日本初の透明切り絵御朱印が素敵!「埼玉厄除け開運大師・龍泉寺」

日本初の透明切り絵御朱印が素敵!「埼玉厄除け開運大師・龍泉寺」

更新日:2019/10/21 19:49

M Maririnのプロフィール写真 M Maririn 神社仏閣巡り人、50代からの女子旅愛好家
今や神社仏閣参拝の折に多くの人がいただくようになった御朱印。その人気にあわせて様々な工夫を凝らした御朱印も多くみられるようになってきました。今回ご紹介するのは日本初となる「透明切り絵御朱印」。この御朱印は開運と厄除けの両方の御利益をいただけることから信仰を集めている埼玉県熊谷市の「埼玉厄除け開運大師・龍泉寺」で頂くことができます。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

関東唯一の「開運」と「厄除け」の御利益を一度にいただけるお寺

関東唯一の「開運」と「厄除け」の御利益を一度にいただけるお寺

写真:M Maririn

地図を見る

毎年夏になると最高気温が話題になる埼玉県熊谷市にある「埼玉厄除け開運大師・龍泉寺」。このお寺の始まりは今から約1200年前、かつてこの地にあった池から出現した千手観音菩薩をお寺の裏手にある観音山に祀ったのが始まりと言われています。

そののち平安時代に弘法大師がこの寺を訪れたことから「厄除け金色大師様」と「開運金色大師様」の二体を本尊として祀っています。

関東唯一の「開運」と「厄除け」の御利益を一度にいただけるお寺

写真:M Maririn

地図を見る

本堂に向かって左が「開運金色大師様」、右が「厄除け金色大師様」。平安期に作られたと言われている二つの像はその名の通り金箔が張られた秘仏本尊です。1月1日から3日の初詣大祈願祭とともに特別御開帳が行われ、そのお姿を拝見できます。

厄除けと開運の両方の御利益を一度にいただけるのは関東ではこちらのお寺だけ。しかも金色に輝く「開運金色大師様」はほかに並ぶ仏様がないことから、ただの開運ではなく「大開運」というスペシャルな御利益!一年の幸せや健康を願う方はもちろん、なんだか最近ついていない、よくないことが続くという人も大開運のパワーをいただけるかもしれませんよ。

ほんのり光を通す美しい御朱印

ほんのり光を通す美しい御朱印

写真:M Maririn

地図を見る

こちらのお寺では通常の御朱印に加えて三ヶ月ごとに変わる限定御朱印が人気を集めています。この御朱印は細やかな模様の切り絵があしらわれた日本唯一の「透明切り絵御朱印」と呼ばれるもの。手作業で作られる切り絵部分には特殊な紙が使われていて、日にかざすとほんのりと光が透き通って見えるとても美しい御朱印です。

2019年9月から11月の間にいただける写真の御朱印は昨年からとっておいたお寺の紅葉と本堂の姿を写真に撮って和紙に印刷し、一枚一枚朱印を押し墨書したもの。紅葉が千差万別で綺麗なように「皆さまが自分の色を出しながら輝いて行けますように」と意味が込められているそうです。

そして「色鮮やかな人生になりますように」と心の中で願いながら、緑、黄、赤の順に三枚の葉を自分で貼っていくという遊び心も加えられています。

ほんのり光を通す美しい御朱印

写真:M Maririn

地図を見る

なぜこのような美しい御朱印を作るに至ったのでしょうか。ご住職に伺ったところ、お寺はお葬式や法事など、どちらかといえば悲しいイメージを持たれがち。そこで少しでも楽しい気持ちを持って帰ってほしいとの思いから、今までに世の中にない御朱印を作ってお参りされた方に幸せを提供しようと思い立ったそうです。

透明切り絵御朱印は春(3〜5月)夏(6〜8月)秋(9〜11月)冬(12〜2月)とお正月の年5回デザインが変わります。ご住職とお寺の方とで季節ごとのデザインを決めているそうです。
(写真は2019年春・夏の限定御朱印です。頒布期間は終了しています)

ほんのり光を通す美しい御朱印

写真:M Maririn

地図を見る

2019年9月からオリジナル御朱印帳も登場しました。「宇宙に咲く花曼荼羅」と名付けられた御朱印帳は光沢のある生地を使い、文字部分はホログラムで箔押しをしてあります。

この御朱印帳は予想を上回る人気となり、初回1000冊限定が3週間で完売してしまいました。当初は増刷予定はなかったようですが、増刷希望の要望が多かった為、12月に1000冊限定で増刷することも決まったようです。ご希望の方は在庫や頒布時期など、あらかじめ関連メモにあるお寺の公式ホームページなどからご確認いただくことをお勧めします。

毎週火曜日は御朱印、御朱印帳の頒布はお休みです。書置きの御朱印はいただけますが、日付が入っていないのでご注意ください。

日本三大開運大師のありがたい法衣の入った大開運守りで運気アップ!

日本三大開運大師のありがたい法衣の入った大開運守りで運気アップ!

写真:M Maririn

地図を見る

「埼玉厄除け開運大師・龍泉寺」のお守りの中で一番お勧めなのは「大開運守り」です。日本三大開運大師の一つとされている御本尊の「開運金色大師様」が実際に身に着けていた法衣を、お守り一つ一つの中に入れた特別お守りです。法衣が入った大開運守りは、災いや病気から守ると共に運気を上げ、願い事の成就に導いてくれるそうです。

金・赤・ピンク・黒・白の五色に加えカード型の6種類から選べます。お大師様のパワーが宿っている特別なお守りなので運気アップを願う方は手に入れてはいかがでしょうか。数に限りがあるので毎週土日と祝日のみの配布です。

日本三大開運大師のありがたい法衣の入った大開運守りで運気アップ!

写真:M Maririn

地図を見る

1月に行われる「だるま市」は江戸時代より続く県内最古の歴史を持つもの。そのだるまをかたどった赤とピンクの「だるま絵馬」を納めれば願い事が叶うかも…。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

開運招福巡りでさらなる開運を願う!

開運招福巡りでさらなる開運を願う!

写真:M Maririn

地図を見る

ご本尊のほかにも多くの仏様が祀られていて、大開運、厄除け以外にも「方位よけ・家内安全・交通安全・病気回復・身体安全・縁結び・合格祈願」のご利益があります。

本尊様にお参りを済ませたら境内の開運招福巡りしてみてはいかがでしょうか。順番は大師堂(本堂)→弘法大師像→観音堂→平成安全大観音です。

開運招福巡りでさらなる開運を願う!

写真:M Maririn

地図を見る

小高い観音山の中腹に立っている「観音堂」には1200年前に神聖な池から出現したと言われる「千手観音菩薩」が祀られています。ここまで登ってくると目の前にはのどかな田園風景が広がりのびやかな気持ちになりますよ。

開運招福巡りでさらなる開運を願う!

写真:M Maririn

地図を見る

安全と平和が達成されるようにとの願いを込めて名がついた「平成安全大観音」。全長10メートルの大きな観音様はその名の通り人々の様々な毎日の安全を見守ってくれています。

「埼玉厄除け開運大師・龍泉寺」は「関東八十八カ所霊場 八十三番札所」「武州路十二支霊場 子年一番札所」「ぼけ封じ関東三十三観音霊場 二十九番札所」「忍 三十四観音霊場 二十九番札所」と、多くの札所にも指定されています。お大師様をはじめとする仏様たちの大きなパワーを感じながら境内を歩いてみてくださいね。

埼玉厄除け開運大師・龍泉寺の基本情報

住所:埼玉県熊谷市三ヶ尻3712
電話番号:048-532-3432
アクセス:
(電車利用)JR籠原駅南口よりタクシーで約5分
(車利用)関越自動車道花園ICから国道140号線を熊谷・深谷方面に10分ほど直進、「埼玉厄除け開運大師」の大きな看板を左折。お寺の駐車場有

2019年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/09/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -