本当の癒しは南部に!2泊3日奄美大島観光モデルコース

本当の癒しは南部に!2泊3日奄美大島観光モデルコース

更新日:2019/10/31 13:31

ひいろ あいこのプロフィール写真 ひいろ あいこ 子連れトラベラー、旅好きブロガー
"東洋のガラパゴス"とも言われる自然深き「奄美大島」はLCCの就航もあり、近年人気急上昇中の島です。
空港からアクセスの良い龍郷や繁華街の名瀬地区が人気ですが、本当の癒しを求めるなら手つかずの自然深き南部を旅するのがおすすめ。癒しを求め、奄美の南部を訪れる2泊3日モデルコースのご紹介です。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

1日目ランチ:島の郷土料理を堪能「島とうふ屋」

1日目ランチ:島の郷土料理を堪能「島とうふ屋」

写真:ひいろ あいこ

地図を見る

今回ご紹介する旅は島の空港から一番離れた場所に位置する南部地区。たとえば東京発のLCCの場合、奄美空港にはお昼過ぎに到着します。旅の疲れを取り、明日からの旅に備えるためにもお昼を途中で食べたら早めにホテルへ向かいましょう。

1日目ランチ:島の郷土料理を堪能「島とうふ屋」

写真:ひいろ あいこ

地図を見る

おすすめのランチスポットは空港から南部に向かう国道58号線沿いにある「島とうふ屋」。空港から車で約30分ほどのところにあります。

昭和初期の豆腐屋さんをイメージして作られた店内では、豆腐屋さん直営だからこそのリーズナブルな定食を食べることができます。しかもなんと湯豆腐は無料で食べ放題!

1日目ランチ:島の郷土料理を堪能「島とうふ屋」

写真:ひいろ あいこ

地図を見る

おすすめは「週替わり 島とうふ屋定食」。お豆腐の他に色々な小鉢をちょこちょこいただくことができます。奄美の郷土料理と言えば鶏飯が有名ですが、島豆腐も忘れてはならない奄美の名物です。
奄美文化に触れることもできるヘルシーな島豆腐で旅のスタートです!

<基本情報>
住所:鹿児島県大島郡龍郷町中勝1561-1
電話番号:0997-55-4411

1日目午後:「THE SCENE」へ早めにチェックイン!

1日目午後:「THE SCENE」へ早めにチェックイン!

写真:ひいろ あいこ

地図を見る

ランチを食べたら早めにホテルにチェックイン。南部のおすめホテルは島の最南端の瀬戸内地区にある「THE SCENE」。全室オーシャンビューで、部屋の一面は全面窓。どの部屋からもこの絶景を眺めることができます。

スタンダードルームにはクイーンサイズ、デラックスルームはキングサイズのベッドが設置されています。旅ならではの贅沢な時間をホテルで過ごしましょう。

1日目午後:「THE SCENE」へ早めにチェックイン!

写真:ひいろ あいこ

地図を見る

1階にはレストランがあり、夕食は和食かイタリアンかを選ぶことができます。イタリアンは代官山「カノビアーノ」の総料理長、植竹降政氏が監修をしているという本格派のフルコース。
旅の醍醐味、美食を存分に楽しむことができます。

1日目午後:「THE SCENE」へ早めにチェックイン!

写真:ひいろ あいこ

地図を見る

ホテルの目の前はとても綺麗な海とビーチ。晴れた日は満天の星空と海を眺めながら眠りにつくことができます。
ホテルではヨガやSUP、リラクゼーションなど癒しの旅にぴったりなプログラムも用意されているので、思い思いのときを過ごしてみてください。

<基本情報>
住所:鹿児島県大島郡瀬戸内町蘇刈970
電話番号:0997-72-0111

2日目:奄美大島の離島「加計呂麻島」へ

2日目:奄美大島の離島「加計呂麻島」へ

写真:ひいろ あいこ

地図を見る

南部まで来たなら奄美のさらに離島「加計呂麻島」まで足を運んでみましょう。ホテルから古仁屋港までは車で10分ほど。そこからフェリーか海上タクシーで約20分で「加計呂麻島」に到着です。

2日目:奄美大島の離島「加計呂麻島」へ

写真:ひいろ あいこ

地図を見る

オンシーズンでもほぼ人がおらず、プライベートビーチを堪能することができます。どのビーチも言葉では表せない綺麗な海ですが、その中でも「渡連ビーチ」はおすすめです。
どこまでも透き通る蒼い海は入らずとも眺めているだけで、最高の癒しになることでしょう。

2日目:奄美大島の離島「加計呂麻島」へ

写真:ひいろ あいこ

地図を見る

「加計呂麻島」での移動はレンタカーが便利。島の玄関口である「瀬相港」か「生間港」でレンタカーを借りるか、もしくは奄美本島からレンタカーをフェリーで持ち込むこともできます。
「加計呂麻島」は1周150キロと広いので1日で全部回ることは難しいですが、時間の許す限り気の向くままに車を走らせてみてください。思いがけず、ステキなカフェや絶景に出会うことができるかもしれません。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

3日目午前:珍しい玉石の海岸「ホノホシ海岸」へ

3日目午前:珍しい玉石の海岸「ホノホシ海岸」へ

写真:ひいろ あいこ

地図を見る

最終日、空港に向かう前に珍しい玉石の海岸「ホノホシ海岸」へ。ホテルから車で5分とかからずに到着します。
「ホノホシ海岸」は砂ではなく、珍しい石の海岸。石が打ち寄せられる波に洗われてまん丸な玉石となっています。波に打ち寄せられてカラコロと音を立てる音は「ホノホシ海岸」ならでは。奄美でしか聞けない音を思い出に空港へと向かいましょう。

<基本情報>
住所:鹿児島県大島郡瀬戸内町古仁屋船津

癒しを求めて2泊3日の奄美南部の旅へ

人気急上昇中の「奄美大島」ですが、空港から遠い南部まで足を運ぶ人はまだまだ少ないです。手付かずの自然を求めて、何もしない贅沢を味わうため、奄美南部へ癒しの旅へ出かけてみてはいかがでしょうか。

2019年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2018/07/28−2018/08/04 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -