションも多数。セール品を目当てに人だかりができる人気ぶりです。

PUMA(プーマ)のお店では、1個買うともう1つが無料になる1Get 1Freeというワゴンセールも。他の店舗も10〜60%ほどの割引率でシューズや水着、ヨガウェアといったスポーツ用品をお得に購入することができます。

モールで人だかりが絶えない人気店は?

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

靴を扱うショップも充実していて、ECCO(エコー)やGEOX(ジオックス)といった履きやすいブランドのサンダルやシューズを手に取る人がたくさん。スーツケースを片手にショッピングを楽しむ人々で常に賑わっています。

タイ有名ブランドもアウトレット価格!

タイ有名ブランドもアウトレット価格!

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

そして忘れてはならないのが、お土産としても需要の高いタイブランドの名店「Jim Thompson(ジムトンプソン)」。格式高い高級タイシルクを扱い、所狭しと並べられた商品はどれも華やかで繊細。トップスやスカーフなど一部セール品を扱っているので、掘り出し物に出会えるチャンスです。

タイ有名ブランドもアウトレット価格!

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

こちらは、リーズナブルながらも可愛いデザインの小物たちが人々の心を掴んで離さないタイの有名店「NaRaYa(ナラヤ)」。コットンのポーチやバッグ、小物類を自分用やお土産用にと買い求める人達が後をたちません。こちらのモールでは、20~50%ほどの割引率でアウトレット商品を購入することができます。リーズナブルなお店なのに、更にお買い得な品もあり、財布の紐は緩みっぱなしになってしまうでしょう。

タイ有名ブランドもアウトレット価格!

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

タイ製品を集めたセレクトショップ「Thai Pavilion」では、タイらしい小物や洋服が手に入ります。一点モノの「Mr.Leaf」は、葉っぱを使ったリサイクル商品。葉の模様がくっきり出たポーチや財布など珍しいアイテムが購入できます。

そして今後は、アロマスパブランドである「HARNN(ハーン)」、タイのハーバルソープなどを扱うドラッグストア「Boots(ブーツ)」、食料品が購入できるスーパーマーケット「Tops(トップス)」なども近々オープン予定となっています。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

美味しいタイ料理を心行くまで!名店が揃うフードコート

美味しいタイ料理を心行くまで!名店が揃うフードコート

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

モール内には、タイスキでお馴染み「MK」やタイでは超有名なシーフードレストラン「Laem Charoen Seafood(レムチャルン・シーフード)」など老舗が幾つか入っていますが、おすすめの食事処は「Food Village(フードビレッジ)」と呼ばれるフードコート。名店がずらりと揃っていて味はお墨付き。

インドアとアウトドアの席があり、キッズチェアも完備。外のオープンエアーの席は少々暑いですが、頭上を飛び交う飛行機を眺めながら食事が出来るので、これはこれで特別席です。

美味しいタイ料理を心行くまで!名店が揃うフードコート

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

PIRANYA@SIAMのトムヤムクンヌードル。半熟卵やルークチンと呼ばれるポークボールが入ってお値段70バーツ。一見辛そうですが、ほとんど辛味はなく、濃厚マイルドで香り高い味わい。タイハーブの香りが口いっぱいに広がります。スープが絶品で、辛いのが苦手な人にもおすすめです。

美味しいタイ料理を心行くまで!名店が揃うフードコート

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

他にも、「コラート風焼きそば」65バーツや、タイ風チキンライス「カオマンガイ」70バーツなど。食後のタイ・スイーツも充実していて、ココナッツミルクに米粉&タピオカ粉で作ったにょろにょろヌードルが入る「ロートチョン」は35バーツ。焼きたてが最高においしいタイ風クレープは1個15バーツなど。是非お試しください。

航空ファンも大興奮!毎分ごとに飛び交う飛行機は大迫力

航空ファンも大興奮!毎分ごとに飛び交う飛行機は大迫力

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

国際空港から目と鼻の先というだけあって、アウトレットモールの頭上は、ほぼ毎分の感覚でびゅんびゅん飛行機が飛んでいきます。その数、数え切れないほど。真下から眺めることができるので、機体の胴体下面が丸見え。赤、青、緑、白とカラフルな飛行機がどんどん飛び交う姿は迫力満点です。

航空ファンも大興奮!毎分ごとに飛び交う飛行機は大迫力

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

旅先で買いたいものは、その土地でしか買えないもの。そして地元よりも安く手に入るもの。この2つを共にクリアしたアウトレット商品の数々。タイ国際空港から市内、もしくは市内から空港までの移動時間の合間にふらっと立ち寄ってみると、思わぬお宝に出会えるかも知れません。

オープンしたばかりのタイ最新スポットで、ショッピングを楽しんでみては如何ですか?

セントラルビレッジ(Central Village)の基本情報

住所:98 98/1 Suvarnabhumi 3 Rd, Tambon Bang Chalong, Amphoe Bang Phli, Chang Wat Samut Prakan 10540
電話番号:+66-2-550-6555
アクセス:スワンナプーム国際空港から車で約15分
無料シャトルバスで約25分(スワンナプーム国際空港からセントラルビレッジ行き、BTSウドムスック駅からセントラルビレッジ行き)
営業時間:10:00~22:00
定休日:無し

2019年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/09/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -