陰陽師安倍晴明を祀るパワースポット、京都「晴明神社」

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

陰陽師安倍晴明を祀るパワースポット、京都「晴明神社」

陰陽師安倍晴明を祀るパワースポット、京都「晴明神社」

更新日:2014/05/13 18:34

桜 小町のプロフィール写真 桜 小町 幸運の旅人

安倍晴明といえば言わずと知れた平安時代の有名な陰陽師。
その晴明を祀っているのが京都の晴明神社です。
今では人気のパワースポットとして、多くの人が訪れていますが、その人気を支えているのが、晴明にまつわる様々な伝説ではないでしょうか。
伝説を知れば訪れる楽しみが増える!ということで、安倍晴明の伝説を交えながら、晴明神社をご紹介します。

晴明の邸宅の跡地が神社に

晴明の邸宅の跡地が神社に

写真:桜 小町

地図を見る

晴明神社は京都市上京区、堀川通りにあります。安倍晴明の邸宅があった場所で、御所から見て鬼門にあたる位置です。当時としては都の端になりますが、御所を守る役目を果たしていたようです。

平安時代中期は今のように街灯などないので、日が落ちれば闇となります。昔は闇になれば、怨霊や鬼などの魔物が出てくると恐れられていました。
実際、子供時代の安倍晴明は、師であった賀茂忠行の供をしていた時に百鬼夜行に遭います。急いで寝ていた忠行を起こして知らせ、忠行が身を隠す術を施したため百鬼夜行から無事に逃れることができた、という伝説は有名。百鬼夜行は修行を積まないと見ることができないそうで、この出来事が忠行が晴明に陰陽道のすべてを授けるきっかけとなります。

晴明の死後の寛弘4年(1007年)、晴明の偉業を称えて時の一条天皇の勅命により晴明神社が創建されました。その際、晴明は稲荷大神の分霊とされていましたが、それは晴明の母親が葛葉明神の化身・白狐である、という噂から来ているものと考えられます。
かつてはかなり広い敷地を所有していたようですが、秀吉の都づくりや度重なる戦火により、現在の広さまで縮小してしまいました。

アクセス
電車:JR京都駅、阪急四条烏丸駅、地下鉄四条駅〜バス、「一条戻り橋・晴明神社前」下車
   京阪三条駅〜バス「堀川今出川」下車
 車:名神高速道路 京都東IC〜R1号〜R367号経由約12km

晴明が式神を隠した一条戻り橋

晴明が式神を隠した一条戻り橋

写真:桜 小町

地図を見る

晴明神社から南へ100mほどのところに、堀川に掛けられた一条戻り橋があります。
都の北の端にあった一条戻り橋。漢学者・三善清行の葬儀の列がここを通りかかった際に一時生き返ったという伝説が示すように、この橋には当時、特別の意味があったようです。

安倍晴明がを式神として用いていた十二神将を隠していたといわれるのも、この一条戻り橋の下。必要な時にここから呼び寄せていたとか…。晴明宅では人の姿がないのに、雨戸が勝手に上がったり下がったりする、門が勝手に開閉するなどといった話もあり、晴明が式神を家人のように使っていた様子がうかがえます。
また晴明の父親・安倍保名が惨殺された際、術を尽くし蘇生させたのもこの橋だとか…。

橋の下は遊歩道が整備されていて、水が無ければ橋の下に降りることができます。橋の下は残念ながら?特別禍々しい雰囲気は感じられません。ただ柳の木が植えられているので、なにか妖しがありそうな雰囲気は醸し出しています。
ちなみに晴明神社には、当時の一条戻り橋を再現したものがあります。

魔除けの意味が込められた晴明桔梗印

魔除けの意味が込められた晴明桔梗印

写真:桜 小町

地図を見る

安倍晴明は、陰陽師として陰陽五行・天文に精通していました。
晴明の御紋である晴明桔梗印は、わかりやすく言うと五芒星、星形です。この形は陰陽道では木・火・土・金・水の相克を象っていて、祈祷呪符の1つ。そのため災難除けやあらゆる魔除けに効果があるとか…。晴明神社では本殿を始め、この御紋をいたるところで見ることができます。

晴明は85歳の長寿を全うしましたが、京都市左京区にある真如堂には「閻魔大王蘇生金印伝」という晴明の蘇生伝説が…。
それによると病で一度亡くなった晴明を、不動明王が「まだ寿命は尽きていない」と閻魔大王に掛け合います。閻魔大王は不動明王の願いを聞き、衆生を救う秘印を授けて蘇生させました。閻魔大王に掛け合った不動明王は晴明の念持物で、真如堂にはその「不動明王像」と閻魔大王に授けられたという「決定往生之秘印」が伝わっています。この「決定往生之秘印」は、火炎の中に五芒星があるような印。もしかしたら晴明桔梗印は、この伝説に関係しているのかも知れません。

晴明神社のお守りにも晴明桔梗印はしっかりと縫われていますので、強力な厄除けのお守りになっています。

病気平癒に効く晴明水

病気平癒に効く晴明水

写真:桜 小町

地図を見る

晴明の持つその神通力により、湧き出たものと伝わる霊水。
病気平癒に効果があり、水の出る向きは毎年その年の吉方位に向けられています。

豊臣秀吉の時代にはこの場所に千利休の屋敷がありました。この井戸の水を使って千利休がお茶を点て、秀吉も服したことがあるとか。ちなみに現在も飲むことができます。

おわりに

信じられないような伝説が多く残る晴明。ここでは晴明神社に関係した伝説を取り上げました。他にも「花山天皇を頭痛から救った話」「呪詛返し」「藤原道長の危機を救った話」など、多くの伝説があります。

「最近悪いことばかり続くなぁ」と感じてしまうような時、この晴明神社を訪れて安倍晴明の力を借りてみてはいかがでしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2004/10/27 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -