絶景の4,000m越境ツアー!ウユニ塩湖からチリ・アタカマ砂漠へ

絶景の4,000m越境ツアー!ウユニ塩湖からチリ・アタカマ砂漠へ

更新日:2019/11/07 16:15

藤谷 ぽきおのプロフィール写真 藤谷 ぽきお アジアLCCトラベラー、トレッキング愛好家、アウトドアコーディネーター
「一生に一度は見たい絶景!ウユニ塩湖・天空の鏡張り」などと呼ばれ、世界中の観光客から大人気のウユニ塩湖ですが、その先にある絶景の4,000m越境コースについてはあまり知られていません。6,000m級の火山、ピンク&グリーンの湖、砂漠の露天温泉&国境越えなど、秘境ならではの絶景の宝庫です。ウユニの街を出発し、チリ北部のアタカマ砂漠の街へ抜ける2泊3日の越境コースをご紹介します。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(トラベルjp)

初日はウユニ塩湖&周辺の見所を満喫!

初日はウユニ塩湖&周辺の見所を満喫!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

南米・ボリビアの首都ラパスから飛行機で約1時間、バスでは約10時間ほど必要な街「ウユニ」が旅の拠点となります。

ツアー初日のスケジュールはウユニ塩湖内の主要な観光地を回ってくれます。塩の精製場所・塩のお土産売場などを回り、通称「列車の墓場」に到着です。廃車となった列車がたくさん置き去りにされていて、日本では滅多にお目にかかれない光景に出会えます。

初日はウユニ塩湖&周辺の見所を満喫!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

次の見所はインカワシ島です。真っ白な塩湖の平原にぽつんと浮かぶ丘で、巨大なサボテンが散在していることで有名な島です。この島には1時間程滞在するので、島内のトレッキングをしながら、巨大サボテンとのツーショット写真など撮りながら楽しみましょう。遠くにはトゥヌパ火山も見えます。

初日はウユニ塩湖&周辺の見所を満喫!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

ウユニ塩湖大平原のまっただ中でのランチタイムは格別です。リャマのお肉にクスクスやサラダの付け合せと果物など、野外ランチにしてはちょっと豪華なものです。多国籍なツアー仲間との話にも花が咲きます。

初日の宿泊地はウユニ塩湖南端の村サン・ファンにある、塩とブロックで作られた宿泊施設で1泊します。ウユニの街周辺にある立派な塩ホテルとは違いますが、壁は半分以上、テーブル・イス・ベッドなどはすべて塩でできています。

4,000m越えの砂漠の絶景のオンパレード!

4,000m越えの砂漠の絶景のオンパレード!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

二日目からは塩湖からは離れ、4,000mを越える高さにある砂漠地帯を旅します。砂漠の景色がどこまでも続く道を行きます。私たちはどこからが道なのか、どれを目印にしているのかなど分からない、道無き道を進みます。

他には何も人工物が見えない砂漠に引かれた一本の線路など、秘境の旅を感じさせてくれます。

4,000m越えの砂漠の絶景のオンパレード!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

6,000mを越えるオヤグエ(Ollague)火山を遠くに見据える絶景など、要所要所に見所があり、停車して休憩&写真撮影の時間をしっかりと取ってくれます。

4,000m越えの砂漠の絶景のオンパレード!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

巨大な火山と真っ平らな砂漠しかないように見えるこのエリアにも、所々に「砂漠の木」と呼ばれる、岩石が砂で削られて出来た奇石群が現れます。木陰で休憩したり、砂漠の木との写真撮影会などを楽しむことができます。

砂漠のランチはナチュラルテラスで?

砂漠のランチはナチュラルテラスで?

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

二日目のランチ場所は、簡易なアウトドアテラスが使われます。6〜7名のツアー参加者が昼食を取るにはちょうど良い位です。

砂漠のランチはナチュラルテラスで?

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

テーブルクロスとお揃いの食器が用意され、セルフサービスで頂きます。

砂漠のランチはナチュラルテラスで?

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

ワンプレートに鶏肉・温野菜・マカロニ・果物などが盛られ、シンプルな塩&胡椒味かケチャップ&マヨネーズなど、好みによって味付けできるようになっています。絶景の中で頂くピクニックランチは最高に美味しく感じます。

6,000m級の山麓の湖にはフラミンゴが!

6,000m級の山麓の湖にはフラミンゴが!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

行程中にはミルキーブルーの「ラグーナ・ベルデ」と、ピンク色に染まりフラミンゴが集まる「ラグーナ・コロナダ」の二つの湖に立ち寄ります。どちらも様々な気象条件が揃えば、色鮮やかな絶景の湖を見る事ができますよ。

6,000m級の山麓の湖にはフラミンゴが!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

フラミンゴの体色がピンクなのは、ピンク色した藻を食べるからですが、ラグーナ・コロナダではそれを目の前で見る事ができます。

二日目の宿はラグーナ・コロナダに程近い場所にあるロッジに宿泊です。この辺りは宿は少ないので、いくつかのツアー観光客が一緒に滞在することになります。高山の砂漠地帯なので、朝晩はマイナス気温となります。十分な防寒着を持参しておきましょう。

砂漠の噴気孔と温泉で目も覚める!

砂漠の噴気孔と温泉で目も覚める!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

最終日は朝陽が上がる前にロッジを出発し、夜明け頃には噴気孔から蒸気があがる「Sol de Manana」へ到着です。マイナスの気温ですが、そこだけ暖かくて不思議な場所です。

砂漠の噴気孔と温泉で目も覚める!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

それも納得!すぐ近くには温泉も湧いており、水着持参なら入ることもできます。4,000m越えの砂漠地帯での早朝温泉風呂「Termas de Polques」は最後のアクティビティーとしては最高のおもてなしですね。簡易な脱衣所もありますので、ぜひとも水着は持参していきましょう。

砂漠の噴気孔と温泉で目も覚める!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

温泉を後に、程なく進むと、ボリビアとチリの国境に辿り着きます。ここでチリからの車を待つことになり、チリからはボリビアに行くツアー客がやってきます。それぞれの観光客が車を乗り換えて、ツアーは続きます。本当のチリの税関所はまだ1時間程先にあり、そこで正式な越境となります。チリのアタカマ砂漠北部のサンペドロ・デ・アタカマの街でこのツアーは終了となります。

(注意点)
・4,000mを越える高地を行くコースとなります。高地順応を済ませて参加する事をお勧めします。
・基本的な三食はツアーに含まれますが、水・スナックなども持参しておくと重宝します。
・朝晩はマイナス気温になることもあります。十分な防寒着を持参しましょう。

ウユニ塩湖で終らずに、その先にある絶景を求めて!

ウユニ塩湖での鏡張りの絶景だけで満足しているあなた!ぜひ、その先にある、更なる大自然が作り出す絶景を目にしてみて下さい。4,000mを越える大地にそびえる火山帯・色鮮やかな湖・信じられない程の絶景内での温泉体験など、他では味わえない体験があなたを待っていますよ。

2019年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/01/07−2015/01/09 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -