チェンマイ旧市街ターペー門のデナガホテルはまるで美術館!

チェンマイ旧市街ターペー門のデナガホテルはまるで美術館!

更新日:2019/11/02 08:08

吉田 彩緒莉のプロフィール写真 吉田 彩緒莉 タイホテル専門家、海外旅行ライター、海外旅行媒体ディレクター
タイの古都チェンマイには素晴らしいデザインのブティックホテルが数多く存在しています。特に旧市街は住宅よりも宿泊施設の方が多いのではないでしょうか?ホテル好きの人にとって泊まり歩くのに最高の街と言えるでしょう。今回はデザインのトータル美が素晴らしい「デナガホテルチェンチェンマイ」をご紹介。飴色の木の床、アンティーク家具ほか「寺院か美術館じゃないの?」と勘違いするほどの濃厚なチェンマイ空間をご覧あれ!

ナイトマーケットも寺院巡りも制せる旧市街ターペー門すぐ側

ナイトマーケットも寺院巡りも制せる旧市街ターペー門すぐ側

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

チェンマイ旧市街のターペー門はライトアップの美しさから、フォトジェニックな観光名所として知られています。しかしそれだけではなく、チェンマイ市街の観光ならターペー門の立地は外せない好ポイント。

旧市街をぐるぐる巡る1人30バーツ(2019年10月のレートで約105円)の乗り合いバスが必ず通る場所でもあるので、交通費の節約もバッチリできます。旧市街の中心部に多い有名な寺院はもちろん、旧市街から少し離れたナイトマーケットも徒歩圏と恵まれた立地です。

ナイトマーケットも寺院巡りも制せる旧市街ターペー門すぐ側

提供元:デナガホテルチェンマイ

http://www.denagahotel.com地図を見る

ターペー門から見える場所に看板はありますが、そこから竹のアーチをくぐった先にデナガホテルチェンマイが姿を現します。その荘厳な佇まいは寺院のよう。デナガの「ナガ」は、タイに伝わる神の一種。大蛇と竜を合わせたような姿をしています。チェンマイの有名寺院「ワットドイステープ」でも見られる、階段の手すりにナガをあしらったデザインが建物の迫力を増大させているようです。

ナイトマーケットも寺院巡りも制せる旧市街ターペー門すぐ側

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

レセプションに入った瞬間、高い天井や東南アジアに伝わる神話の神々のオブジェ、アンティーク家具でまとめられた空間に唖然。これからの滞在を期待させる素晴らしい演出ですが、まるで美術館?ホテルの概念を完全に覆しています。

濃厚なランナー王朝の雰囲気を醸すデナガホテルチェンマイ

濃厚なランナー王朝の雰囲気を醸すデナガホテルチェンマイ

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

ロビーはアンティークの家具や、貴重なオブジェなどが惜しみなく飾られています。誰からも愛された前国王ラマ9世の若かりし頃の肖像画が見守るロビーには、バランスよくソファーを配置。のどの渇きがいつでも潤せるよう、フルーツフレーバーの水が置かれています。重厚でありながらずっと寛いでいたいと思わせる空間造りはさすがです。

濃厚なランナー王朝の雰囲気を醸すデナガホテルチェンマイ

写真:吉田 彩緒莉

東南アジア全域で崇められる象の顔をした神・ガネーシャのオブジェ。

濃厚なランナー王朝の雰囲気を醸すデナガホテルチェンマイ

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

プールはかなり小さめ。「ホテルの宿泊に大きなプールがあるのは絶対条件」という人にはおすすめできませんが、こじんまりとして妙に落ち着きます。プールではハッピーアワーの時間、お酒がお得に飲めるということもあり、バー代わりに使うゲストも多数。観光で汗だくになった身体を冷やしつつ、ここで一杯なんて、オツな使い方ができますね。

蛇神が見守る神秘的なデナガホテルチェンマイの館内と客室

蛇神が見守る神秘的なデナガホテルチェンマイの館内と客室

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

ホテルの建物の中央に鎮座するのは、ここでもやはり蛇神「ナガ」。タイをはじめラオスやミャンマーでも、メコン川に住むと考えられ、一年に一度火球を飛ばすと信じられています(実際に100年以上目撃され、科学的に解明できていない不思議な現象)。

蛇神が見守る神秘的なデナガホテルチェンマイの館内と客室

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

ナガのいるこのスペースはパティオとしてゲストが読書したり、会話を楽しめるスペースになっています。

蛇神が見守る神秘的なデナガホテルチェンマイの館内と客室

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

デナガホテルチェンマイは、一番スタンダードなデラックスルームが狭め。一人旅には問題ないのですが、カップルや友達同士の旅行には少々不向き。できればそれより上のカテゴリーにすることをおすすめします(それでもピークシーズン以外は10000円以内の客室が多数)。

こちらは48平米あるグランドデラックスルーム。ベッドとワーキングデスクだけのシンプルな客室ですが、重厚な装飾がホテル全体のイメージにぴったり。このタイプの客室は、大きなクローゼットと洗面所、バスルームが寝室とは別のエリアにまとまってあり、トランクが広げられる余裕の広さ。そのためベッドルームが荷物で散らかることがなく、快適に過ごせます。

この客室はもちろんですが、全客室にバスタブがあるのもうれしいポイント。タイは5つ星ホテルでもシャワーのみのホテルがあるので、ホテル選びの際は気を付けて。アメニティはノンブランドですが「ジャパニーズグリーンティー」なるボディソープ、シャンプー、コンディショナーです。お茶の香りに包まれると、濃厚なランナー王朝の雰囲気が、一気に日本になってしまうのはご愛敬。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

デナガホテルチェンマイはプレミアデラックスルームがお勧め

デナガホテルチェンマイはプレミアデラックスルームがお勧め

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

このホテルに泊まるなら、おすすめはプレミアデラックスルーム。ホテルには、ベッドとデスク以外に寛げる場所が欲しくないですか?雨期だけではなく、スコールが降ることもあるタイ。部屋でのんびり過ごす時間はとても大切。このカテゴリーの客室には、窓際にソファースペースのあるタイプがあり、ランタン風のライトが配され、とてもロマンティックです。

デナガホテルチェンマイはプレミアデラックスルームがお勧め

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

客室に置かれたコンプリメンタリーのコーヒーはネスプレッソ!五つ星ホテルでもネスカフェの粉状のものを置くホテルがあるタイ。これはうれしいですね。ソファーがあれば、まったりとコーヒーが楽しめる時間がもてます。

このタイプの客室は年末年始やコムローイ祭り(ロイカトーン)、ソンクランなどのピークシーズン以外はだいたい10000円以内。ソファーのある客室は、室数が限られるので、予約の時点で強めのリクエストを。

カフェの朝食が秀逸!ホームメイドのパンがモチモチサクサク

カフェの朝食が秀逸!ホームメイドのパンがモチモチサクサク

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

朝食はホテル併設の「WING26」というカフェでいただきます。併設と言っても、ホテルのエントランスを出たお堀の通りに面し、一般客としても気軽に使える便利なカフェ。デナガホテルチェンマイの濃厚なランナー調の雰囲気からガラッと変わった、オシャレかつカジュアルな雰囲気です。

カフェの朝食が秀逸!ホームメイドのパンがモチモチサクサク

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

品数は5つ星ホテルと比較すると少なめですが、それでも食べきれません。一つひとつ丁寧にカフェのオープンキッチンで作られていて、グリーンカレーやレッドカレー、炒め物などのタイ料理も豊富。ホテルのゲスト数がカフェのスタッフの目が常に行き届く程度なので、正直、多くの観光客でごった返す高級大型ホテルの朝食より、はるかに雰囲気が良く接客も丁寧です。

カフェの朝食が秀逸!ホームメイドのパンがモチモチサクサク

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

ここのホテルで絶対にはずしてはならないもの。それはパン!こちらもカフェ内で焼かれていて、出来たて熱々をいただけます。特にクロワッサンは、サクサクだけではなく、少しもっちりとして、バター感もたっぷり。このパンを食べにこのホテルに戻りたいと感じるほどのレベルです。また、自家製のジャムも生マンゴーの果肉をたっぷり使ったものや、甘さ控えめのイチゴ果肉のジャムがあり、絶品です。

チェンマイは大型ホテルより素敵なブティックホテルに泊まろう!

チェンマイに数多くあるブティックホテル。それぞれに個性があり、オーナーの思いや、おもてなしのコンセプトがあります。どことなく日本にも通じる「粋」な演出があるのも、チェンマイのブティックホテルの面白さ。

五つ星ホテルやチェーンの大型ホテルの安心感がほしいという方もいますが、チェンマイは独立系ブティックホテルの滞在が最高に楽しい街です。特に寺院や旧市街の城壁に溶け込むようなランナー王朝の歴史を感じさせる「デナガホテルチェンマイ」は、タイの古都、チェンマイにいるという思いを強く感じさせてくれる珠玉のブティックホテルです。

チェンマイの他のブティックホテルも見てみたい、という方は、関連MEMOからご確認ください。

2019年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/09/30−2019/10/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -