京都秋の特別公開「霊鑑寺」名庭園の紅葉と椿の花々

京都秋の特別公開「霊鑑寺」名庭園の紅葉と椿の花々

更新日:2019/10/17 12:40

古都の U助のプロフィール写真 古都の U助 ブロガー
哲学の道から近く、例年春と秋に特別公開が行われる京都「霊鑑寺」。通称「谷の御所」とも呼ばれ皇室との縁が深い霊鑑寺は、椿の名所としても名高く多くの品種があるので、春と秋とでそれぞれに違った椿を楽しむことができます。
さらに秋の「霊鑑寺」は紅葉も素晴らしく、椿の花との贅沢な競演を楽しむことができます。
2019年秋の特別公開は11月16日(土)〜12月1日(日)。
まだ間に合う紅葉!新幹線プランでお得に京都へ
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

「霊鑑寺」の本堂

「霊鑑寺」の本堂

写真:古都の U助

地図を見る

霊鑑寺は承応3年(1654年)に後水尾天皇が皇女 多利宮(浄法身院宮宗澄尼)を得度入寺させたことに始まり、以来皇室と縁が深いお寺です。

この霊鑑寺本堂では、もともと霊鑑寺の東にあった如意寺の如意輪観音像を本尊として安置しています。このご本尊を迎える際には、如意寺に伝わっていた霊鏡もともに安置したことが霊鑑寺の名の由来とされています。(鑑という字は鏡の他、お手本、見本といった意味も)

「霊鑑寺」の本堂

写真:古都の U助

地図を見る

現在の霊鑑寺本堂は、寛政6年(1795年)に江戸幕府11代将軍徳川家斉によって寄進されたもので、写真の本堂の左側には階段状となった書院と繋がる回廊が有り、本堂の右側にも庭園へ続く石段があります。大文字山の麓にあり高低差を活かした庭園には多くの椿の名木があり、霊鑑寺のまたの名は「椿寺」とも。
通常は非公開ですが、例年春と秋に特別公開されています。

「霊鑑寺」の本堂

写真:古都の U助

地図を見る

霊鑑寺は哲学の道に近い境内の西側に表門があり、そこから大玄関、中門を通り抜けると書院、本堂と、西から東に向かって東山連邦の大文字山から延びる稜線上に建物が並びます。山の斜面に境内があるため建物の並びにも高低差があり、さらに庭園はもう一段高い位置へ続きます。

回遊式の庭園へ

回遊式の庭園へ

写真:古都の U助

地図を見る

本堂からはさらに石段を数段上がり、お庭の散策へ行く事ができます。また、本堂横の石段を上ったところには白壁の蔵と、その横には鎮守社の「天満宮」があります

回遊式の庭園へ

写真:古都の U助

地図を見る

白亜の蔵もお庭や紅葉とのコントラストが美しいです。

椿と紅葉のコラボレーション

椿と紅葉のコラボレーション

写真:古都の U助

地図を見る

椿の名所として名高い霊鑑寺では、春は中門そばにある後水尾天皇が愛した椿の名木・日光(じっこう)や珍しい黄色系の椿「金茶花」といった数々の名木が花を咲かせますが、秋はなんといっても椿と紅葉の共演が見られるのが大きな魅力。

椿と紅葉のコラボレーション

写真:古都の U助

地図を見る

唯でさえ美しい椿の木に紅葉が散るのはまさに自然が作るアートです。紅葉の進み具合やその日の風の吹き方などで一期一会の光景を目にすることができるでしょう。

椿と紅葉のコラボレーション

写真:古都の U助

地図を見る

紅白やピンクの椿に紅葉の色合いも加わって、様々な色のグラデーションが楽しめます。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

高低差を楽しめる庭園美

高低差を楽しめる庭園美

写真:古都の U助

地図を見る

霊鑑寺の庭園では、地形を活かした特徴ある造園がされています。紅葉を見上げたり、石段から下を見下ろしたりと様々なアングルで秋の庭園を楽しんで下さい。

高低差を楽しめる庭園美

写真:古都の U助

地図を見る

石段に散った紅葉も美しく、もったいなくて歩くのを躊躇してしまうほど。また、苔の上に散る紅葉も見逃せません。

秋の霊鑑寺の庭園

秋の霊鑑寺の庭園

写真:古都の U助

地図を見る

庭園を回遊した最奥に当たる場所には、京都市内でも屈指の名木タカオカエデの木があります。見上げるほどに背が高いこの楓は樹齢およそ350年とされ、周囲の木々より一段と背が高いこともあり庭園の中でも存在感のある木です。

秋の霊鑑寺の庭園

写真:古都の U助

地図を見る

他にも霊鑑寺の庭園の随所では千両や万両の赤い実、石蕗(つわぶき)の花が見られ、中門そばではイチョウの木の黄葉などを見ることもできます。

創建から5人の皇女・皇孫を迎えた霊鑑寺は庭の植物1つとってもそうですが、書院の障壁画や尼宮たちが遺愛した御所人形やカルタなど、女性らしい品々が多数伝わっているお寺です。
例年公開されるそれらの品々も必見で、また、春と秋それぞれに授与される限定の御朱印もとても優美で素敵なもの。ぜひ参拝の記念に入手してください。

霊鏡寺の基本情報

住所:京都府京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町
電話番号:075-213-1717(京都市観光協会)
秋の公開期間:2019年11月16日(土)〜12月1日(日)
時間:10:00〜16:30(16:00受付終了)
料金:大人 600円/小学生 300円
アクセス:京都市バス5系統「真如堂前」「錦林車庫前」下車徒歩約7分、 又は100系統「宮ノ前町」下車徒歩約5分

2019年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/11/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -