札幌を徒歩で巡る3時間のフォトジェニックモデルコース

札幌を徒歩で巡る3時間のフォトジェニックモデルコース

更新日:2019/10/25 16:24

ろぼたんのプロフィール写真 ろぼたん 週末の旅人、北国グルメ推進委員会
出張、旅行の拠点としてはもちろん、北海道旅行の初日や最終日の宿泊地となることも多い札幌。今回はさっぽろ駅から徒歩3時間で巡れる観光コースを札幌在住の筆者がご案内。

札幌で絶対見たいテッパンの王道スポットを網羅しつつ、はじめてさんから二度目、三度目の旅行者まで楽しめるモデルコースです。スイーツ、カフェ、お土産や札幌の各スポットを効率的に巡るために知っておきたいポイントも伝授します。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う、県境をまたいだ移動の自粛が2020年6月19日より解除されます。また県境をまたぐ観光については「徐々に行い、人との間隔を確保すること」というガイドラインが政府より示されています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

1時間で徒歩観光!北海道大学で必見のフォトスポット

1時間で徒歩観光!北海道大学で必見のフォトスポット

写真:ろぼたん

地図を見る

北海道大学の緑あふれるキャンパスは北大生はもちろん札幌市民の憩いのスポット。さっぽろ駅北口から歩いて7〜8分で正門です。

正門からのアクセスもいいですが、今回は北13条門から北大へ。約380mにわたるイチョウ並木の入口にあたります。(この最初の移動だけさっぽろ駅から北12条駅まで地下鉄を使うという手も◎ 1km分の体力と時間が節約できます)

イチョウ並木の先のT字路にでたら左折。右手にレストランエルムと中央食堂、コップパンがあります。平日の11時半〜13時以外であれば学生食堂を観光客も利用できます。

1時間で徒歩観光!北海道大学で必見のフォトスポット

写真:ろぼたん

地図を見る

その先にある「北海道大学総合博物館」は最新の研究の展示や劇レアの標本資料などが見られる場所。小腹が空いているなら、館内1階のカフェスペース「ミュージアムカフェぽらす」へ。展示テーマにあわせたコラボメニューをチェック。

過去には「地層パフェ」、「シマエナガソフト」、「タピ土器」などがSNS上で話題に。ソフトクリームや道内産にこだわった野菜を使ったカフェメニューが人気です。

中央食堂(学生食堂)と総合博物館の間の道を進むと有名なポプラ並木に出ます。

1時間で徒歩観光!北海道大学で必見のフォトスポット

写真:ろぼたん

地図を見る

ポプラ並木を眺めたら来た道を博物館まで戻って、メイン通りをさっぽろ駅方面(南)へ。「クラーク像」があります。外観の見学のみとなりますが、赤い屋根の「旧図書館」、緑の屋根の「旧昆虫学及養蚕学教室」、白亜の洋館「古河講堂」もフォトジェニック。様々な建築様式を楽しめます。

小川と緑が美しい中央ローンを超えると北大正門が見えます。ここで右手へ。緑色の屋根の門衛所を目印に南門を抜けましょう。

・ココがポイント
北海道大学の散策は1時間を目安に。本気の観光をすると4時間かかることも。

<北海道大学の基本情報>
住所:札幌市北区北8条西5丁目

オシャレなレンガ建築!「赤れんが庁舎」と「北菓楼 札幌本館」

オシャレなレンガ建築!「赤れんが庁舎」と「北菓楼 札幌本館」

写真:ろぼたん

地図を見る

北大から南へ徒歩で約10分。「赤れんが庁舎」に到着。2019年10月から改修工事がはじまり内部見学はできませんが、赤レンガテラスの並木道や庁舎の中庭も季節を感じられる札幌らしいスポットです。

・ココがポイント
北海道大学南門からは赤れんが庁舎の姿が確認できて道に迷いません。混雑する駅前を通らずにすむ道です。

<赤れんが庁舎の基本情報>
住所:札幌市中央区北3条西6丁目

オシャレなレンガ建築!「赤れんが庁舎」と「北菓楼 札幌本館」

写真:ろぼたん

地図を見る

「赤れんが庁舎」の前をすり抜けるように縦断。西5丁目と6丁目の間を進んでいくと、左手に「北菓楼札幌本館」があります。お土産購入はもちろん、カフェやランチにもおすすめ。

野付の帆立のスパゲティ、ホタテ・カレーの中には大きな帆立がゴロゴロ。北菓楼自慢のオムライス(写真)は“ふわとろ”と“かため”で卵の焼き加減を選べるのも嬉しい!

オシャレなレンガ建築!「赤れんが庁舎」と「北菓楼 札幌本館」

写真:ろぼたん

地図を見る

1階で購入したソフトクリームなどのスイーツは、店内横のベンチで食べることも可能。夏ならテイクアウトして大通公園のベンチでいただくのも◎

・ココがポイント
もとは図書館だった建物を世界的な建築家安藤忠雄氏のデザインで現在の店舗の形に。美しい建築にも注目!

<北菓楼 札幌本館の基本情報>
住所:札幌市中央区北1条西5丁目1-2

大通公園とさっぽろテレビ塔、札幌市時計台で定番スポットを網羅

大通公園とさっぽろテレビ塔、札幌市時計台で定番スポットを網羅

写真:ろぼたん

地図を見る

北菓楼から南へ1条進めばそこは大通公園。左手に「さっぽろテレビ塔」が見えます。季節毎にイベントが多数開催される大通公園は札幌を訪れたらマストで立ち寄るべきスポット。大通公園を散策しましょう。

・ココがポイント
写真の大通公園西4丁目噴水の次の通りの地下は、さっぽろ駅からすすきのまで「地下歩行空間(チカホ)」でつながっています。雨や雪の日はチカホ散策がおすすめ。

<さっぽろテレビ塔の基本情報>
住所:札幌市中央区大通西1丁目

大通公園とさっぽろテレビ塔、札幌市時計台で定番スポットを網羅

写真:ろぼたん

地図を見る

北海道土産で人気の「白い恋人」。ISHIYA直営店が札幌大通西4ビルにあり、空港では購入できない直営店限定商品をGETできます。入口付近のステンドガラスがフォトジェニックです。

・ココがポイント
通常バラ売りしていない「白い恋人」や「美冬(みふゆ)」が1枚から購入できたり、「白い恋人」が3枚セットでパッケージされたプチギフト(200円)が購入できるのはこの店舗だけ。

<札幌大通西4ビル ISHIYA SHOPの基本情報>
住所:札幌市中央区大通西4丁目6番地1

大通公園とさっぽろテレビ塔、札幌市時計台で定番スポットを網羅

写真:ろぼたん

地図を見る

「札幌市時計台」はさっぽろテレビ塔から徒歩で数分のスポット。毎朝9時15分からは、職員による時計の巻き上げのデモンストレーションを見学できます。

・ココがポイント
時計台を撮るフォトスポットは建物正面横に設置された撮影台と道路を渡った向かいの「MNビル」の2階。時計台の全景が撮れます。

<札幌市時計台の基本情報>
住所:札幌市中央区北1条西2丁目

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

写真映え最強!さっぽろ創世スクエアとサッポロファクトリー

写真映え最強!さっぽろ創世スクエアとサッポロファクトリー

写真:ろぼたん

地図を見る

時計台すぐそばの「さっぽろ創世スクエア」は放送局、カフェ、レストラン、図書館、劇場まで入った複合施設です。札幌の珈琲好きで知らない人のいない「モリヒコ」もこの施設内に。この店舗限定のフルーツサンドは最強にフォトジェニック!

・ココがポイント
「さっぽろ創生スクエア」には北海道テレビ放送(HTB)が入っています。HTB本社限定商品や北海道発の有名な番組「水曜どうでしょう」グッズも購入できます。

<さっぽろ創世スクエアの基本情報>
住所:札幌市中央区北1条西1丁目6

写真映え最強!さっぽろ創世スクエアとサッポロファクトリー

写真:ろぼたん

地図を見る

創世川を渡って東へ。重厚なレンガとツタのモフモフ加減がフォトジェニックなサッポロファクトリーレンガ館に立ち寄りましょう。

写真映え最強!さっぽろ創世スクエアとサッポロファクトリー

写真:ろぼたん

地図を見る

店内でのお買い物もいいですが、札幌観光としてのおすすめは札幌産ビール発祥の地である「札幌開拓使麦酒醸造所 見学館」とレンガ館の雰囲気を愉しむこと。

・ココがポイント
建物裏の「札幌開拓使麦酒・賣捌所」でさっぽろビールがいただけます。1杯280円!

<サッポロファクトリー レンガ館の基本情報>
住所:札幌市中央区北2条東4丁目

札幌観光をあと1時間延長したい!おすすめスポットは?

札幌観光をあと1時間延長したい!おすすめスポットは?

提供元:和洋折衷喫茶 ナガヤマレスト

http://wondercrew.jp/nagayamarest/地図を見る

サッポロファクトリーの館内(アトリウム)を通って更に東へ抜けると「永山記念公園」が。和洋折衷な文化財である「旧永山武四郎邸」の見学やレトロ可愛い喫茶店「ナガヤマレスト」で3時間の札幌観光は終了です。

・ココがポイント
有形文化財の中のカフェメニューはフォトジェニック度満点!夜カフェ利用(22時まで)もできます。

<ナガヤマレストの基本情報>
住所:札幌市中央区北2条東6丁目2番地 永山記念公園内

札幌観光をあと1時間延長したい!おすすめスポットは?

写真:ろぼたん

地図を見る

テンポよく観光した人やあと1時間くらい時間に余裕があるという人には、カフェ利用もお土産購入もできる「SATURDAYS CHOCOLATE(サタデイズ チョコレート)」が断然おすすめ。

・ココがポイント
札幌のファクトリーカフェで全てハンドメイドしているチョコ専門店。カカオ豆ごとのテイストやフレーバーを活かしたココだけのチョコレートを味わえます。

<サタデイズチョコレートの基本情報>
住所:札幌市中央区南2条東2丁目7-1 SALMON1F

札幌観光をあと1時間延長したい!おすすめスポットは?

写真:ろぼたん

地図を見る

スイーツ以外のものを食べたい人におすすめなのが「二条市場」。さっぽろテレビ塔やサタデイズチョコレートから徒歩約3分ほどの場所です。海鮮丼なども食べられますが、海老や牡蠣、雲丹など1個からその場で買って食べられる観光客に嬉しいサービスをする店舗が多いですよ。

・ココがポイント
多くの店舗が朝7時くらいから夕方まで営業。朝から観光したい人にもおすすめ。

<二条市場の基本情報>
住所:札幌市中央区南3条東1丁目〜東2丁目

さっぽろ駅から徒歩15分圏内!何度でも楽しめる札幌の定番スポット

3時間のモデルコースということでご案内しましたが、気に入ったカフェでゆっくりしたり、お土産選びに夢中になると3時間はあっという間。周りきれない人もいるかも。

今回ご紹介したモデルコースの各スポットはさっぽろ駅まで徒歩15分圏内です。絶対にこの時間までにさっぽろ駅に行きたい…という場合は、+10分程度の余裕を持って観光をきりあげ、さっぽろ駅に戻りましょう。その際は乗り慣れない公共の交通機関を使うより徒歩の方が確実です。

ご紹介したスポットは単独で訪れるなら1時間で見学できます。四季の美しさや旬の札幌を感じられるスポットなので、季節をかえて訪れてください。

<モデルコース内のフォトジェニックな被写体>
1.北海道大学(イチョウ並木、ポプラ並木、古河講堂、クラーク像など)
2.赤れんが庁舎と中庭
3.北菓楼 札幌本館
4.大通公園とテレビ塔
5.イシヤカフェのステンドガラス
6.札幌市時計台
7.創生スクエア(MORIHICO. 藝術劇場)
8.サッポロファクトリーレンガ館
9.ナガヤマレスト
10.サタデイズチョコレートの店内とチョコ
11.二条市場の新鮮な海鮮

2019年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/10/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -