宮古島「the rescape(ザ・リスケープ)」で極上“隠れ家”ステイ

宮古島「the rescape(ザ・リスケープ)」で極上“隠れ家”ステイ

更新日:2019/11/16 18:18

東郷 カオルのプロフィール写真 東郷 カオル 癒されたい系女子旅ライター、ラグジュアリーホテルライター
伊良部大橋の開通や、下地島空港利用というアクセス方法の選択肢が増えたことに伴って開発ラッシュが続く宮古島。ですが、宮古島の東海岸にはまだまだ手付かずの自然が残り、プライベート感いっぱいのリゾートで非日常の時間が過ごせます。
今回ご紹介する「the rescape(ザ・リスケープ)」は"ハイダウェイ(隠れ家)リゾート"をコンセプトにしたオトナの休日に相応しいとびっきりのリゾートです。こんなに安い!宮古島ツアーの最安値はこちら

サトウキビ畑の坂を下りると現れる青と白の隠れ家

サトウキビ畑の坂を下りると現れる青と白の隠れ家

写真:東郷 カオル

地図を見る

宮古島の東海岸には海水浴やシュノーケリングに人気の吉野海岸、新城海岸と、南の島らしい美しい見所が連なります。宮古空港からのアクセスもいい割にはまだまだ静かな滞在が楽しめるおすすめのエリアで、2つの海岸から北へ走ると現れる「比嘉ロードパーク」からは紺碧の海を眼下に望む、息を飲む絶景が楽しめます。

「この絶景の先には何があるんだろう?」

今回ご紹介するザ・リスケープは、まさに"この絶景の先"にある隠れ家リゾート。サトウキビ畑の先の坂道を抜けると、美しい海と真っ白な建物が現れます。

サトウキビ畑の坂を下りると現れる青と白の隠れ家

写真:東郷 カオル

地図を見る

まずは敷地の中心にあるメイン棟でチェックイン。この建物にはショップやバー、レストランなどがあり、ビーチに出られる小道と、砂や海水を落とすシャワーの施設が備わっています。

翌朝の朝食会場もこちらの建物。滞在中は何かとお世話になる場所です。

さまざまな間取りのヴィラが並ぶ

さまざまな間取りのヴィラが並ぶ

写真:東郷 カオル

地図を見る

客室は1棟独立のヴィラタイプを中心に40平米から112平米までの9タイプ40室。メイン棟を中心に、さまざまなタイプのヴィラが並びます。公式HPの間取り図を参考に、人数や滞在スタイルで選ぶといいでしょう。

少人数で静かに過ごせるタイプから、3世代旅行が楽しめるタイプまでバラエティ豊富にラインナップ。隠れ家リゾートでは部屋選びは重要ですので、じっくりと選んでください。

さまざまな間取りのヴィラが並ぶ

写真:東郷 カオル

地図を見る

今回は2〜3人での滞在にぴったりなコンフォートコテージをご紹介します。間取りはベッドルーム、リビング、広いバスルーム、それにプライベートプール付きのゆったりとしたテラスです。

室内が広く感じられるデザインで、リビングとベッドルームには壁やパーティションが設けられていません。ベッドの上で寛いでいても外の景色が楽しめる開放的な空間になっています。写真では右手にバスルーム、左手にリビングが見えています。

さまざまな間取りのヴィラが並ぶ

写真:東郷 カオル

地図を見る

プライベートプールに面したリビングの開口部は大きく、床ギリギリからガラス張りなので外のウッドデッキとの一体感も楽しめます。

コンフォートコテージは敷地内では一番海に近く、部屋によっては宮古ブルーの海が望める贅沢な景色も魅力のひとつです。

外に出たくなくなる居心地のいい空間

外に出たくなくなる居心地のいい空間

写真:東郷 カオル

地図を見る

バスルームには円形の大きなバスタブ。リビング同様に開放的で、プールや海を見ながらリラックスタイムが楽しめます。スケルトンのシャワーブースも完備。

パウダースペースは女子旅には嬉しいダブルシンク。お出かけ前の忙しい朝もスムーズに準備できます。

外に出たくなくなる居心地のいい空間

写真:東郷 カオル

地図を見る

間取りは各部屋によって多少の違いがあり、今回の部屋はもう片方のシンクがプライベートガーデンに面しています。自然光の中でメイクできるのは女性にとっては何気にありがたいポイント。

外に出たくなくなる居心地のいい空間

写真:東郷 カオル

地図を見る

部屋にはミネラルウォーターとネスプレッソのコーヒーマシーンが用意されていて、自由に利用できます。

ワイングラスも用意されていますので、お部屋でまったりと過ごしたい人は、リゾートに到着する前にスーパーやコンビニでドリンクやおつまみなどのお買い物を済ませておくといいでしょう。

とにかく部屋での時間が快適すぎて外に出たくなってしまうほど。まさに“隠れ家”ステイを満喫できるリゾートです。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

ザ・リスケープでの過ごし方

ザ・リスケープでの過ごし方

写真:東郷 カオル

地図を見る

ザ・リスケープは約640mも続く天然のビーチに沿って細長く敷地が広がっています。リゾートへの入口から一番遠い場所(奥)にはプールがありますので、ヴィラのプライベートプールだけではなくこちらも楽しめます。

リゾート前に広がるクマザビーチは場所によっては岩肌が多いのですが、こちらのプールの横からは遊泳エリアにアクセスできます。

ザ・リスケープでの過ごし方

写真:東郷 カオル

地図を見る

メイン棟では自由にカスタムバスソルト作りが楽しめます。2種類の岩塩を選び、ハイビスカスやローズマリー、ラベンダー、カモミールなどお好みのハーブを加え、最後に香りづけのアロマオイルを数滴。自分好みのバスソルトの完成です。

できあがったバスソルトはお部屋のバスタブでお楽しみください。特に回数制限はありませんので、夜はラベンダーやカモミールでリラックス、朝はローズで華やかな気分に…なんて使い方もアリですよ。

ザ・リスケープでの過ごし方

写真:東郷 カオル

地図を見る

メイン棟1階にはバーがあり、各テーブルにはカードゲームやボードゲームが置かれていてお酒といっしょに楽しい時間が過ごせます。

19時からはバーの外のファイアープレイスで「マシュマロナイト」が開催されます。オーガニックのサトウキビの串を使い、マシュマロを上手に焼いてください。最後は串に使ったサトウキビも味わうという、宮古島の自然を感じることのできる無料イベントです。

朝日を浴びて、乱れた体内時計をリセット

朝日を浴びて、乱れた体内時計をリセット

写真:東郷 カオル

地図を見る

ザ・リスケープは宮古島の東海岸に位置しますので、日の出時間は美しい朝焼けが楽しめます。いつもより早起きしてここだけの絶景をご覧ください。朝日を浴びて普段の生活で乱れた体内時計もリセットしましょう。

ゲストは早朝に行われるサンライズヨガに無料で参加ができます。季節によってスタート時間が異なりますので、レセプションで確認して前日の17時までに予約をしておきましょう。

朝日を浴びて、乱れた体内時計をリセット

写真:東郷 カオル

地図を見る

朝食はメイン棟2階のレストランで7時から。コーヒー・紅茶とは別にジュースが数種類から選べます。中でもマンゴーがおすすめ。とろっと濃厚なマンゴージュースを朝から楽しめる贅沢が味わえます。

お食事はプレートで提供されます。お野菜中心の健康的な内容で、サラダ、ベーコン、スープ、ヨーグルト、どれも優しい味で胃の負担にはなりません。いつも朝は食べないという人も是非召し上がってみてください。

朝日を浴びて、乱れた体内時計をリセット

写真:東郷 カオル

地図を見る

ザ・リスケープではビーチアクティビティも沢山用意されています。SUPやカヤック、目の前のクマザビーチで島の生態を学ぶクマザエコツアー。

中でもここだけでしか体験できない「素潜り漁師見学ツアー」は貴重な体験。沖縄ならではの素潜り漁で漁業組合員のウミンチュと一緒に海に入り、目の前で魚突きを観察。獲れた魚はホテル内レストランでシェフお任せメニューとして提供してもらえます。

「the rescape」で宮古島の自然に任せた時間を過ごす

周囲にはネオン煌びやかなお店もなく、24時間営業のスーパーやコンビニもありません。自然の中の隠れ家で過ごす休日。夜は星の瞬きや火の揺らめきを楽しみ、翌朝は朝日を浴びて海辺を歩く。島の自然を愛し、自然に癒される旅を「the rescape」で見つけてください。

2019年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

取材協力:the rescapeこんなに安い!宮古島ツアーの最安値はこちら

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/10/06−2019/10/07 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -