海辺を走るローカル線で行く!ウラジオストクから癒しの半日旅

海辺を走るローカル線で行く!ウラジオストクから癒しの半日旅

更新日:2019/10/15 13:22

石田 哲大のプロフィール写真 石田 哲大 「食」専門ライター・編集者
「もっとも気軽に行けるヨーロッパ」として近年人気のロシア・ウラジオストク。街中にも観光スポットやグルメスポットがたくさんありますが、日程に余裕があるなら、半日を使ってのショートトリップはいかがでしょうか。ウラジオストク駅からローカル鉄道に乗って、車窓を楽しみつつ30分。地元民に人気の穴場スポットである海浜公園・海水浴場に行くことができます。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

ウラジオストク駅でシベリア鉄道での旅気分を味わう

ウラジオストク駅でシベリア鉄道での旅気分を味わう

写真:石田 哲大

地図を見る

ウラジオストク駅が開業したのは19世紀末。現在の駅舎は1912年に建てられたもので、ソビエト連邦崩壊後に改装。美しい装飾がほどこされ、シベリア鉄道の始発駅にふさわしい威風堂々としたたたずまいです。

ウラジオストク駅でシベリア鉄道での旅気分を味わう

写真:石田 哲大

地図を見る

駅舎の中へは誰でも入ることができます。小ぢんまりしていながらも、格調高い雰囲気です。構内にはカフェがあり、その向かいには20世紀初頭に使われた鉄道員の制服や切符などが展示してある歴史コーナーがあります。

ウラジオストク駅でシベリア鉄道での旅気分を味わう

写真:石田 哲大

地図を見る

列車に乗らない場合でもホームに降りることができ、ホームにはいかにも旧共産圏という重々しい雰囲気の車両が停車しています。運がよければ、モスクワ行きのシベリア鉄道で用いる列車も見学できるかもしれません。さらに、太平洋戦争が終結した1945年当時に活躍した蒸気機関車も展示。鉄道ファンはもちろん、そうでない人でもその迫力に興奮すること間違いなしです。

海辺を走るロカール線に乗って車窓を楽しもう

海辺を走るロカール線に乗って車窓を楽しもう

写真:石田 哲大

地図を見る

ローカル線(近郊列車)は、ロシア語では「エレクトリーチカ」(電車)と呼びます。地元の人が普段使いしている鉄道ですが、観光客におすすめなのは、ウラジオストク駅から6駅目、時間にして30分程度で到着するサナトールナヤです。運賃は片道わずか42ルーブル。1〜2時間に1本程度運行していて、発車時刻は駅の電光掲示板で確認することができます。

ただし、ロシア語でわかりにくいのて、駅舎を入って右奥にある切符売り場の係員に行き先を伝えるといいでしょう。レシート式の切符を発券してくれ、次の列車の発車時刻と乗り場を教えてくれるはずです。なお、切符は車内でも購入することができます。

ウラジオストク駅からエレクトリーチカに乗るには、一度駅舎から出て跨線橋を渡ります。途中に階段があるので、そこからホームに下りればOKです。改札はありません。前段で紹介した駅舎を通って行く長距離列車のホームとは場所が離れているので、要注意です。

海辺を走るロカール線に乗って車窓を楽しもう

写真:石田 哲大

列車に乗り込んだら、できるだけ進行方向左側の席を確保しましょう。サナトールナヤまではずっと海辺を走るので、開放的な車窓を楽しむことができます。途中で小さな海水浴場があり、夏場はロシア人が水遊びを楽しんでいます。また、この線路はモスクワまで続くシベリア鉄道とも共通です。わずかな時間ではありますが、シベリア鉄道に乗ったときと同じ景色が楽しめることになります。

地元民に人気!穴場の海浜公園&海水浴場

地元民に人気!穴場の海浜公園&海水浴場

写真:石田 哲大

地図を見る

ウラジオストク駅から30分程度でサナトールナヤに到着します。駅を降りると、目の前は海浜公園兼海水浴場になっています。ウラジオストクは札幌と同じくらいの緯度ですが、7月から9月の中旬くらいまでは、日差しも強く晴れる日が多いので、海水浴が楽しめます。地元の人は海水浴が大好きで、平日であっても家族連れでにぎわっています。

海に入らなくても、海辺にはカフェやバーがあり、ビールを飲みながらのんびり日光浴を楽しめます。小さな子供が遊べるような遊戯施設も備えているので、家族連れの旅行者にもおすすめです。街中から離れているために観光客が少なく、まさに穴場スポットといえます。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

半日旅行でウラジオストクの多彩な魅力に触れてみて!

近年ウラジオストクの中心部は、観光客でにたいへんにぎわっています。ですから、人込みに疲れたなと思ったら、ぜひともローカル鉄道に乗ってショートトリップを楽しんでみてください。わずか30分で喧騒から抜け出し、海を見ながらのんびりすごせる癒しのスポットに行くことができます。街中の観光地だけではないウラジオストクの多彩な魅力に触れてみてください。

2019年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -