二年詣とご来光と富士山!箱根・明神ヶ岳トレッキング

二年詣とご来光と富士山!箱根・明神ヶ岳トレッキング

更新日:2019/12/16 11:37

佐久田 隆司のプロフィール写真 佐久田 隆司 トレッキングハンター、ネイチャーカメラマン
雄大なロケーションで初日の出を楽しめる箱根「明神ヶ岳」は、年をまたぐ「二年詣」もできます。登山口の大雄山最乗寺は由緒ある古刹で参拝客も多く、日の出に合わせたトレッキングで、山頂からは素晴らしい赤富士も眺められます。年末は交通機関も終夜運行するため、心に残るご来光が見られるはず。積雪もさほどなく登山ルートは迷うところはありません。あなたもぜひ明神ヶ岳にチャレンジしてみてはいかがでしょう。
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

雄大なご来光が眺められる穴場!明神ヶ岳

雄大なご来光が眺められる穴場!明神ヶ岳

写真:佐久田 隆司

地図を見る

神奈川県箱根町と南足柄市にまたがる「明神ヶ岳(みょうじんがたけ・1169m)」は、箱根外輪山の一つとして丹沢山塊側と箱根側を区切るように長い稜線が特徴的な山。山頂からの眺望は素晴らしく、ご来光も遮られず眺められます。

この界隈の山でご来光が楽しめる人気の山は、大山、塔ノ岳などの丹沢の南に面する山と、駒ヶ岳などの箱根山の一部、その中間に位置する明神ヶ岳となります。ですが塔ノ岳はルートが険しく、大山は混雑がすごく、箱根駒ヶ岳は日の出時間に合わせ、宿への前泊が必要です。

その点、明神ヶ岳は登山口に大雄山最乗寺があり、人気の「二年詣」スポットならではの、年末の公共交通機関の終夜運転があり便利です。

雄大なご来光が眺められる穴場!明神ヶ岳

写真:佐久田 隆司

地図を見る

山頂からは湘南を挟み相模湾、箱根を挟んで富士山、さらに丹沢山塊の山々が眺められます。ご来光を眺める場合は湘南や小田原市内などの夜景も素晴らしく、刻一刻と染め上げられる赤い空が印象的です。

雄大なご来光が眺められる穴場!明神ヶ岳

写真:佐久田 隆司

地図を見る

陽が上がる前の夜景はまさに神秘的。うっすらと海が輝き街の明かりも煌びやかに描きだされます。

御来光に染めつくされる富士山は感動的

御来光に染めつくされる富士山は感動的

写真:佐久田 隆司

地図を見る

明神ヶ岳の場合、相模湾から日が昇るので富士山はご来光の反対側になります。よって、ご来光の赤い光が差し出すと、富士山は真っ赤に染まっていき、色も徐々に変化しとても感動的な光景が楽しめます。

御来光に染めつくされる富士山は感動的

写真:佐久田 隆司

地図を見る

ご来光は富士山にとどまらず、明神ヶ岳の山腹や箱根の山々も赤く染めていきます。ご来光だけでなく、赤富士の変化も楽しめるとても贅沢な山が明神ヶ岳。障害物もさほどなく、前後を振りかえるだけでこの共演が楽しめるのだから、贅沢な場所といえるでしょう。

御来光に染めつくされる富士山は感動的

写真:佐久田 隆司

地図を見る

完全に陽が上がっても、富士山の風情はしばらく変化します。赤からピンク、そして白へといつまでも見飽きることがありません。

山頂は広くベンチもあり、周辺の山々が一望

山頂は広くベンチもあり、周辺の山々が一望

写真:佐久田 隆司

地図を見る

箱根外輪山の明神ヶ岳は非常に稜線の長い山。鋭く尖った山頂とは違う広く平らな山頂です。ベンチも置かれ昼間ならお弁当をいただくにも最適なところ。箱根を広く見渡せる景観は、明神ヶ岳のいいところです。

山頂は広くベンチもあり、周辺の山々が一望

写真:佐久田 隆司

地図を見る

丹沢山塊はまさに対面にあり、こちらもほぼその姿をとらえることができます。その右側に目をやると相模湾と湘南の街が広がっています。

動画:佐久田 隆司

地図を見る

ここでは明神ヶ岳山頂からのご来光の様子を動画に収めてあります。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

いつも登山客が絶えない人気の山

いつも登山客が絶えない人気の山

写真:佐久田 隆司

地図を見る

明神ヶ岳は低山ですが、常に人気のある山です。アクセスがよく眺望もよいので多くの登山客といつもすれ違います。とはいえ、大山や塔ノ岳といった山に比べれば比較的すいています。

いつも登山客が絶えない人気の山

写真:佐久田 隆司

地図を見る

大雄山最乗寺から明神ヶ岳山頂までの往復だとしても、休憩を挟まず約5時間、距離にして9.5kmあります。最乗寺へ下りずに箱根側に下山するとしても4時間30分、距離にして8.4kmですから、低山といってもそれなりの体力は必要になります。

いつも登山客が絶えない人気の山

写真:佐久田 隆司

地図を見る

ルートの整備状態は良いですが、季節によっては植物でルートが隠れ気味になることもあります。しかし分岐点は一か所ぐらいで、道迷いすることは少ないでしょう。道標も要所にはしっかり設置されています。

ただし山中には山小屋はなく、ルート途中に朽ち果てた見晴小屋がある程度です。山頂やこの界隈の山域はテント禁止なので、御来光を眺めるには日の出時間に合わせて上りださなくてはいけません。例年の元旦の日の出時間は午前7時ごろ!逆算して山頂で無駄に待つ時間がないように調整しながら登ります。

元旦の山頂の気温は、おおよそマイナス5度前後から0度ぐらいの間です。汗をかきすぎると体が冷えて低体温症になりますから、汗をかかないようにゆっくり登り、山頂では防寒対策が必須になります。もちろんヘッドライトと軽アイゼンは携行しておかなければいけません。

<明神ヶ岳の基本情報>
住所:神奈川県足柄下郡箱根町宮城野
電話番号:0465-73-8031 (南足柄市 商工観光課 商工観光班)
アクセス:大雄山最乗寺境内から徒歩

登山口の大雄山最乗寺で二年詣をしてから

登山口の大雄山最乗寺で二年詣をしてから

写真:佐久田 隆司

地図を見る

年末は最乗寺に参拝する方のためバスや電車が終夜運行されます。ご来光を眺めるとすると逆算して遅くても4時にはスタートしたいところでしょう。終夜バスに乗って最乗寺で二年詣したのちに、上りだすのが賢明です。

登山口の大雄山最乗寺で二年詣をしてから

写真:佐久田 隆司

地図を見る

最乗寺は600年の歴史を持つ曹洞宗の古刹。素晴らしい伽藍が立ち並んでいます。飲食店なども出店し、にぎやかな大晦日を迎えます。

登山口の大雄山最乗寺で二年詣をしてから

写真:佐久田 隆司

地図を見る

<大雄山最乗寺の基本情報>
住所:神奈川県南足柄市大雄町1157
電話番号:0465-74-3121
アクセス:伊豆箱根鉄道大雄山線「大雄山」駅下車。伊豆箱根バスにて「道了尊」行き10分。終点下車

二年詣とご来光がセットになった贅沢なトレッキング

明神ヶ岳なら大晦日からの二年詣、ご来光、富士山さらに大絶景のおまけがつく初日の出になります。その贅沢な初日の出にあなたもチャレンジしてみては?

2019年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2018/01/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -