畑で泊まれるレストラン!北海道三笠市「エカラ」で農園ランチを満喫

畑で泊まれるレストラン!北海道三笠市「エカラ」で農園ランチを満喫

更新日:2019/10/23 11:17

猫田 しげるのプロフィール写真 猫田 しげる 編集者、ライター
札幌から1時間半ほどの三笠市萱野にある「EKARA(エカラ)」。農家でもあるオーナーが、地域活性を目指し宿泊もできるレストランとしてオープンしました。自家栽培した野菜で作るランチを味わうもよし、ワインとともにディナーを楽しむもよし。畑の中で泊まるという贅沢な体験もできますよ!
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

周りは全て畑。ぽつんと一軒家レストラン

周りは全て畑。ぽつんと一軒家レストラン

写真:猫田 しげる

地図を見る

三笠市萱野。札幌市内から1時間半ほど車を走らせると見えてくる、畑と田んぼが広がる農村地帯。「本当にここにレストランが?」とそろそろ不安になってきた頃、「EKARA」の褐色の建物が姿を現します。

大きな棟はレストラン、二つの小さな棟はコテージ。ここは、宿泊も可能な“滞在型レストラン”なのです。

周りは全て畑。ぽつんと一軒家レストラン

写真:猫田 しげる

地図を見る

仄暗いエントランスの奥に扉が。その向こうには、開放感のある明るいレストラン店内が現れます。

周りは全て畑。ぽつんと一軒家レストラン

写真:猫田 しげる

地図を見る

オーナーの鈴木秀利さんは三代続く「三笠すずき農園」の代表。「農村に人を呼べないか」と考え、知人のイラストレーターやカメラマン、飲食店関係者、アウトドア関係者らと「MIKASA萱野プロジェクト」を始動。1日限りの畑レストランや、田植えプロジェクトなどの活動を続けてきました。その集大成としてオープンさせたのが「EKARA」です。

木を多用した内装と、薪窯の炎が印象的な店内

木を多用した内装と、薪窯の炎が印象的な店内

写真:猫田 しげる

地図を見る

窓を大きく取った店内は、外の畑を眺められるよう設計。北海道の木をふんだんに使い、カウンターやオープンキッチンを備え、開放的な空間に仕上げました。

木を多用した内装と、薪窯の炎が印象的な店内

写真:猫田 しげる

地図を見る

ピザ窯が特徴的。「生の火を使うことにこだわりました。昔から田舎の農村には火が不可欠でした。火のあるところに人が集まるものです」と鈴木さんは想い入れを語ります。

木を多用した内装と、薪窯の炎が印象的な店内

写真:猫田 しげる

地図を見る

金子智哉シェフはこの店のために札幌から移住。自家製の生地で作ったピッツァをこの窯で焼き上げます。

農園プレート&野菜のピッツァで畑を丸ごと味わえる

農園プレート&野菜のピッツァで畑を丸ごと味わえる

写真:猫田 しげる

地図を見る

ランチは下記の通り。
「畑」農園のプレート+ピッツァ 1800円
「森」農園のプレート+薪で焼いた6種の野菜とお肉のプレート 2300 円
「空」農園のプレート+ラザニアまたはピッツァ、肉料理、デザート、ドリンク 3800円
※いずれも税抜き価格

ピッツァは6種ほどからチョイス。季節で変わる野菜のピッツァ(+300円)がオススメです。

農園プレート&野菜のピッツァで畑を丸ごと味わえる

写真:猫田 しげる

地図を見る

農園のプレートはその日の食材によって変わります。こちらは鹿肉のコロッケ、カボチャと小豆のテリーヌ、自家製鶏ハムとレンコンのチップス、枝豆と豆乳のムースなど。農園で採れた野菜や、近郊の生産者が作る食材など、地元産にこだわっています。

農園プレート&野菜のピッツァで畑を丸ごと味わえる

写真:猫田 しげる

地図を見る

写真の野菜のピッツァは、農園で採れたルッコラペーストに春菊をもりもり載せたピッツァ!
苦みがあるというイメージの春菊ですが、全くえぐみもなく、柔らかく「力」を感じるフレッシュな味わい。パルメザンとモッツァレラの2種のチーズとの相性も抜群です。

ディナーは、農園のプレート、パスタ、ピッツァ、肉料理、デザートまで付く「Kayano 萱野」4500 円、おまかせ 全 7 品コース8500円、おまかせ 全10品コース12500円。※いずれも税抜き価格、予約制

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

コテージは一棟貸しで家族やグループにもおすすめ

コテージは一棟貸しで家族やグループにもおすすめ

写真:猫田 しげる

地図を見る

コテージは一見こぢんまりして見えますが、中はかなり広いんです。1棟貸しで、最大4人まで宿泊できます。
同じ形の2棟が向きを変えて建っています。

コテージは一棟貸しで家族やグループにもおすすめ

写真:猫田 しげる

地図を見る

旭川家具などを配し、木のぬくもりあふれるシンプルなインテリア。寒そう!と思われがちですが、冬は暖かく、夏涼しく、通気性も良いという木造建築の良さを活かした設計です。

コテージは一棟貸しで家族やグループにもおすすめ

写真:猫田 しげる

地図を見る

なんとお風呂は檜!シャワーもレインシャワーを使用しており、快適性は抜群です。

コテージの宿泊料は下記の通り。1棟1泊朝食付き
1名36000 円、2名42000円、3名48000円、4名54000円
冬季は価格が変わります。

育てたリンゴでいずれはシードルを!

育てたリンゴでいずれはシードルを!

写真:猫田 しげる

地図を見る

畑ではリンゴの木を育成中。いずれはこのリンゴを使ってシードルを作るそうですよ。楽しみですね。

三笠はワイナリーも増え、学生レストランや美味しいスイーツのお店もあるなど注目を集めている場所。ぜひEKARAを拠点にして、農村風景&食材を楽しむグルメな旅はいかがでしょう。

札幌から足を伸ばしてぜひ「EKARA」へ!

札幌にも食の魅力が満載ですが、三笠はまた違った風景や味に出会える場所。「EKARA」では田んぼづくりや農業のイベントも今後実施予定。北海道に一歩踏み込んだ旅が楽しめますよ!

2019年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/10/07 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -