フォトスポットもカフェも!「Kuala Lumpur City Gallery」

| マレーシア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

フォトスポットもカフェも!「Kuala Lumpur City Gallery」

フォトスポットもカフェも!「Kuala Lumpur City Gallery」

更新日:2019/10/10 15:10

aki sakuraのプロフィール写真 aki sakura フィリピン在住ライター
クアラルンプールの人気スポットと言えば、「I LOVE KL」のモニュメント。各旅行会社が企画するツアーにも、その場所での記念撮影が組み込まれています。

実はこのモニュメント、隣接するギャラリーの展示のひとつ。様々なコンセプトの展示物やショップ、カフェなど、他にも見どころがたくさんあります。記念撮影だけではもったいない、Kuala Lumpur City Galleryの魅力をご紹介します。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

KL観光では外せない!「I LOVE KL」のモニュメント

KL観光では外せない!「I LOVE KL」のモニュメント

写真:aki sakura

地図を見る

LRTのMasjid Jamek駅から徒歩10分ほどのところにあるムルデカ・スクエア。「ムルデカ」はマレー語で独立を意味し、独立広場とも呼ばれます。地元の人たちの憩いの場としてはもちろん、周辺に歴史的建物が集まるこの場所は観光スポットとしても人気があります。

その中のひとつが、今回ご紹介する「Kuala Lumpur City Gallery」。スケールモデルや木材アートなどを手掛けるARCHが運営する私設ギャラリーです。入り口付近に設置された「I LOVE KL」のモニュメントは、クアラルンプールを訪れる観光客に大人気のフォトスポット。写真撮影のために、いつもたくさんの人たちが並んでいます。

クアラルンプールの歴史を学ぶ

クアラルンプールの歴史を学ぶ

写真:aki sakura

地図を見る

Kuala Lumpur City Galleryは、幾つかの展示スペース、ギフトショップ、カフェから構成されています。歴史ある建物の中に足を踏み入れると、最初に展示されているのが、クアラルンプールの歴史が学べる「Old Kuala Lumpur」です。

クアラルンプールの歴史を学ぶ

写真:aki sakura

地図を見る

クアラルンプールの名前の由来、街の成り立ち、英国植民地時代から独立までの歴史などが紹介されています。もちろん説明は英語ですが、当時の写真や印刷物、ARCHが手掛けた模型なども展示されており、それらを見て回るだけでも楽しめます。

フォトジェニックな立体展示を楽しむ

フォトジェニックな立体展示を楽しむ

写真:aki sakura

地図を見る

2階には「KL Reflection」というタイトルの展示スペースがあります。ARCHが制作した9つのユニークな作品が展示され、思い思いの写真を撮影する観光客で賑わっています。

フォトジェニックな立体展示を楽しむ

写真:aki sakura

地図を見る

一番人気は、ムルデカ・スクエア前にあるSultan Abdul Samad Building(スルタン・アブドゥル・サマド・ビル)をモチーフにしたもの。実物では見ることのできない、鏡に映ったように美しく反転した建物が宙に浮き、不思議な写真が撮れるこの展示前には、たくさんの人が順番待ちをしています。精巧に作られた模型は必見です。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

木材のアートが手に入る!「ARCH Gift Shop」

木材のアートが手に入る!「ARCH Gift Shop」

写真:aki sakura

地図を見る

1階にはギフトショップが併設されています。まず目を引くのは、壁一面に飾られた木工細工の数々。薄い木材を組み合わせて作られた作品はまさに芸術品。ぜひ近くでじっくりと味わっていただきたい美しさです。

木材のアートが手に入る!「ARCH Gift Shop」

写真:aki sakura

地図を見る

このギフトショップでは、ARCHの木工細工をはじめ、様々なマレーシア土産を購入することができます。おススメは、木工細工が美しいしおりやマグネット。ARCHの作品をRM12.00〜、日本円で約320円〜(2019年10月現在)と、手頃な値段で購入することができ、コンパクトでかさばらないのでお土産に最適です。

ドリアンケーキが人気の「ARCH Cafe」

ドリアンケーキが人気の「ARCH Cafe」

写真:aki sakura

地図を見る

ギフトショップの横にはカフェスペースもあります。マレーシア料理やスイーツがいただけますが、カフェの一押しはドリアンケーキ。味だけではなく見た目にもドリアンが再現され、写真映え間違いなしの一品です。

「果物の王様」と呼ばれるドリアン。その独特の香りから飛行機や一部ホテルなど公共の場への持込が禁止されています。日本ではあまり馴染みがない南国のフルーツ、気になる方は旅の想い出にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ドリアンケーキが人気の「ARCH Cafe」

写真:aki sakura

地図を見る

クアラルンプールの歴史を学び、ユニークな写真撮影を楽しみ、美しい木工細工も購入できる、見どころたくさんのKuala Lumpur City Gallery。I LOVE KLのモニュメントを見に来たら、ぜひギャラリーの中も覗いてみてください。

Kuala Lumpur City Galleryの基本情報

住所:No. 27, Jalan Raja, Dataran Merdeka, 50050 Kuala Lumpur, Malaysia
電話番号:+60-3-2698-3333
時間:9:00〜18:00
料金:RM10.00 /人 ※2歳未満は無料
アクセス:LRT Masjid Jamek駅から徒歩約10分

2019年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/08/26 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -