志賀高原の魅力がギュっと詰まったハイキングなら自然探勝コース!

志賀高原の魅力がギュっと詰まったハイキングなら自然探勝コース!

更新日:2019/09/24 15:05

浮き草 ゆきんこのプロフィール写真 浮き草 ゆきんこ トラベルライター、プチプラ旅専門家、LCC弾丸トラベラー
志賀高原は、春の新緑、夏の高山植物、秋の紅葉、冬のスキーと、四季折々でさまざまな表情を見せてくれます。美しい自然を堪能するならハイキングやトレッキング!散策レベルから、半日で楽しむハイキング、本格的な登山道まで、19ものトレッキングコースが整備されています。一番人気は池巡りコースですが、アップダウンが少なく、湿原や溶岩台地を楽しめる自然探勝コースも人気沸騰中!効率的な歩き方を徹底ガイドします!
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

蓮池からスタート

蓮池からスタート

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

自然探勝コースは、自然を大満喫できる中級クラスのコース。全長4.1km、標高差160m、所要時間2時間のコースで、アップダウンはさほどなく、小さいお子さんから年配の方まで、幅広い年齢層で楽しめるハイキングコースになっています。

このコースは、志賀高原のバス発着の拠点、蓮池からスタート!

蓮池からスタート

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

蓮池には、志賀高原ロープウェイの蓮池駅をリノベーションした、志賀高原 山の駅があります。ここから志賀高原や周辺エリアに行くバスが発着しており、バスの乗車券も購入することができます。無料駐車場も完備しているので、マイカーで来た場合も安心!

蓮池からスタート

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

バスは1時間に1本程度なので、事前にHPで時刻表をチェックしておきましょう。時間に余裕があれば、山の駅のロープウェイビューへ。目の前に広がる雄大な山々をバックに写真撮影ができます。

腹ごなしするなら、山のキッチンへ。大きな窓からは志賀高原が一望!地元食材を使った定食が人気です。

木戸池スタートがおすすめ

木戸池スタートがおすすめ

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

自然探勝コースは、蓮池から木戸池を歩くコースで、歩きやすく、わかりやすいのは、木戸池からのスタート。蓮池から歩いてしまうと、入り口がわかりづらく、さらに木戸池バス停の時間に合わせて歩かないといけないため、時間に縛られてしまいます。

コース内には大小6つの沼や池があり、木戸池のみ、手漕ぎボートのレンタルが可能。ゆっくりボートを漕いで、大自然のリズムを体で感じてみてください。

木戸池スタートがおすすめ

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

池を半周すると、田ノ原湿原方面を示す看板が見えてくるので、木の階段を登っていきます。数分登ると田ノ原湿原が目の前に!湿原の緑と白樺の木のコントラストが美しい!

木戸池スタートがおすすめ

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

標高1620mに広がる高原湿原は、夏になると、ヒメシャクナゲやツルコケモモ、イワショウブなどの花が咲き、彩りを添えます。ミズバショウなどの大型植物も見ることができ、あまりの美しい共演に、その場に立ち尽くしてしまいたくなるほど!整備された木道もとっても歩きやすいんです。

原生林には不思議な根上りの木も

原生林には不思議な根上りの木も

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

田ノ原湿原が終わると、今度はうってかわり、生命力あふれる原生林が出迎えてくれます。荒々しく生き抜く、木々の姿に圧倒されるはず。

原生林には不思議な根上りの木も

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

森の中を歩いているかと思いきや、いきなり視界が開け、池や沼が出現します。三角池の周囲は、亜高山帯に属する樹林におおわれ、風がない日は、木々が池に映りこみ、息をのむほど美しい姿を見せてくれます。

原生林には不思議な根上りの木も

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

三角池の先には、注目スポットの根上りの木が目の前に立ちはだかります。岩に這うように伸びた根、曲がりながらも上に成長しようとする木の生命力に驚くばかり。

木の根元にあるヒカリゴケのキラキラ輝く様子もお見逃しなく。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

原生林をぬけると美しい散歩道へ

原生林をぬけると美しい散歩道へ

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

原生林を抜けると、自然湿原が現れ、道が広く、平坦な散歩道が続きます。

原生林をぬけると美しい散歩道へ

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

上の小池の周辺は、古い街道沿いがあったため、針葉樹が伐採され、シラカンバやダケカンバなどの二次林が生育しています。静かな湖面に映りこむ木々がフォトジェニック!

原生林をぬけると美しい散歩道へ

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

信州大学自然教育園までくると、公衆トイレがあります。ここから、終点の蓮池までは、約30分。もう少し歩かなければいけないので、ここでお手洗いを済ませるといいでしょう。山の中にあるトイレですが、かなりキレイで使いやすいです。

スキー場のゲレンデを通って蓮池へ

スキー場のゲレンデを通って蓮池へ

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

信州大学自然教育園から、道路沿いに蓮池に向かうこともできますが、国道を渡り、その先にある木の階段を下りるコースのほうが最後まで自然を堪能できます。ほどなくすると、下の小池を通過し、道順通りにいくと、スキー場のゲレンデに出ます。

スキー場のゲレンデを通って蓮池へ

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

ゲレンデの芝は、フカフカして、足取りが軽くなります。遠くの山を見ながら、踊るように駆け下りていきましょう!

スキー場のゲレンデを通って蓮池へ

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

蓮池方面から、自然探勝コースに入るときはこのリフトが目印。ただし、ゲレンデの登り方がわかりづらいのでご注意ください。確実に行くなら、信州大学自然教育園から入りましょう。

手軽に志賀高原の自然を堪能できるハイキングコース

自然探勝コースは、中級コースに指定されているものの、アップダウンが少なく、歩きやすいうえ、手軽に志賀高原らしさを堪能できるおすすめのハイキングコース。もちろん、一番人気の池巡りコースの変化にとんだ景色も見逃せません!天気、体調、同行者などによって、自分にぴったりのハイキング・トレッキングコースを選びましょう!

2019年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -