これは必見!山梨・淡雪山の露岩を観る日帰りトレッキング

これは必見!山梨・淡雪山の露岩を観る日帰りトレッキング

更新日:2019/10/10 15:29

佐久田 隆司のプロフィール写真 佐久田 隆司 トレッキングハンター、ネイチャーカメラマン
山梨県甲府市に淡く白い山頂をのぞかせるのは淡雪山!変哲もない低山ながら、花崗岩が風化した白砂と、そうでない花崗岩とで山頂直下には独特な「露岩」の景観を作り出しています。今回はあっという間に露岩を眺められる金子峠からのトレッキングルートを紹介。またJR甲府駅から武田神社を経由して辿る本格的なルートも!体力に合わせてお好きなルートで「淡雪山の露岩」をその目で確かめてはいかがでしょうか?

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、外出自粛要請が出されている都道府県があります。各種報道機関の発表や自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

花崗岩で形成される淡雪山の露岩

花崗岩で形成される淡雪山の露岩

写真:佐久田 隆司

地図を見る

淡雪山(あわゆきやま792m)は山梨県甲府市の北側にある帯那山(おびなやま1381m)をはじめとする低山山塊の一番手前に位置します。しかし他山と比べ明らかに違うのが、山頂直下にある「淡雪山の露岩(あわゆきやまのろがん)」でしょう。

花崗岩で構成される山はこの界隈では珍しくありませんが、淡雪山の山頂直下には、花崗岩が風化した砂状の石英とそうでない露岩とのコントラストが珍しい景観をつくりだしています。

花崗岩で形成される淡雪山の露岩

写真:佐久田 隆司

地図を見る

花崗岩は風化しやすく、主成分の石英を砂状で残す半面、そこまでいかない岩が特出して露出するのが露岩。石英の白さが露岩と相まって北アルプスの燕岳(つばくろだけ2763m)のような雰囲気を出しています。

動画:佐久田 隆司

地図を見る

ここでは淡雪山の露岩の様子を1分の動画に収めています。

花崗岩は御影石の別名も

花崗岩は御影石の別名も

写真:佐久田 隆司

地図を見る

花崗岩は別名「御影石(みかげいし)」で、墓石などにも使われる加工しやすい石です。この辺りから奥秩父の山塊に向けて多くの山が花崗岩で構成されています。ですが露岩が散見されるのはこの辺りでは淡雪山だけ!

花崗岩は御影石の別名も

写真:佐久田 隆司

地図を見る

露岩の付近は森林が生えていません。その分日が当たると白くて大変美しい。

花崗岩は御影石の別名も

写真:佐久田 隆司

地図を見る

こういった地質では珍しい、植生との対照も興味的。360度の展望も合わさり標高の高い山に来ている錯覚にも陥ります。

山頂は広くないが日当たりが良く景観もいい

山頂は広くないが日当たりが良く景観もいい

写真:佐久田 隆司

地図を見る

淡雪山の山頂には一応表示がありますが、イメージとしては露岩のあたりが山頂といえるでしょう。

山頂は広くないが日当たりが良く景観もいい

写真:佐久田 隆司

地図を見る

日当たりがよく甲府盆地が一望できますが、露岩の間しか休み場所はありません。石英はすべりやすいので、足元には注意が必要です。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

最短ルートの金子峠からはおおよそ10分で淡雪山へ

最短ルートの金子峠からはおおよそ10分で淡雪山へ

写真:佐久田 隆司

地図を見る

淡雪山へは最短ルートの起点となる金子峠(きんすとうげ)の手前の、上帯那(かみおびな)までJR甲府駅北口からバスが出ています。そこから山側へ15分ほど歩くと金子峠に到着します。

天神平甲府線で和田峠を経て上帯那まで上っていくバスからは、甲府盆地の素晴らしい景色も楽しめ、秋は道路わきがすべて紅葉で彩られる素敵な道!ただしバスの本数が少ないので、事前の確認は必要です。

最短ルートの金子峠からはおおよそ10分で淡雪山へ

写真:佐久田 隆司

地図を見る

車道を登りきると金子峠のところに鉄筋コンクリートで作られた宗教法人の建物があり、車道はここで終わります。建物の崖際に造られた登山道を上っていけば10分ほどで淡雪山に到着します。

最短ルートの金子峠からはおおよそ10分で淡雪山へ

写真:佐久田 隆司

地図を見る

山頂までのルートは明確ですが、そもそも岩山ですので足元には注意!慎重に足を進めます。

JR甲府駅から徒歩で淡雪山へも

JR甲府駅から徒歩で淡雪山へも

写真:佐久田 隆司

地図を見る

JR甲府駅から直接淡雪山で行くルートもあります。甲府市のシンボルでもある「武田神社」を目指し山側へ車道を上り、お堀沿いに左折し、その先にある甲府市立相川小学校の脇を通り、「慶音院」を目指します。この付近の「塚原」バス停までも甲府駅よりバスが出ています。塚原バス停から慶音院までは徒歩で6分ほど。慶音院を回り込むように山側に進んでいきます。

JR甲府駅から徒歩で淡雪山へも

写真:佐久田 隆司

地図を見る

金子峠までいくつかの道標があり、指示通りに足を進めますが、春から秋にかけてはかなり植物が繁殖しているので、道迷いが発生しやすくなっています。逆に冬は草や木が枯れ明朗な道になります。コンパスと地図はもちろん、スマホのGPSなどを活用し道迷いがないようにしましょう。

昨今のスマホは日本製GPSみちびきが現在位置の精度を高めているので、フリーソフトなどで地図をダウンロードし活用するのがいいでしょう。

JR甲府駅から徒歩で淡雪山へも

写真:佐久田 隆司

地図を見る

このルートは金子峠までが一番の難所といえます。大きな分岐も少ないですが、本来の道を間違えないようにすることが大切です。金子峠まで到着すれば、淡雪山までは目と鼻の先!帰りは上帯那バス停からバスに乗りJR甲府駅まで戻るか、天神平甲府線で和田峠を経て甲府駅まで歩くのが一般的。金子峠から下りで甲府駅まで徒歩ではおおよそ1時間47分、約7.8kmですが、秋は素敵な道のりになるでしょう。

低山ながら珍しい景観が楽しめる淡雪山の露岩トレッキング!金子峠からの当てがるハイキングから、しっかり歩くJR甲府駅からのトレッキングなどルートも多彩。ぜひその目で白く光る山頂でプチアルプス感を楽しんでみては?

淡雪山の露岩の基本情報

住所:山梨県甲府市塚原町
電話番号:055-237-5702(甲府市観光課)
アクセス:JR甲府駅より上帯那行きバスで上帯那下車。徒歩約20分。塚原登山口までJR甲府駅より塚原行きバスにて塚原下車。徒歩1時間15分

2019年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/09/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -