王道から新進気鋭の一杯まで!絶品「高山ラーメン」4選

王道から新進気鋭の一杯まで!絶品「高山ラーメン」4選

更新日:2019/10/22 11:21

土庄 雄平のプロフィール写真 土庄 雄平 日本深掘りサイクリスト、アウトドアフォトグラファー、B級グルメ探訪家
様々な名物グルメが根付く飛騨高山の看板グルメと言えば「高山ラーメン」!鶏ガラベースのあっさり醤油に極細ちぢれ麺を合わせたシンプルな一杯は、市民の味として定着しており、市内には数多くのラーメン屋さんが軒を連ねています。「君の名は。」で主人公が好んで食べていたことでも有名ですね!そんな高山ラーメンは、店ごとに個性が強いのも特徴です。王道から新進気鋭の一杯までバラエティ豊かな4杯を紹介していきましょう!
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

今や高山を代表する名店!「麺屋しらかわ」の絶品中華そば

今や高山を代表する名店!「麺屋しらかわ」の絶品中華そば

写真:土庄 雄平

地図を見る

高山市街の至る所にラーメン屋が立ち並ぶ中で、随一の人気を誇る名店「麺屋しらかわ」。メニューは"中華そば"一択という潔さですが、その一杯で行列を生み出しており、その味は伊達ではありません。

スープを口に入れた瞬間、醤油と魚介の旨味が押し寄せて、そのあとに酸味が余韻として香り、ちぢれ麺との相性も抜群!また、キレを生むブラックペッパーもアクセントになっています。ついついスープまで飲み干してしまう癖になる一杯です。

また、家族経営ということで、温かい雰囲気で旅人を迎えてくれるのも嬉しいですね。忙しい中でもお客さんとのコミュニケーションを大切にしている点も人気の理由でしょう。身も心も温まり、思わずほっと一息つける場所ですよ。

<麺屋しらかわの基本情報>
住所:岐阜県高山市相生町56-2
営業時間:11時〜13時半、21時〜翌朝1時
定休日:火曜日
電話番号:0577-77-9289
アクセス:高山駅から徒歩15分

地域から末永く愛される!「高砂中華そば」の王道中華そば

地域から末永く愛される!「高砂中華そば」の王道中華そば

写真:土庄 雄平

地図を見る

高山市街から少し南下した飛騨一ノ宮にお店を構える「高砂中華そば」は、地域に愛されるスタンダードな高山ラーメンの老舗。

定番の中華そばは醤油を主体としていながら、日高昆布や煮干しのダシがよく効いており、深いコクも感じられる上品な一杯。高山ラーメンらしい優しく飽きの来ない味わいは、世代を問わず地域の人々に永く愛されている理由でしょう。黄金色の見た目も、食欲をかき立ててくれますね!高山を訪れたら一度は頂きたい王道的な一杯です。

また、隠れ高山名物である"赤かぶの漬物"は、高山ラーメンの優しい味わいにパンチを与えてくれる存在。ラーメンを食べながらこの漬物を食べると、口の中が旨味倍増ですよ。

<高砂中華そばの基本情報>
住所:岐阜県高山市石浦町2-383
営業時間:平日11時〜18時、土日祝11時〜19時
定休日:火曜日
電話番号:0577-33-3661
アクセス:高山市街から車で10分

新ジャンルのパイオニア!「豆天狗」のコク旨 高山つけ麺

新ジャンルのパイオニア!「豆天狗」のコク旨 高山つけ麺

写真:土庄 雄平

地図を見る

"高山ラーメン"から一線を画したジャンル「高山つけ麺」をご存知でしょうか?大きく違うのは、高山ラーメンが細麺を使った言わば、中華そば風なのに対して「高山つけ麺」はもっちもちの太麺を使っていること。またスープも太麺に合うように改良されているのが特徴です。

そんな高山つけ麺のパイオニア「豆天狗」では、唯一無二の絶品つけ麺が食べられます。高山ラーメンの濃い醤油ダレをベースに、煮干しをはじめとした魚介がアクセントになり、サラサラのスープながら太麺とよく絡んでくれて、食べ応え抜群!そして甘・辛・酸の味変もスープへ仕掛けられており、その塩梅も絶妙です。

またデフォルトで味付け煮卵が付いており、中華そば用と完全に別物の極太メンマが乗せられている辺りにも、こだわりを感じさせます。

<豆天狗 高山本店の基本情報>
住所:岐阜県高山市八軒町2-62
営業時間:11時〜19時
定休日:火曜日
電話番号:0577-33-5177
アクセス:高山駅から徒歩15分

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

深みを感じる無化調スープ!「麺屋とと」の進化系中華そば

深みを感じる無化調スープ!「麺屋とと」の進化系中華そば

写真:土庄 雄平

地図を見る

2017年にオープンした新進気鋭の高山ラーメン店「麺屋とと」が提供するのは進化系中華そば!鶏ガラを主体としている本流とは異なり、魚介出汁をふんだんに用いているのが特徴です。そのためスープの見た目も淡麗系の王道の高山ラーメンと一線を画しています。この形となった理由は、店主が和食出身であり、自分にしか作れないラーメンを追求した結果なのだとか!

一度スープを啜れば、出汁の優しい味わいが口いっぱいに広がります。様々な旨味を感じるのに、しっかりまとまっており、細い縮れ麺との相性も秀逸!食べれば食べるほど身体に染み渡っていく、そんなほっこりする美味しさです。柔らかいレアチャーシューも絶品!

また、お客さんを温かく迎えてくれる店主の人柄の良さや、飛騨高山らしい古民家風の小洒落た雰囲気で頂ける点も魅力的でしょう。

<麺屋ととの基本情報>
住所:岐阜県高山市総和町1-50
営業時間:11時〜14時半、18時半〜21時半
定休日:木曜日
電話番号:0577-36-3751
アクセス:高山駅から徒歩15分

個性豊かな「高山ラーメン」巡り!好みの一杯を見つけよう

オリジナルのスープを軸に各店が強い個性を出しているのが「高山ラーメン」の特徴!一つのジャンルの中でも、醤油&鶏ガラでまとめた王道的な一杯から、魚介の存在感を強めて旨味と深みを高めた一杯まで、実に様々なバリエーションを有しています。またその中には、ラーメンという領域を出て、つけ麺という新ジャンルで地位を確立する名店も!

伝統と変化が混じりながら、日々新しいラーメンの形が作り出されているのが飛騨高山。そんなラーメン文化が熱いこの場所で、自分好みの一杯を探してみてはいかがでしょうか?

2019年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2016/09/26−2019/08/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -