マカオはオシャレな建築物がいっぱい!インスタ映えスポット9選

マカオはオシャレな建築物がいっぱい!インスタ映えスポット9選

更新日:2019/10/16 11:02

結月 ここあのプロフィール写真 結月 ここあ 旅行ブロガー
マカオというと、煌びやかなカジノや香港旅行で立ち寄るところのイメージですが、マカオは「マカオ歴史市街地区」として世界文化遺産の登録を受け、その数はなんと30もあるんですよ。かつてはポルトガルの統治下にあったことから、南欧風の街並みに美しい教会、モザイク模様の石畳や広場、パステルカラーの建築物もいくつも残されています。可愛くて素敵なマカオの建築物をご紹介しましょう。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

美しいファサードを持つ教会

美しいファサードを持つ教会

写真:結月 ここあ

地図を見る

マカオの中心部は、嬉しいことに徒歩で周ることができる多くの世界遺産があります。
最初にご紹介するのは、マカオの象徴「聖ポール天主堂跡」。1602年〜1640年に建設された聖母教会は、ローマ以東で一番美しい教会といわれていましたが、1835年の火災で焼失。現在はこのファサード(正面壁)のみが残されています。

ファサードには、イエスキリスト像や聖母マリア像、天使の彫刻などもありますのでご覧くださいね。

美しいファサードを持つ教会

写真:結月 ここあ

地図を見る

聖ポール天主堂跡の大階段からは、このようなピンクやイエローの可愛い建物も見ることができます。このようにちょっとした路地にも、映えスポットがあります。

<聖ポール天主堂跡の基本情報>
住所:Rua de S.Paulo, Macau
アクセス:セナド広場から徒歩10分

美しいファサードを持つ教会

写真:結月 ここあ

地図を見る

マカオで一番美しいファサード(正面壁)がある教会といわれる「聖ドミニコ教会」。色鮮やかなコロニアル風バロック様式の教会は、スペイン人修道士3人が建てました。祭壇にはバラの聖母像が祭られています。

<聖ドミニコ教会の基本情報>
住所:Largo de S. Domingos, Macau
アクセス:セナド広場から徒歩3分

マカオの中心はセナド広場

マカオの中心はセナド広場

写真:結月 ここあ

地図を見る

セナド広場の中心にある真っ白なファサードの「仁慈堂」は、キリスト教の慈善施設として設立されました。2階は、宗教的な芸術品の博物館になっています。

<仁慈堂の基本情報>
住所:2 Travessa da Misericordia, Macau
電話番号:+853-2857-3938
アクセス:マカオフェリーターミナルから、バスで約20分 新馬路バス停下車

マカオの中心はセナド広場

写真:結月 ここあ

地図を見る

マカオの中心地にあるセナド広場には、波打つモザイクの石畳や、大航海時代を象徴する地球儀をモチーフにした噴水があります。周辺には、ネオクラッシック様式のパステルカラーの建物が建ち並びます。

<セナド広場の基本情報>
住所:Largo do Senado, Macau
アクセス:マカオフェリーターミナルから、バスで約20分 新馬路バス停下車

小さいけれど素敵な聖ミカエル聖堂

小さいけれど素敵な聖ミカエル聖堂

写真:結月 ここあ

地図を見る

ミントグリーンがひと際目をひく「聖ミカエル聖堂」は、1875年に建設されました。聖堂内には小さいながら鮮やかなステンドグラスもあります。

小さいけれど素敵な聖ミカエル聖堂

写真:結月 ここあ

地図を見る

敷地内には、カトリック教徒のマカオ人やポルトガル人が眠る「聖ミカエル墓地」があり、マリア像や天使像などの彫刻も素敵です。

<聖ミカエル聖堂(墓地)の基本情報>
住所:Beco do Alm. Costa Cabral, Macau
アクセス:セナド広場から徒歩15分

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

まるで南欧のような馬忌士街

まるで南欧のような馬忌士街

写真:結月 ここあ

地図を見る

ポルトガルの面影を残した建築物が、軒を並べる「馬忌士街」。オシャレな窓枠や、レトロな街灯・イエローの壁、石畳もマッチしています。
路上駐車の雰囲気も、ヨーロッパのムードがたっぷりでしょう。

<馬忌士街の基本情報>
住所:Freguesia de Sao Lazaro, Macau
アクセス:セナド広場から徒歩15分

まるで南欧のような馬忌士街

写真:結月 ここあ

地図を見る

馬忌士街の坂を下って行くと、右手に築100年を超すポルトガル建築物の「旧仁慈堂婆仔屋」があります。未婚女性のための老人ホームとして使われていましたが、1984年に政府が保護指定建築に指定、2007年頃からレストランやショップ・ギャラリーが入店。大きな楠が植えられた中庭は、静かな空間になっています。

<旧仁慈堂婆仔屋の基本情報>
住所:Calcada da Igreja8, Macau
アクセス:セナド広場より徒歩15分

まるで南欧のような馬忌士街

写真:結月 ここあ

地図を見る

聖ラザロ地区の「瘋堂斜巷」辺りは、路地にもこのようにパステルイエローの洋館が並んでいたり、モザイク模様が美しい石畳も見どころです。マカオの街には、波・魚・恐竜・タツノオトシゴ・蟹・海老などの石畳もあるので、探してみてくださいね。

<瘋堂斜巷の基本情報>
住所:Calcada da Igreja de Sao Lazaro, Macao
アクセス:セナド広場から徒歩15分

可愛すぎる!聖フランシスコ・ザビエル教会

可愛すぎる!聖フランシスコ・ザビエル教会

写真:結月 ここあ

地図を見る

最後にご紹介するのは、マカオの中心部から少し足を延ばして、バスで40分ほどのコロアン島にある「聖フランシスコ・ザビエル教会」です。
マカオのキリスト教の布教に功績のあった、フランシスコ・ザビエルを記念して、1928年に建てられました。

可愛すぎる!聖フランシスコ・ザビエル教会

写真:結月 ここあ

地図を見る

バロック様式のファサード(正面壁)の窓枠や、ブルーのアクセントが効いたドアも可愛いすぎるでしょう。日本でも人気だった韓国ドラマ「宮〜Love in Palace 」のロケ地でも知られています。

<聖フランシスコ・ザビエル教会の基本情報>
住所:JardimdeEduardoMarques Coloane, Macau
アクセス:セナド広場から車で40分

見どころ満載のマカオ

美しい教会の数々に、まるで南欧のような街並みなど、インスタ映えスポットが満載のマカオ。美味しいグルメもたくさんあります。昼間は世界遺産巡りや街歩きを、夜は煌びやかなカジノに繰り出したりと楽しい旅になりますよ。

2019年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2010/10/13−2018/10/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -