星野リゾート トマムの客室大公開!リゾナーレトマムとザ・タワーの違い

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

星野リゾート トマムの客室大公開!リゾナーレトマムとザ・タワーの違い

星野リゾート トマムの客室大公開!リゾナーレトマムとザ・タワーの違い

更新日:2019/10/10 15:08

ろぼたんのプロフィール写真 ろぼたん 週末の旅人、北国グルメ推進委員会
星野リゾートの中で、最も敷地面積の広い星野リゾート トマム。「ザ・タワー」と「リゾナーレトマム」というシンボル的な2つのホテル施設があり、どちらに宿泊しようか迷う人も多いのでは?

今回はニーズにあった過ごし方ができるように、それぞれの宿泊施設の雰囲気や客室の特徴を重点的にご紹介します。予約の前にチェックしてお役立てください。

星野リゾート トマムには2つのタイプの違う宿泊施設がある

星野リゾート トマムには2つのタイプの違う宿泊施設がある

写真:ろぼたん

地図を見る

星野リゾート トマムは約1,000ヘクタールもの広大な自然に囲まれている北海道最大級の滞在型リゾートです。春〜秋にかけては雲海テラスやファーム体験、冬にはスキー場、アイスヴィレッジで雪や氷の体験といった北海道の四季を満喫するアクティビティが充実しています。

星野リゾート トマムには2つのタイプの違う宿泊施設がある

写真:ろぼたん

地図を見る

星野リゾート トマムにはニーズにあわせて選べる2つのホテル「リゾナーレトマム」(写真右側の2棟)と「ザ・タワー」(写真左側の2棟)や、数多くのレストランがあります。

宿泊プラン限定の体験を除き、ほぼ全てのツアー、アクティビティはどちらの宿泊施設に滞在しても体験可能。

星野リゾート トマムには2つのタイプの違う宿泊施設がある

写真:ろぼたん

地図を見る

一度に体験できる人数が限られるものについては予約の必要な場合が多いので、体験したいものが決まっているなら事前予約がおすすめ。WEB予約なら料金が割引されてお得に。

アイスヴィレッジ内にできる「氷のホテル」(写真)の場合、見学は予約不要、宿泊体験は予約必要となります。

アクティビティ、絶景、北海道グルメといった“雄大な北海道の自然の恵みを楽しむ”ことは星野リゾート トマムを訪れれば体験できますが、旅行の目的にあった宿泊施設やアクティビティを選ぶことで更に旅の満足度はアップします。

雄大な北海道のリゾート滞在ができる「リゾナーレトマム」

雄大な北海道のリゾート滞在ができる「リゾナーレトマム」

提供元:星野リゾート トマム

https://www.snowtomamu.jp地図を見る

最初にリゾナーレトマムをご紹介しましょう。リゾナーレトマムは、全ての客室が100平米以上のスイート。リビングと寝室、バスルームからなる「スイートツイン(100平米)」と、更に副寝室が加わった「スイートフォース(120平米)」の2タイプの客室が基本です。とにかく…広い!

雄大な北海道のリゾート滞在ができる「リゾナーレトマム」

提供元:星野リゾート トマム

https://www.snowtomamu.jp地図を見る

1フロアに客室が4つのみということもあり、館内全ての空間使いが贅沢です。

星野リゾート トマムの敷地入口から最も奥にあり、リゾナーレトマム宿泊客又はレストランなどの施設予約した人だけが訪れるという特別感があります。

宿泊客が大勢いてもそれを感じないほど、ゆったりしたリゾナーレトマムでこんなに宿泊客がいたの?と驚くタイミングは、雲海テラス行きの始発バスに乗る時。リゾナーレトマム宿泊者限定でいち早く雲海テラスに到着できるため、雲海目当ての宿泊客がバスの始発時間にあわせてロビーに集まることが多いのです。

日の出時間やその日の天候などもチェックして利用してみてくださいね。

雄大な北海道のリゾート滞在ができる「リゾナーレトマム」

写真:ろぼたん

地図を見る

客室全てに展望ジェットバスと個室サウナがあるのも特徴。これらは好きなときに入りたい放題。ロビーに入った瞬間に漂うリゾナーレトマムオリジナルのひのきの香りなど、さりげないおもてなしを含めて、ラグジュアリーな滞在をしたいならリゾナーレトマムがおすすめです。

リゾナーレトマムを愉しみつくす「Books&Cafe」と「デザインスイートルーム」

リゾナーレトマムを愉しみつくす「Books&Cafe」と「デザインスイートルーム」

写真:ろぼたん

地図を見る

四季折々の自然を感じられる「マカンの庭」とその景観を楽しみながら寛げる「Books&Cafe」(写真)はリゾナーレトマム宿泊者限定のパブリックスペース。ソフトドリンク、コーヒー、紅茶などが無料。季節によってはふるまい酒(ワインやお酒)などがあることも。

リゾナーレトマムを愉しみつくす「Books&Cafe」と「デザインスイートルーム」

写真:ろぼたん

地図を見る

「リゾートステイの愉しみは客室でゆっくり過ごすこと」という人はデザインスイートルームの宿泊がおすすめ。リゾート内でテイクアウトしたお食事を部屋でいただくという気兼ねのない過ごし方だって、ミニバーにあるカトラリーを利用すればオシャレに。景観のよい客室で過ごす贅沢な時間になります。

写真のデザインファイブスイートルームは、客室全体の明るい雰囲気も魅力。機能性とデザイン性の高さを感じることでしょう。

リゾナーレトマムを愉しみつくす「Books&Cafe」と「デザインスイートルーム」

提供元:星野リゾート トマム

https://www.snowtomamu.jp地図を見る

シックでオシャレな雰囲気のデザインスイートツインルームは大人の女子旅、夫婦旅におすすめ。デザインスイートルームは、高層階となる28階にあるというのもポイント。寛ぎながら景色が楽しめるよう設計が工夫されています。

気象条件が整えば、客室内の大きなソファやクッションにゴロンと寝転がって、雲海やトマムの山々、夜には星空を一望できます。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

アクティビティ・アクセス重視なら「ザ・タワー」

アクティビティ・アクセス重視なら「ザ・タワー」

写真:ろぼたん

地図を見る

ザ・タワーの客室数は535室。幅広いニーズに対応できる様々なタイプの客室があります。ファミリーツインやファミリーフォースは小上がりスペースに低床ベッドがあり、小さなお子さんがいても安心な設計。

ベビーがいる場合は、「ままらくだルーム」というママのストレスを軽減できる工夫の詰まった客室も。特にザ・タワーのままらくだルームの設置フロアには「全自動洗濯機」「乾燥機」「電子レンジ」があり、アメニティ類も充実しています。(ままらくだルームはリゾナーレトマムにもあり)

アクティビティ・アクセス重視なら「ザ・タワー」

提供元:星野リゾート トマム

https://www.snowtomamu.jp地図を見る

最もコンパクトなスタンダードツインの客室は24.20平米〜27.20平米と一般的なシティホテルとそれほど広さに違いはありません。星野リゾートの他ブランド、「星のや」や「界」といった施設と比較するとコンパクトに感じるかも。

でも、あなたの旅の目的がアクティビティやグルメの体験を重視するものだったなら、実はザ・タワーでの宿泊はおすすめ。

というのも、ザ・タワーはホタルストリートなどのレストラン、ファームエリアへ距離が近く、アクティブに過ごすのにぴったりだから。敷地の広い星野リゾート トマムで立地が移動に便利なんです。

シンプルでカジュアルなステイをする分、ディナーや、アクティビティを充実させてリゾート滞在を愉しむという選択肢が広がります。

アクティビティ・アクセス重視なら「ザ・タワー」

提供元:星野リゾート トマム

https://www.snowtomamu.jp地図を見る

特別な客室以外はユニットタイプのバス・トイレで、カジュアルな印象のザ・タワーですが、広いフォース、ファイブタイプの客室もあります。こちらは50平米〜64平米とゆったりとした広さが。家族連れやグループ旅行で、部屋が分かれることなく宿泊できる客室があるのは嬉しい限り。

「雲ルーム」と「鮭ルーム」で星野リゾート トマムだけの特別な滞在を

「雲ルーム」と「鮭ルーム」で星野リゾート トマムだけの特別な滞在を

写真:ろぼたん

地図を見る

星野リゾートらしいとびきりの体験ができる客室に泊まりたいというワガママなあなたにぴったりな客室もあります。ひとつは「雲スイートルーム」というコンセプトルーム。「雲ベッドルーム」、「雲泡バスタイム」、「雲アメニティ」と超絶ふわふわ体験のできる1室限定の客室です。

「雲ルーム」と「鮭ルーム」で星野リゾート トマムだけの特別な滞在を

写真:ろぼたん

地図を見る

こちらも1室限定ですが、鮭の可愛さに驚愕の「鮭ルーム」も乙女心を掴んで離しません。鮭の切り身や姿をデザインしたグッズに、いくら丼をイメージしたバスタイムまで。滞在することが特別な体験になる楽しいが詰まった客室です。

これらの客室での滞在を更に盛り上げる宿泊プラン(「雲ガールステイ」「鮭旅」)もあります。それぞれ特別な朝食やディナー、アクティビティがセットになっていて、通常の宿泊プランでは味わえないスペシャルな滞在ができます。特別な旅行をしたい人におすすめです!

「雲ルーム」と「鮭ルーム」で星野リゾート トマムだけの特別な滞在を

写真:ろぼたん

地図を見る

星野リゾート トマムでの滞在のイメージはできたでしょうか。

客室も含めてゆったりラグジュアリーに過ごしたいならリゾナーレトマム、アクティブにリゾートを遊ぶならザ・タワー。これを基本として、体験したいアクティビティ、グルメをプラスしていってください。

きっと忘れられない北海道旅行になりますよ!

ザ・タワーとリゾナーレトマムの営業期間をチェック

最後にそれぞれの宿泊施設の営業期間をチェックしておきましょう。リゾナーレトマムは夏季シーズン、ザ・タワーよりも例年営業期間が短いので、絶対リゾナーレトマムのスイートに泊まりたい…という場合は注意してくださいね。

・リゾナーレトマム営業期間
夏季:2019年6月1日〜10月31日
冬季:2019年12月1日〜2020年3月31日

・ザ・タワー営業期間
夏季:2019年4月27日〜10月31日
冬季:2019年12月1日〜2020年4月4日

2019年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

取材協力:星野リゾート トマム

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2016/06/12−2019/09/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -