紅葉と清流のコラボは息を呑むほどの美しさ!山梨「道志村」

紅葉と清流のコラボは息を呑むほどの美しさ!山梨「道志村」

更新日:2019/10/23 10:53

木村 優光のプロフィール写真 木村 優光 和風景写真家、夜景愛好家
「道志村」は山梨県南東部に位置し、村内を東西に道志川が流れています。川沿いには国道413号線(通称:道志みち)が通り、両側には山々がそびえるため、晩秋の季節になると周囲は色づいた山々で息を呑むほどの美しさに!加えて清流・道志川と紅葉とのコラボレーションは、まさに絶景そのもの!都内からもそれほど離れていないため、清流と紅葉の絶景コラボレーションを見に、道志村を訪問してみよう。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

神奈川県と山梨県の境目にある「両国橋」

神奈川県と山梨県の境目にある「両国橋」

写真:木村 優光

地図を見る

神奈川県と山梨県の境目にあり、道志みちを渡す「両国橋」。橋の欄干だけを見るとごく普通ですが、橋の上から眺める紅葉は絶品です。特に川下側の左端にキャンプ場が見える方向は、真正面に山肌が見え、色とりどりの素晴らしい紅葉を眺めることができます。

そんな「両国橋」は車道だけでなく歩道も併設されているため、車を安全な場所に停めたあとに徒歩での訪問が可能。車を置く場所は「両国橋」の山梨県側に停車スペースがあるので、そちらが良いでしょう。なお、道路を横断するときは他の車には十分注意しましょう。

神奈川県と山梨県の境目にある「両国橋」

写真:木村 優光

地図を見る

「両国橋」から眺める山肌ですが、ワイドに眺めるのも良いですが、部分的に山肌や道志川を見てみるのも面白いですよ。山肌と川との境目付近にはゴツゴツした岩があり、その周囲の川面はとても綺麗なコバルトブルーです。美しいものは紅葉だけでなく、川の水面にもありき、といったところでしょうか。

<基本情報>
住所:山梨県南都留郡道志村月夜野
アクセス:国道413号線三ケ木交差点より車で山中湖方面へ約15km(約25分)。もしくは、山中湖東側の平野交差点から車で相模原方面へ約29km(約40分)

紅葉の中のスリル体験!「久保吊り橋」

紅葉の中のスリル体験!「久保吊り橋」

写真:木村 優光

地図を見る

道志みちを山中湖方面に向かって左手にある「久保吊り橋」。道志川にかかる吊り橋はいくつか存在しますが、この「久保吊り橋」は周囲が山々に囲まれ、さらに橋上から川下までの距離があるため、絶景と言わんばかりの眺め!吊り橋の怖さを忘れて、周囲の美しさに感動してしまうでしょう。

なお、太陽が真上に来ない晩秋は川下まで陽の光が届かないのが残念ですが、それでも上を見れば色とりどりの紅葉が包み込んでくれます。秋晴れの日ですと、写真のように綺麗なスカイブルーの空が、周囲の色づいた山肌と一緒に包み込んでくれます。

紅葉の中のスリル体験!「久保吊り橋」

写真:木村 優光

地図を見る

なお、「久保吊り橋」は全長71m、高さ34mで、山梨百名山のうちの一つでもある大室山の登山口になっています。また、ロケ地として様々なドラマにも登場しているため、見たことがある方も多いでしょう。

紅葉の中のスリル体験!「久保吊り橋」

写真:木村 優光

地図を見る

写真は、「久保吊り橋」の入口周辺です。道志みち沿いにあるため、ゆっくり走っていれば迷わず見つけることができます。吊り橋のお隣には、周辺で採れた野菜や果物の直売所があり、お土産に購入しても良いでしょう。この地でしか手に入らないものや珍しいものが多数売られています。

<基本情報>
住所:山梨県南都留郡道志村久保
電話番号:055-231-2722
アクセス:国道413号線三ケ木交差点より車で山中湖方面へ約20km(約32分)。もしくは、山中湖東側の平野交差点から車で相模原方面へ約24km(約30分)

「道志村」の中核地点である和出地区も見逃すな!

「道志村」の中核地点である和出地区も見逃すな!

写真:木村 優光

地図を見る

和出地区は、「道志村」で中核的なエリアです。というのも、この和出地区には道志村観光協会や道の駅どうしがあり、それらを中心に集落が集まっています。そんな中核エリアを道志川はゆっくりと流れていきます。「道志村」の中で一番賑わいがあるエリアですが、素晴らしい紅葉スポットも存在しています。

「道志村」の中核地点である和出地区も見逃すな!

写真:木村 優光

地図を見る

和出地区は道志みちでもアップダウンがあまりなく、道志みちと道志川があまり高低差なく綺麗に並行するエリアです。そのため、ドライブしながら道志川沿いの紅葉観賞も可能!間近に見える清流道志川と色づいた紅葉のコラボレーションは、とてもお手軽です。ただし、ドライバーの方は紅葉の美しさに気を取られて、脇見運転をしないようにしましょう。どうしてもじっくり見たい場合は、所々にあるドライブインなどに車を停めてからにしましょう。

<基本情報>
住所:山梨県南都留郡道志村西和出村
アクセス:国道413号線三ケ木交差点より車で山中湖方面へ約28km(約43分)。もしくは、山中湖東側の平野交差点から車で相模原方面へ約17km(約23分)

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

穴場度が高い椿地区の紅葉観賞スポット

穴場度が高い椿地区の紅葉観賞スポット

写真:木村 優光

地図を見る

道志みちは所々に脇道があり、中には自然豊かな場所へアクセスできる道路もあります。そんな中、椿地区には道志みちからそれほど離れることなく、素晴らしい絶景を見ることができるポイントがあるのです。

写真は椿地区内を通る道志みちから、紅椿の湯へと向かう道の途中にあるポイント。道志みちから外れて車で1分ほど走ると道志川を渡る橋がありますので、その周辺が写真のポイントになります。橋の袂から道志川へ降りることができるため、水際に居ながら紅葉と清流気分を思う存分味わうことができるのです。

穴場度が高い椿地区の紅葉観賞スポット

写真:木村 優光

地図を見る

道志みちから椿地区の集落までアクセスする方法はいくつかありますが、その中でも最もメインとなるのが椿大橋を渡る行き方。まず、椿大橋とは写真のように立派なアーチ状の形状をした橋で、都会的なデザインにも関わらず、背景の色づいた山肌とのコラボレーションが見事にマッチしています。

橋の南側から橋を含めて北側の山肌を見れば、写真のような構図となります。まるでパレットに様々な色の絵の具をこぼしたかのような光景で、しばらく見ていたくなりますね。橋の上の道路は車の行き来が殆どないため、この光景を背景に自慢の愛車を撮ってみるのも良いかもしれませんね。

穴場度が高い椿地区の紅葉観賞スポット

写真:木村 優光

地図を見る

椿大橋から西を眺めてみると、富士山の頂上付近がくっきり見えます。富士山までの距離が近いということもありますが、周囲の色づいた山肌と冠雪した富士山とのコラボレーションは実に美しいです。

<基本情報>
住所:山梨県南都留郡道志村椿
アクセス:国道413号線三ケ木交差点より車で山中湖方面へ約24km(約39分)。もしくは、山中湖東側の平野交差点から車で相模原方面へ約22km(約30分)

探せばまだまだある「道志村」の紅葉スポット

山梨県の道志村は東西に長い地形をしており、南北側は山々に囲まれています。その中を道志川や道志みちが通っていて、自然豊かなエリアが続きます。晩秋の季節以外でもキャンプや川釣りなども楽しめ、アウトドアには最適!さらに、道志みちをさらに西へ進めば山中湖へアクセスができます。

なお、道志みち周辺は自然災害等により、時折通行止めが発生します。道志村を訪問の際には各市町村や日本道路公団の公式サイトを訪問して、最新情報を入手するようにしましょう。

※例年の紅葉の見頃は11月上旬から11月下旬

2019年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/11/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -