最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

近江八幡「八幡堀」めぐりは昔ながらの手漕ぎ和舟での〜んびり!

近江八幡「八幡堀」めぐりは昔ながらの手漕ぎ和舟での〜んびり!

更新日:2019/11/11 11:32

金長 たぬ子のプロフィール写真 金長 たぬ子 調理師、京都検定3級
国の重要文化的景観の第一号に選定された「近江八幡の水郷と八幡堀」。日本一遅い乗り物と言われている「手漕ぎ和舟」に揺られながら、四季折々の美しい自然や昔ながらの商家や蔵屋敷を楽しむ、の〜んびり旅はいかがですか?豊臣秀次の時代から交通の中心として町の発展に寄与してきた「八幡堀」が美しく再生され、人々の目を楽しませる安らぎの景色となりました。映画のロケや結婚式にも人気の「願成就の船」を是非体験下さい!

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

「八幡堀」は近江八幡の歴史を辿る観光ハイライト!

「八幡堀」は近江八幡の歴史を辿る観光ハイライト!

写真:金長 たぬ子

地図を見る

「八幡堀(はちまんぼり)」の歴史は、秀吉の養子である豊臣秀次が八幡山城を築城したところから始まります。城の堀割として作られた「八幡堀」は琵琶湖に繋げることで、商人たちによって商いの要となり近江八幡は商業の町として発展しました。

「八幡堀」は長い間商人の象徴でありましたが、時代の流れとともに交通は陸路に代わり、昭和40年ころにはヘドロの溜る無残な姿になってしまいました。行政は埋め立てて駐車場にしようと計画しましたが、青年会議所と市民が立ち上がり、再び現在の美しい姿を取り戻したのです!

今では「近江八幡の水郷と八幡掘」は国の重要景観の第一号に選定され、映画のロケや結婚式にも使われる近江観光のハイライトにまで発展しました。400年の時を超えて、また新たな光を浴びることになった「八幡堀」に是非訪れてくださいね!

「八幡堀」は近江八幡の歴史を辿る観光ハイライト!

写真:金長 たぬ子

地図を見る

日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)の大きな鳥居をくぐって、白雲橋を渡ったこの辺りには、バウムクーヘンで人気の洋菓子店や和菓子屋さんがあり、観光客でとても賑わっているところです!

「八幡堀」は近江八幡の歴史を辿る観光ハイライト!

写真:金長 たぬ子

地図を見る

皆さんもご存知の、飛び出し坊や「とび太くん」。ここ八幡堀周辺では、実に様々な「とび太くん」に出会うことが出来ます。

飛び出し坊や「飛出とび太」は近江八幡市のお隣、東近江市が発祥で、ここ八丁堀周辺でもいろんな格好をした「とび太くん」があちらこちらから飛び出してきます。写真は丁稚の姿をした「丁稚奉公とび太くん」の変形バージョン、鰻を持つ「とび太くん」。「船頭とび太くん」「メンタームとび太くん」その他にもいろんなとび太くんがいますから是非探してみてくださいね。

「願成就の舟」は日本一遅い乗り物!?

「願成就の舟」は日本一遅い乗り物!?

写真:金長 たぬ子

地図を見る

「八幡堀めぐり」の舟はいくつかありますが、昔ながらの手漕ぎ舟を使っているのは、幸せ多き和舟と言われるこの「願成就の舟」だけです。

幸円橋から新町浜までのお堀巡りをするこの和舟は、秀次公ゆかりの「願成就寺」に近い幸円橋から、新町浜の「お願い地蔵様」をつなぐということで、「願成就の舟」なのです!

乗舟チケットは新町浜の「ギャラリースペース新町浜」で。八幡市は八幡瓦(はちまんがわら)が有名ということで、ギャラリーの入り口には瓦のオブジェがならんでいます。また、チケットを購入したときに頂く五円玉の入ったポチ袋は「お願い地蔵様」をお参りするときに使ってくださいね!

「願成就の舟」は日本一遅い乗り物!?

写真:金長 たぬ子

地図を見る

乗舟時間10分前にもう一度チケット売り場に集合し、船頭さんの案内で「明治橋」近くの乗舟場に向かいます。

写真に見える幅の広い石段は、船の荷揚げ場として用いられたところ。
この辺り、映画の撮影で花嫁姿の主人公が嫁入り舟に乗り込むシーンが撮られた場所で、とっても素敵なところです。実際に申し込めば、結婚式の際に嫁入り舟として使うこともできますので、これから予定のある方は是非どうぞ!

「願成就の舟」は日本一遅い乗り物!?

写真:金長 たぬ子

地図を見る

使われている和舟は6人乗り、または4人乗りの小さな手漕ぎ船。船頭さんが櫓(ろ)を漕ぎながら、「八幡堀」の歴史や辺りに生息する鳥や植物の説明を詳しくしてくれます。

櫓のきしむ音と水音。水面のさざ波に光がきらめいて、春は桜や菖蒲、夏は小さな水草の花や新緑、秋は紅葉と、四季折々の自然を間近に感じながら、約35分の舟旅をゆらりゆらりとの〜んびり楽しんでください。

慌ただしい日常を忘れてリラックス出来ること間違いなしですよ!

商いの町「近江八幡」の街並みを舟の上から楽しんで!

商いの町「近江八幡」の街並みを舟の上から楽しんで!

写真:金長 たぬ子

地図を見る

明治橋辺りは、昔ながらの商家や白漆喰・黒板塀の蔵屋敷の立ち並ぶ八幡堀の情緒あふれる景色を舟の上から楽しむことができます。

商いの町「近江八幡」の街並みを舟の上から楽しんで!

写真:金長 たぬ子

地図を見る

情緒あふれる街並みが続く「八幡堀」ですが、今もこうして美しい景観を楽しめるのは、地元住民の方々による地道な清掃作業があるからこそです。水の流れがない堀はすぐに水が淀んでしまい、放っておくと悪臭を放つようになるので、毎年水を抜いて清掃しています。そんなことも心に置いて景色を眺めると、また感動が増してきますね!

商いの町「近江八幡」の街並みを舟の上から楽しんで!

写真:金長 たぬ子

地図を見る

手漕ぎ和舟は、船頭さんが一本の櫓(ろ)を漕いで操作します。櫓の長さは約4メートル。ギーコギーコと手漕ぎのリズムと心地よい揺れに、ついついウトウト‥‥ってことになるかも。美しい景色を見逃さないようにご用心くださいね。

ちなみに、手漕ぎ和舟での舟旅は所要時間約35分となっていますが、天候や状況により少し長くなることもありますから、時間に余裕をもってお出かけください。

<ギャラリースペース新町浜の基本情報>
住所:滋賀県近江八幡市大杉町30−1
電話番号:0748-36-5115
アクセス:JR琵琶湖線近江八幡駅から近江鉄道バス長命寺行き6分、新町下車徒歩3分

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

八幡堀に沿ってのんびりお散歩もおススメ!

八幡堀に沿ってのんびりお散歩もおススメ!

写真:金長 たぬ子

日牟禮八幡の鳥居の近く、「白雲橋」から「明治橋」辺りは石畳の小路が美しく、舟旅の後はぶらぶらとお散歩するのがおススメです。堀沿いの木立の木漏れ日が暑い夏でも優しく、慌ただしい日常を忘れて心から癒されます。

八幡堀に沿ってのんびりお散歩もおススメ!

写真:金長 たぬ子

地図を見る

写真はその名も「八幡堀石畳の小路」という小さなショッピングモールです。町屋を再現した、まだ新しい観光商業施設で、近江牛の「千成亭」と鮎の店「きむら」、小物雑貨のお店などが並んでいます。

八幡堀に沿ってのんびりお散歩もおススメ!

写真:金長 たぬ子

地図を見る

こちらは「石畳の小路」にある「千成亭」のすき焼きです。二階のレストランでいただけますが、一階にはコロッケやお土産にピッタリの近江牛の加工品もあります。

<千成亭八幡堀店の基本情報>
住所:滋賀県近江八幡市大杉町12番地
電話番号:0748-43-1129

もう一度訪れたいまち「近江八幡」

今回は日本一遅い乗り物、手漕ぎ和舟に乗っての「八幡堀めぐり」をご紹介しました。近江八幡市ではその他にも「水郷めぐり」やエンジンの付いた屋形船で巡る旅などの舟旅が楽しめます。また、近江商人の街並み「新町通り」の散策などおすすめスポット盛りだくさんなので、是非ゆっくりとお出かけくださいね。

2019年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/09/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -