ザクセン州立歌劇場とドイツ最古のクリスマス市!冬のドレスデン

ザクセン州立歌劇場とドイツ最古のクリスマス市!冬のドレスデン

更新日:2019/11/08 10:18

堀江 廣喜のプロフィール写真 堀江 廣喜 「旅のスタイルブック」発行人、トラベル・ブロガー&写真家
北ヨーロッパの冬は日本に比べて寒く、陽が落ちるのも早く夕方には暗くなります。ただクリスマスを迎えるシーズンになると、街はキラキラと輝くイルミネーションや、華やかなクリスマスの飾りが溢れ出し、一気に街が活気づきます。
今回はそんなクリスマスシーズンのドイツ東部の美しい古都ドレスデンで楽しむ、ドイツ最古のクリスママーケットや特別な場所での観劇などご紹介していきましょう。

「エルベ川のフィレンツェ」とも呼ばれている街!

「エルベ川のフィレンツェ」とも呼ばれている街!

写真:堀江 廣喜

地図を見る

かつて百塔の都と称えられたドレスデンは、ザクセン王国の首都として繁栄しました。ドイツ・バロック様式の壮麗な宮殿や教会が建ち並ぶ旧市街とエルベ川の眺めが美しく、「エルベ川のフィレンツェ」ともよばれています。
ドレスデンは、第二次世界大戦の空襲で深刻な被害を受けましたが、1990年前後から歴史建築が再建され、美しい旧市街が蘇りました。

「エルベ川のフィレンツェ」とも呼ばれている街!

写真:堀江 廣喜

地図を見る

「ツヴィンガー宮殿」は、1711年〜1728年にかけて建築されたドイツバロック建築の最高峰と言われている宮殿です。建築家ペッペルマンが宮殿を設計し、彫刻家ベルモーザーが彫刻を手がけました。
内部には、ラファエロやフェルメールの作品も飾られるアルテ・マイスター絵画館や、マイセン陶磁器、中国の陶磁器、日本の古伊万里なども鑑賞できる陶磁器コレクション、そして数学物理学博物館の3つの博物館があります。

<基本情報>
住所:Sophienstrasse, 01067 Dresden

「エルベ川のフィレンツェ」とも呼ばれている街!

写真:堀江 廣喜

地図を見る

前述のツヴィンガー宮殿の東隣にあるドレスデン城の中庭には、ヨーロッパ最古の武芸競技場だったシュタールホーフがあります。このシュタールホーフの、アウグスト通り沿いに面した外壁には、歴代君主たちを描いた、約100メートルにわたるマイセン磁器のタイルに描かれた壁画「君主たちの行列」が、ほぼオリジナルの状態で現存しています。ドレスデンの見所のひつとしてぜひ一度足を運んでみて下さい。

<基本情報>
住所:Augustusstrasse 1, 01067 Dresden

ドイツ最古のクリスマス市はお菓子の「シュトレン」が由来!

ドイツ最古のクリスマス市はお菓子の「シュトレン」が由来!

写真:堀江 廣喜

地図を見る

クリスマスシーズンのヨーロッパでの楽しみ方と言えば、各地で開かれているクリスマスマーケットを訪ねることが一番でしょう。そんな数あるクリスマスマーケットの中でも、ドイツ最古、ドイツ三大クリスマスマーケットの一つが、ここドレスデンのクリスマスマーケットです。
なんと今から遡ること585年前、1434年に始まったとされています。

ドレスデンの街中には、街のエリアによっていくつかのクリスマスマーケットが開かれていますが、ドイツ最古と言われるのは、ご覧の「シュトリーツェルマルクト」(Striezel Markt)です。
まずはこのクリスマスマーケットからご案内しましょう。

ご覧の看板はヴィルスドルッファー通り(Wilsdruffer Str.)側のメイン入り口にあります。看板は上にのぼれる階段があるので、シュトリーツェルマルクトを上から見ることができます。

ドイツ最古のクリスマス市はお菓子の「シュトレン」が由来!

写真:堀江 廣喜

地図を見る

上から見たのがご覧のマーケットの全体です。まさにキラキラ輝いていますね。マーケットの奥には「聖十字架教会の塔」が見えますが、このマーケットのランドマークと言えば写真の左側に見える『世界最大のクリスマスピラミッド』です。高さは約15mほどあり、ギネスブックにも認定されています。

ドイツ最古のクリスマス市はお菓子の「シュトレン」が由来!

写真:堀江 廣喜

地図を見る

このクリスマスマーケットの名前の由来は、ドイツのクリスマスのお菓子「シュトレン」から来ています。クリスマスを待つ間に、スライスして少しずつ食べる伝統のお菓子で、ドレスデンが発祥と言われています。中にはドライフルーツやナッツがたっぷり入っていて、ドレスデンには約120を超えるお店が伝統と品質を守りそれぞれの店の味でのシュトレンを販売しています。

他にも魅力的なクリスマスマーケットが立ち並びます

他にも魅力的なクリスマスマーケットが立ち並びます

写真:堀江 廣喜

地図を見る

「シュトリーツェルマルクト」の他にもドレスデンの街中には、他にも魅力的な個性あふれるクリスマスマーケットが立ち並んでいます。

ご覧のマーケットは「聖母教会横のクリスマスマーケット」です。
聖母教会は(フラウエン教会)は18世紀に建てられたバロック様式の教会でしたが第二次世界大戦で壊滅し、2005年になってやっと完全に再建されました。この教会の横に開かれるクリスマスマーケットの飾りも煌びやかです。

他にも魅力的なクリスマスマーケットが立ち並びます

写真:堀江 廣喜

地図を見る

聖母教会横の広場からドレスデンの中心を流れるエルベ川へ向かう一本の狭い小道「Muenzgasse(ミュンツガッセ)」にもたくさんの屋台が並びます。この通りには、クリスマスシーズンならではのホットワイン、冷えた体を温めてくれるスープやソーセージー、地元料理、スイーツなど、食べ物屋の屋台も数多く立ち並びます。

このマーケットの他にも、ドレスデンにはいくつかのクリスマスマーケットが開かれ、全てを楽しむには、とても1日では足りませんね。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

由緒ある歌劇場、ゼンパー・オパーで楽しむクリスマス

由緒ある歌劇場、ゼンパー・オパーで楽しむクリスマス

写真:堀江 廣喜

地図を見る

かつてはザクセン王国の首都として宮廷文化が華々しく栄えたドレスデン。その王国の宮廷歌劇場として建てられたのがご覧のゼンパー・オパー、ゼンパー歌劇場です(現在の正式名称はザクセン州立歌劇場)。

19世紀の劇場建築家の巨匠、ゴットフリート・ゼンパーにより建てられました。1869年に火災で全焼しその後再建されましたが、今度は第二次世界大戦の戦災で再び焼失、しかし1985年に内装、外装とも再建され蘇りました。ワーグナーの「タンホイザー」の初演もここで行われました。

由緒ある歌劇場、ゼンパー・オパーで楽しむクリスマス

写真:堀江 廣喜

地図を見る

内部は19世紀のザクセン王国の栄華をそのまま伝えているようで、圧倒されます。パリのオペラ座とは違った、ドイツらしい質実剛健の豪華さが感じられます。

由緒ある歌劇場、ゼンパー・オパーで楽しむクリスマス

写真:堀江 廣喜

地図を見る

特に2階の廊下の豪華さは宮殿のようです。幕間にはこのあたりで、シャンパンやワイン、コーヒーなど飲める場所になっています。まさにヨーロッパのオペラ座そのもののです。

<基本情報>
住所:Theaterplatz 2, 01067 Dresden
電話番号:+49 351 4911705

クリスマスシーズンには「くるみ割り人形」

クリスマスシーズンには「くるみ割り人形」

写真:堀江 廣喜

地図を見る

さて、そんな歴史ある歌劇場で何を楽しむか!
冬のシーズンは、クラシックやオペラ、バレエなど観劇のオン・シーズンになりますので色々な演目が上演されていますが、クリスマスシーズンにこの劇場でお勧めはバレエの名作「くるみ割り人形」でしょうか。

ご覧の人形は、前述の「シュトリーツェルマルクト」に飾られていた、くるみ割り人形です。そんな民芸品がタイトルになったバレエ「くるみ割り人形」は、なぜクリスマスに上演されるのでしょうか。
それは、この物語がクリスマスのお話で、欧米ではクリスマスの風物詩でもあり、親が子どもを連れて観に行くのが習慣だからです。

オーケストラが生演奏する美しい調べ(チャイコフスキーの音楽)に乗せて繰り広げられるバレエは子どもだけでなく大人も楽しめるので大人気の演目です。

クリスマスシーズンには「くるみ割り人形」

写真:堀江 廣喜

地図を見る

オペラやバレエの公演では、演奏するオーケストラは舞台の前のオーケストラピットで演奏します。そんな光景も演奏前に見ることができます。生の演奏とバレエの演技、ヨーロッパの芸術を肌で感じられる素晴らしい場所です。

このシーズンの「くるみ割り人形」は大変人気ですので、事前にチケットの予約を取ることをお勧めします。関連MEMO欄に、ゼンパー・オパーの「くるみ割り人形」のスケジュール予約サイトを記載しておきましたのでご参照ください。

クリスマスシーズンには「くるみ割り人形」

写真:堀江 廣喜

地図を見る

おすすめホテルは「シュタイゲンベルガーホテル デ ザクセ」。クリスマスマーケットやゼンパー・オパーにも歩いていける抜群の立地を誇るデラックスホテルです。ご覧の歴史的建物、聖母教会(フラウエン教会)の横、ノイマルクト広場に面して建ち、ホテルの目の前にもクリスマスマーケットが開かれています。

また聖母教会でもこの時期コンサートが定期的に開かれていますので、関連MEMO欄にURL記載しましたので参照ください。

ヨーロッパの冬の楽しみ方を体験してください

クリスマスマーケットや観劇など、日本とは違った体験ができる冬のヨーロッパ。日本に比べて暗く寒いシーズンになりますが、12月のクリスマス前までは一年の中でも比較的航空運賃も安くなる時期になります。是非本場のクリスマスやバレー、クラシックコンサートなど、ヨーロッパの冬ならではの楽しみに出かけてみませんか。

2019年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -