まるでスコットランド!NZダニーデン1日観光モデルコース

まるでスコットランド!NZダニーデン1日観光モデルコース

更新日:2019/10/22 08:18

手塚 大貴のプロフィール写真 手塚 大貴 バックパッカー旅の提案人、スポーツ観戦トラベラー
自然豊かなニュージーランドに、スコットランドのような雰囲気の街があるのを知っていますか?その街とは、南島のダニーデン。19世紀、スコットランド移民によって築かれた、「南のエディンバラ」と称される街です。
スコットランド風の建築が美しい駅や大学、花々が咲き乱れる植物園、そしてギネスブックに掲載された世界一の急坂まで。バグパイプの音色が聞こえてきそうな、ダニーデン1日観光モデルコースをご紹介します。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

AM10時 ダニーデンの旅は城塞のような駅舎から

AM10時 ダニーデンの旅は城塞のような駅舎から

写真:手塚 大貴

地図を見る

19世紀、ゴールドラッシュでやってきたスコットランド移民によって築かれたダニーデン。街には今もスコットランド風建築が多く残り、他のニュージーランドの街とは異なる雰囲気が漂っています。

そんなダニーデンを巡る旅は、街のシンボル・ダニーデン駅舎からスタート。1903〜06年に建てられた、城塞のように美しい駅です。

AM10時 ダニーデンの旅は城塞のような駅舎から

写真:手塚 大貴

地図を見る

自由に見学できる内部も、まるで宮殿のような豪華さ。2階へ上がると、蒸気機関車が描かれたステンドグラスがあるのでぜひ見てみて。もくもくと煙を上げる機関車は、ダニーデン駅の歴史を物語っています。

AM10時 ダニーデンの旅は城塞のような駅舎から

写真:手塚 大貴

地図を見る

ホームへ足を踏み入れると、映画のワンシーンにでも出てきそうな重厚な雰囲気。ダニーデン駅は、タイエリ峡谷鉄道の発着駅でもあるので、日程に余裕のある人は、ここから鉄道の旅に出てみるのもいいでしょう。

<ダニーデン駅舎の基本情報>
住所:22 Anzac Ave, Dunedin, 9016
電話番号:+64-3-477-4449
営業時間:8:00〜20:00
アクセス:オクタゴンから徒歩7分

AM11時 スコットランド風建築が集まるオクタゴンへ

AM11時 スコットランド風建築が集まるオクタゴンへ

写真:手塚 大貴

地図を見る

スコットランド風建築がとくに多く集まるのが、オクタゴンと呼ばれる八角形の広場。ここが街の中心で、カフェやレストランも並ぶ憩いの場。なかでもセント・ポール大聖堂と市議会議事堂は、オクタゴンに面し、威厳を競い合うように建っています。

AM11時 スコットランド風建築が集まるオクタゴンへ

写真:手塚 大貴

地図を見る

オクタゴンの南東に建つのが、ネオゴシック様式のファースト教会。内部へ入れば、美しいバラ窓やステンドグラス、パイプオルガンに出会えます。

AM11時 スコットランド風建築が集まるオクタゴンへ

写真:手塚 大貴

地図を見る

時間があったら立ち寄りたいのが、ダニーデンの地ビール・スパイツの醸造所。ガイドツアー形式で見学でき、ツアー後にはビールの試飲も可能。また併設のビアレストラン、スパイツ・エールハウスでは、ビールと一緒に食事も楽しめるので、昼食に利用するのもオススメです。

<スパイツ・エールハウスの基本情報>
住所:200 Rattray St, Dunedin, 9016
電話番号:+64-3-471-9050
営業時間:11:45〜14:00、17:00〜21:00
アクセス:オクタゴンから徒歩7分

PM1時 NZ最古の大学!オタゴ大学を歩こう

PM1時 NZ最古の大学!オタゴ大学を歩こう

写真:手塚 大貴

地図を見る

ダニーデンを代表するスコットランド風建築のひとつが、ニュージーランド最古のオタゴ大学。1869年開学の長い歴史を誇る大学です。

世界的な名門として知られ、多くの留学生も集まるオタゴ大学。2019年、ラグビー日本代表をワールドカップで快進撃に導いた、現ヘッドコーチのジェイミー・ジョセフ氏も、この大学の卒業生です。

PM1時 NZ最古の大学!オタゴ大学を歩こう

写真:手塚 大貴

地図を見る

オタゴ大学のシンボルが、美しくそびえる時計塔。広大なキャンパスの中でも最も古い部分で、1878年にゴシック様式で建てられたもの。定時には鐘が鳴るので、その音色に耳を澄ませてみましょう。

<オタゴ大学の基本情報>
住所:362 Leith St, North Dunedin, Dunedin 9016
電話番号:+64-3-479-7000
アクセス:オクタゴンから徒歩20分

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

PM2時 丘陵地に広がるダニーデン植物園を散策

PM2時 丘陵地に広がるダニーデン植物園を散策

写真:手塚 大貴

地図を見る

天気が良い日にぜひ立ち寄りたいのが、ダニーデン植物園。アッパーガーデンとロウアーガーデンからなる、ニュージーランド最古の植物園です。

約6800種の植物が見られ、春のシャクナゲのほか、色とりどりに咲き誇るバラ園も人気。ダニーデンと姉妹都市の北海道小樽市によってデザインされた日本庭園もあります。

PM2時 丘陵地に広がるダニーデン植物園を散策

写真:手塚 大貴

地図を見る

ダニーデン植物園の特徴は、自然の地形を活かし、丘陵地に広がっていること。展望台からは、坂の多いダニーデンの街並みを見渡せます。散策に疲れたら、園内のカフェで一休みするのもいいでしょう。

<ダニーデン植物園の基本情報>
住所:12 Opoho Rd, North Dunedin, Dunedin 9016
電話番号:+64-3-477-4000
開園時間:日中随時入園可
アクセス:オタゴ大学から徒歩15分

PM3時 世界一の急坂!ボールドウィン・ストリートへ

PM3時 世界一の急坂!ボールドウィン・ストリートへ

写真:手塚 大貴

地図を見る

最後に訪れるのは、ダニーデンで1番人気のスポット、ボールドウィン・ストリート。ギネスブックにも掲載された、「世界で最も急な坂道」です。

最近でこそ、イギリス・ウェールズの「フォース・ペン・スレック」に抜かれましたが、世界一の急坂の「元祖」としての人気は健在。世界中から観光客が集まる名所になっています。

PM3時 世界一の急坂!ボールドウィン・ストリートへ

写真:手塚 大貴

地図を見る

壁のようにそそり立つ、ボールドウィン・ストリート。実際に上り始めれば、その急角度ぶりにびっくりするはず!勾配35%(19度)と、まるでスキー場のゲレンデを上っているかのようです。

PM3時 世界一の急坂!ボールドウィン・ストリートへ

写真:手塚 大貴

地図を見る

頑張って坂のてっぺんに辿り着けば、自然豊かなダニーデンの街を一望。ダニーデンの旅を締めくくるに相応しい、達成感を得られます。

もう1日余裕があれば、アホウドリやペンギンに出会えるオタゴ半島に足を延ばしてみるのもいいでしょう。

<ボールドウィン・ストリートの基本情報>
住所:Baldwin St, North East Valley, Dunedin 9010
電話番号:+64-22-615-6115
アクセス:ダニーデン植物園近くのバス停からルート8、Normanby行きのシティバスで約6分、「North Rd,275」下車すぐ

ニュージーランドの新たな魅力に出会えるダニーデンへ!

ダニーデンは、クライストチャーチやクイーンズタウンほど、日本人観光客の訪れない穴場の街。まだ多くの日本人の知らない、ニュージーランドの新たな魅力に出会える街です。

スコットランド風建築が並び、のんびり散策するのにぴったりのダニーデン。その魅力を味わいに、ニュージーランドを巡る旅の途中でぜひ立ち寄ってみてください。

2019年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/04/22−2019/04/23 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -