最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

立地よし!ウラジオストクの人気ホテル「シビルスコエ ポドヴォリエ」

立地よし!ウラジオストクの人気ホテル「シビルスコエ ポドヴォリエ」

更新日:2019/10/22 18:09

いくら さとみのプロフィール写真 いくら さとみ シングルトラベラー、世界ホテルホッパー
日本から2時間半で行けるヨーロッパ、ロシアの港町ウラジオストクは2017年にVisaが緩和されたことで人気が急上昇中。近いので3日間あれば観光できます。
時間が限られた旅行では滞在するホテルにこだわりたい。ウラジオストクには小〜中規模の宿が多いのが特徴ですが、その中でも人気のホテル「シビルスコエポドヴォリエ」をご紹介します。便利な立地にあるおしゃれなホテルで初めての観光にもおすすめです。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します

便利な立地とヨーロピアンな外観

便利な立地とヨーロピアンな外観

写真:いくら さとみ

地図を見る

シビルスコエポドヴォリエはウラジオストクの街の中心部にあります。目抜き通りのオケアンスキー・プロスペクトをまっすぐ進むと、右手に見えてくるオレンジ色の建物にあるアーチ形の重厚な扉が目印。この扉の先はトンネルになっており、抜けた先にホテルはあります。ちょっとした隠れ家感を醸しています。

駅からは徒歩約15分ほど、街のシンボル「グム百貨店」へは約10分、観光客に人気の「噴水通り」へも約10分ほどと、どこに行くにも便利です。

便利な立地とヨーロピアンな外観

写真:いくら さとみ

地図を見る

トンネルを抜けた先に箱庭のような敷地があり、目の前には5階建のビルタイプの建物、広場を挟んだ隣りにはペールグリーンの3階建てのかわいい洋館、広場の奥にはオレンジ色の洋館があり、これら複数の建物がひとつのホテルになっています。
1階にあるフロントでチェックインをして部屋に案内してもらいます。

便利な立地とヨーロピアンな外観

写真:いくら さとみ

地図を見る

部屋は複数のタイプがあり、広さもインテリアもすべて異なります。スタンダード、スーペリア、プレミア、スイートルームなど、好みや予算に応じて選ぶことができます。部屋にバスがなく共用バスルームを利用する部屋や窓なしインサイドの部屋だとリーズナブルです。

今回ご紹介するのはスタンダードダブルベットのお部屋です。オレンジ色の洋館の2階にあり、外部階段を登ったところにエントランスがあります。鍵は2回開けることになり、ひとつはこの洋館のエントランス用、もうひとつが部屋の鍵になっています。

邸宅に招かれたような洋館の部屋

邸宅に招かれたような洋館の部屋

写真:いくら さとみ

地図を見る

洋館に入ると廊下の先に広いリビング。ピアノやソファ、ウォーターサーバがあり、ここは共用で誰でも使用できます。
リビングを抜けた先に2部屋、内階段を登った3階に4部屋あります。

邸宅に招かれたような洋館の部屋

写真:いくら さとみ

地図を見る

スタンダード ダブルベットのお部屋はとても広く、上品でナチュラルなインテリア。窓も大きくとられ気持ちの良い採光。ベランダも備わっています。
冷蔵庫やコーヒーポット、使い捨てスリッパなど滞在に必要なものは一通り揃っています。

邸宅に招かれたような洋館の部屋

写真:いくら さとみ

地図を見る

バスルームはシャワーのみですが、ユニットタイプで使い勝手が良い。アメニティも一通りあります。お湯はヨーロッパにはよくあるタンクに貯める仕組みなので利用にはコツが必要です。

よく手入れされた敷地やフロントサービス

よく手入れされた敷地やフロントサービス

写真:いくら さとみ

地図を見る

敷地内はよく整備されており、写真撮影用にガーデニングされたエリアも。ぜひ記念写真を。

よく手入れされた敷地やフロントサービス

写真:いくら さとみ

地図を見る

フロントロビーではタクシーの手配や旅の相談などのサポートしてくれます。また毎週火曜、木曜、土曜の15時から17時は、無料のアフタヌーンティサービスがあります。ぜひ利用しましょう。

よく手入れされた敷地やフロントサービス

写真:いくら さとみ

地図を見る

フロントロビーにはいつもこのホテルの看板猫がいて、旅行客をなごませてくれます。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

レストランと朝食

レストランと朝食

写真:いくら さとみ

地図を見る

朝食は別棟のレストランでいただきます。トンネルを一旦出てすぐ右手にレストラン棟があります。このレストランは平日は7時〜10時、週末は8時〜11時の朝食の時間だけオープンします。
チェックイン時に朝食チケットをもらい、チケットで受付します。

レストランと朝食

写真:いくら さとみ

地図を見る

レンガ造りのおしゃれな内装のレストランで、朝食はビュッフェスタイル。数種類のホットミール、コールドミール、パンや焼き菓子、ジュースやコーヒー紅茶が日替わりで並びます。中にはロシアならではのメニューも。

レストランと朝食

写真:いくら さとみ

地図を見る

ロシア風クレープ「ブリヌィ」やヨーロッパの定番「オートミール」等を楽しもう。焼き菓子もおいしい。

リピーターになる居心地の良い宿

シビルスコエポドヴォリエは全30室ほど。大型ホテルのような設備はないけれど、中規模ならではの居心地の良さがあります。しかもお値段もお手頃です。一度滞在すればきっと「また泊まりたい」と思うはず。人気のホテルなので連休はすぐに埋まってしまうから予約はお早めに!ホテル予約サイトから簡単に予約ができます。
次の三連休はシビルスコエポドヴォリエを拠点としたウラジオストク旅を計画してみてはいかがでしょうか?

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/09/13−2019/09/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -