石田三成の本陣で眠る!彦根観光の宿は「ホテルサンルート彦根」へ

石田三成の本陣で眠る!彦根観光の宿は「ホテルサンルート彦根」へ

更新日:2019/10/18 11:56

塚本 隆司のプロフィール写真 塚本 隆司 ぼっち旅ライター
戦国ファンなら胸が躍るほど話題の多い滋賀県。なかでも国宝彦根城がある彦根市は人気のスポットです。彦根で宿泊する戦国ファンには「ホテルサンルート彦根」をおすすめします。なぜなら、戦国武将・石田三成のコンセプトルームがすごいんです。石田三成ファンならきっと泊まりたくなるはず。ひこにゃんルームも見逃せません。
他にも観光客にうれしいサービスがいっぱい。彦根観光を楽しくしてくれるホテルです。

JR彦根駅前、徒歩1分の駅近「ホテルサンルート彦根」

JR彦根駅前、徒歩1分の駅近「ホテルサンルート彦根」

写真:塚本 隆司

地図を見る

JR彦根駅前のロータリーに、立派な彦根藩初代藩主・井伊直政公の像があります。人気の撮影スポットでもありますが、その背後に目を向ければ大きな「ホテルサンルート彦根」の看板。駅から徒歩1分の好立地にあります。

JR彦根駅前、徒歩1分の駅近「ホテルサンルート彦根」

写真:塚本 隆司

地図を見る

国宝・彦根城への玄関口にあるだけに、観光客にうれしい数々のサービスがあります。駐車料金はチェックイン前・チェックアウト後も無料、レンタサイクルも無料、彦根城などの割引切符、コーヒーが何杯でも24時間無料で飲めるのには驚きです。

JR彦根駅前、徒歩1分の駅近「ホテルサンルート彦根」

写真:塚本 隆司

地図を見る

その中でも、一番の注目がコンセプトルームです。
写真は「石田三成ルーム」への扉を開くルームキー。入室前からワクワクさせてくれます。

石田三成もびっくり!石田三成ルーム

石田三成もびっくり!石田三成ルーム

写真:塚本 隆司

地図を見る

室内に入れば、陣幕に包まれ、のぼり旗が掲げられた石田三成本陣の中です。ベッドメイクも石田三成特別仕様。「大一大万大吉」の文字が存在感を放っています。

石田三成もびっくり!石田三成ルーム

写真:塚本 隆司

地図を見る

奥には、なんと床几のしつらえも。どんと腰を据え、テレビを見つめるのもなかなか乙です。

石田三成もびっくり!石田三成ルーム

写真:塚本 隆司

地図を見る

陣幕の向こう(窓の外)に目をやれば、佐和山がすぐそこに。「三成に過ぎたるもの」と称された佐和山城がここにあったのかと思うと感慨もひとしおです。

コンセプトルームには、うれしいお土産付き

コンセプトルームには、うれしいお土産付き

写真:塚本 隆司

地図を見る

部屋を楽しむだけではありません。室内にお茶の用意があります。三成と秀吉の出会いの逸話にちなみ、その名も「三献茶セット」。近江で取れた3種類のお茶が用意されているので好みの温度で楽しめます。

コンセプトルームには、うれしいお土産付き

写真:塚本 隆司

地図を見る

持ち帰り用のグッズも付いています。佐和山城の宿泊手形と石田三成仕様のミニ扇子。歴史ファンなら、うれしくて笑みがこぼれる逸品です。
(内容は変更される場合があります)

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

ひこにゃんいっぱいのコンセプトルームも

ひこにゃんいっぱいのコンセプトルームも

提供元:ホテルサンルート彦根

https://sunroute.net地図を見る

コンセプトルームは、石田三成ルームだけではありません。彦根のゆるキャラ、ひこにゃんルームもあります。部屋の中は、ひこにゃんでいっぱい。こちらもファンにはたまりませんね。

ひこにゃんいっぱいのコンセプトルームも

提供元:ホテルサンルート彦根

https://sunroute.net地図を見る

もちろん、持ち帰りグッズもひこにゃんです。クリアファイルやボールペン、メモ帳、タオル、ストラップ、ハンカチ、ぬいぐるみが1名につき1セット付いてくる大盤振る舞い。
(内容は変更される場合があります)

ひこにゃんいっぱいのコンセプトルームも

写真:塚本 隆司

地図を見る

石田三成ルームもひこにゃんルームもそれぞれ1室限定で早い者勝ち。写真は通常のツインルーム。明るい室内は清潔感もあり気持ち良く過ごせます。料金は、コンセプトルームより少し安価になります。
もちろん「ホテルサンルート彦根」にはシングルルームもあり、ビジネスや一人旅など幅広く利用できます。

夜はバーで石田三成カクテル、朝食はしっかりと

夜はバーで石田三成カクテル、朝食はしっかりと

写真:塚本 隆司

地図を見る

夜はホテル1階の本格バー「Salon Bar Thistle〜サロンバー・シスル〜」をおすすめします。特に歴史ファンなら、武将にちなんだオリジナルカクテルを。
写真は「石田三成」。三献茶のエピソードにインスピレーションを受けたという一杯をオリジナルグラスでいただきます。

サロンバー・シスルは昼のランチも人気で、特に近江牛ハンバーグはクセになる味です。詳しくは関連MEMOから紹介記事を参照ください。

夜はバーで石田三成カクテル、朝食はしっかりと

写真:塚本 隆司

地図を見る

ホテルサンルート彦根は朝食も人気です。「和食セット」のバランスがとれたメニューに加えバイキングコーナーがあり、パンやヨーグルトなど種類が豊富で満足のいく内容です。

夜はバーで石田三成カクテル、朝食はしっかりと

写真:塚本 隆司

地図を見る

ホテルロビーの売店は、品ぞろえが豊富。特にひこにゃんグッズは、他ではあまり見かけないレア商品もあります。
人気の御城印シールや彦根の名産など、帰りに土産物店に立ち寄らなくてもいいほどの品ぞろえがあるのは、うれしいですね。

石田三成ファンなら泊まらないと「サンルートホテル彦根」

ホテルサンルートといえば全国展開のチェーン店ホテルですが、「ホテルサンルート彦根」だけのコンセプトルームや彦根愛があふれでるサービスは、彦根旅を楽しくしてくれます。
歴史ファン、特に石田三成ファンなら泊まらずにはいられないホテルじゃないでしょうか。どんな一夜になるか楽しみですね。

2019年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/09/27−2019/09/28 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -