静岡袋井「遠州三山ライトアップ」〜法多山・油山寺・可睡齋〜

静岡袋井「遠州三山ライトアップ」〜法多山・油山寺・可睡齋〜

更新日:2019/11/13 18:12

麻生 のりこのプロフィール写真 麻生 のりこ 元観光バスガイド、ご当地マンホーラー
静岡県袋井市の紅葉名所として知られる法多山と油山寺。それに可睡齋を加えた遠州三山では、2019年11月15日から12月15日まで夜間のライトアップが楽しめます。
法多山の本堂は厳かに、油山寺では三重塔が闇夜に赤く浮かび上がり幽玄な雰囲気。可睡齋は温もりを感じるさせるライトアップと、三山三様。それぞれ趣向を凝らしたライトアップです。
静岡行き新幹線プランの価格をチェック!(AD)
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

闇に浮かぶ荘厳な本堂・法多山

闇に浮かぶ荘厳な本堂・法多山

写真:麻生 のりこ

地図を見る

JR袋井駅から東方向へ約4.5キロ。紅葉の名所として知られる法多山(はったさん)尊永寺では、2019年11月15日(金)から12月8日(日)までの期間中、毎晩、日没〜20:30まで紅葉のライトアップが楽しめます。

山門から長く続く参道は一定間隔で置かれた灯篭に明かりがともり、ライトアップ期間中はこのような感じに。

闇に浮かぶ荘厳な本堂・法多山

写真:麻生 のりこ

地図を見る

深い緑に囲まれた真言宗の古刹・法多山の開創は奈良時代のこと。行基上人が正観世音菩薩をこの地に安置したのが始まりです。

階段を上った先で参拝者を迎えてくれる本堂を照らすのは、2018年に導入されたLEDのフルカラー投光器。時間の経過とともに紫や青、緑、黄色などに変化し、暗闇の中、本堂が厳かに照らし出されます。

闇に浮かぶ荘厳な本堂・法多山

写真:麻生 のりこ

地図を見る

赤く色づいた紅葉は、ライトアップされることによりさらに鮮やかに。葉の重なり具合で微妙に異なる陰影は、いつまでも見飽きませんね。見る者を魅了する美しさと言えましょう。

<法多山の基本情報>
住所:静岡県袋井市豊沢2777
電話番号:0538-43-3601
アクセス:東名高速道路「掛川」I.Cから約15分

幻想的な参道に魅入られる・油山寺

幻想的な参道に魅入られる・油山寺

写真:麻生 のりこ

地図を見る

袋井市の北部に位置し「目の霊山」として知られる医王山油山寺のライトアップ期間は、2019年11月15日(金)から12月15日(日)までの1ヶ月間。境内を120基ほどのLEDライトで毎晩照らします。

掛川城の元大手門を移築した山門から本堂へ延びる参道は、ご覧のように幻想的な光景に。足元のライトに導かれるように紅葉並木を歩いた先にある宝生殿は、参道とはまた違う雰囲気です。

幻想的な参道に魅入られる・油山寺

写真:麻生 のりこ

地図を見る

遠州三山の中で一番古い歴史を持つ油山寺の霊域は山全体。国指定重要文化財の三重塔や静岡県指定重要文化財の薬師本堂へ行く間には、観音堂やるりの滝などが見られます。

こちらは奈良時代の女帝孝謙天皇ゆかりの「るりの滝」。天皇が御眼病の折に御眼をこの滝の霊水で洗ったところ、完治したとの言い伝えが残ります。ライトアップ期間中は、その滝も青白く神秘的。

幻想的な参道に魅入られる・油山寺

写真:麻生 のりこ

地図を見る

源頼朝が眼病平癒のお礼にと建立したのが始まりで、「安土桃山期の三名塔」と言われる三重塔は山頂の薬師本堂手前に。朱塗りの美しい塔がライトアップでさらに燃えるように浮かび上がる様子を、この機会にぜひご覧くださいね。

参道から三重塔までは薄暗い階段を上るので、懐中電灯などがあると便利です。日没前にこちらまで上り、ライトアップされた三重塔を観てから下るのもお勧め。

<油山寺の基本情報>
住所:静岡県袋井市村松1番地
電話番号:0538-42-3633
アクセス:東名高速道路「袋井」I.Cから約13分

温かく落ち着いた雰囲気・可睡齋

温かく落ち着いた雰囲気・可睡齋

写真:麻生 のりこ

地図を見る

徳川家康とゆかりの深い萬松山可睡齋では、山門までの階段下に温もりあふれる本物のティーライトキャンドルが灯ります。キャンドルへの点火はなんと手作業。

温かく落ち着いた雰囲気・可睡齋

写真:麻生 のりこ

地図を見る

ゆらゆらと揺らめく炎を見つめていると、なんだか心が落ち着きませんか? これは"1/fゆらぎ"と呼ばれ、リラックス効果が。

2019年は、このほかに寸又峡で行われる和紙明かり展の作品を並べたり、瑞龍閣にステンドグラスのランプを並べる予定です。瑞龍閣は元日から開催される「可睡齋のひなまつり」会場としても有名です。

温かく落ち着いた雰囲気・可睡齋

写真:麻生 のりこ

地図を見る

本殿前のイルミネーションと、階段下の紅葉、そして池の周りの紅葉もライトアップ。特に池の周りの紅葉は、水面に反射させる優しい色のライトアップです。

可睡齋のライトアップ日程は法多山や油山寺よりも少なく、ライトアップ初日の2019年11月15日(金)から12月8日(日)まで週末の日没〜20:30です。

<可睡齋の基本情報>
住所:静岡県袋井市久能2915-1
電話番号:0538-42-2121
アクセス:
JR袋井駅から路線バスが運行
東名高速道路「袋井」I.Cから約5分
※可睡齋は可睡斎と表記されることがあります

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

遠州三山で幻想的な夜を

一晩で三山を回ったり、じっくりと一晩一山ずつ鑑賞したりと、寺院×ライトアップの楽しみ方は人それぞれ。限定御朱印をいただけるところもあります。

法多山と油山寺は、それぞれのライトアップ期間中は全日鑑賞できますが、可睡齋は初日および週末のみの開催なので、お気をつけくださいね。秋の夜のひとときを遠州三山ライトアップですごしてみませんか?

2019年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2018/11/25−2018/12/07 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -