超充実の宿泊者ラウンジサービス!リッチモンドホテルプレミア京都駅前

超充実の宿泊者ラウンジサービス!リッチモンドホテルプレミア京都駅前

更新日:2019/11/20 13:21

二松 康紀のプロフィール写真 二松 康紀 リゾートホテル旅館客室コンサルタント
「リッチモンドホテルプレミア京都駅前」は京都駅前にあるリッチモンドブランドのプレミアバージョン。上質なサービスが売りで、特にこのホテルは京都激戦区に作られているため、こだわりのある客室と宿泊者なら誰でも受けられる充実したラウンジサービスが特長です。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、外出自粛要請が出されている都道府県があります。各種報道機関の発表や自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)

JR京都駅「中央口」徒歩5分、ゆったり都市型オアシスホテル

JR京都駅「中央口」徒歩5分、ゆったり都市型オアシスホテル

写真:二松 康紀

地図を見る

京都駅前はスモールホテルから大型のホテルまでが揃う、京都市内でも激戦区のホテル地帯です。特長をアピールしないとお客様が集まらないため、各ホテルは料金はもちろん、良質な客室や施設の提供と、サービスが必須になっています。2019年5月にオープンした「リッチモンドホテルプレミア京都駅前」はその2つのバランスがとても良く、オープンから大人気のホテルです。

JR京都駅中央口から徒歩5分。便利な位置にあり、京都観光をする場合、駅前からバスや地下鉄を使えば、京都市内のだいたいの観光地に乗り換え無しで行くことができます。

JR京都駅「中央口」徒歩5分、ゆったり都市型オアシスホテル

写真:二松 康紀

地図を見る

ホテルの入口を入るとすぐ、この中庭をみることができます。いきなりロビーでは無く、手入れされた中庭をみてほっとするのは嬉しいサプライズ!ちょっとした癒やしの空間となっており、思わずここでしばらく立ち止まって写真を撮ったり、眺めている人が多いですよ。

JR京都駅「中央口」徒歩5分、ゆったり都市型オアシスホテル

写真:二松 康紀

地図を見る

ロビーは広く、ソファも多いため、ゆっくりできます。旅行リーフレットコーナーやネット接続された無料パソコンもあるので、とても便利。チェックインは自動精算機で先払いし終了。チェックアウト時には自動精算機に、カードキーを返せばそのまま帰ることが出来るのも便利!

落ち着いたデザインの客室はバスルームが特長

落ち着いたデザインの客室はバスルームが特長

写真:二松 康紀

地図を見る

「リッチモンドホテルプレミア京都駅前」の客室タイプはスタンダード・スーペリア・コンフォート3タイプのシングル・ダブル、ツインはスタンダード、コーナー、スーペリア、プレミアの4タイプにユニバーサルツイン。合わせて8タイプあります。写真はプレミアツインタイプの客室。40〜44平米のこのホテルでは1番広いタイプです。

とても落ち着いた和の趣と色調は、客室デザインコンセプトである「山紫水明」から。客室内の配色が絶妙で、障子のような窓のテイストも他のホテルにはあまりないデザインです。

落ち着いたデザインの客室はバスルームが特長

写真:二松 康紀

地図を見る

ベッドスペースは広々で、リビングスペースもゆったりしています。和テイストのフロアランプとテーブルはリビングのアクセント。ソファも含めのんびりできるスペースです。

落ち着いたデザインの客室はバスルームが特長

写真:二松 康紀

地図を見る

ライティングデスクは独立していて、しっかりノートPCも拡げられる幅があるのが嬉しいポイント。コーヒーマシンもテーブルに置いてあるので、くつろぎながらネットを見ることもできますよ。

バスルームはレインシャワーも付いた洗い場付き

バスルームはレインシャワーも付いた洗い場付き

写真:二松 康紀

地図を見る

ホテルの客室はスタンダードシングルとユニバーサルツイン以外は全てバストイレ別の洗い場付きタイプです。プレミアツインはレインシャワーもあり、バスルームは快適。デザインもシックな彩りで落ち着きます。

バスルームはレインシャワーも付いた洗い場付き

写真:二松 康紀

地図を見る

洗面台も独立していて、プレミアツインはシンクが2つ。さらに照明が側面に付いた女優ミラー。女性にとっては影が無くなるのでメイクも、チェックもしやすく、何より自分の肌がキレイに見えるので、気分も上がりますよ。

バスルームはレインシャワーも付いた洗い場付き

提供元:リッチモンドホテルプレミア京都駅前

https://richmondhotel.jp/kyoto-ekimae/地図を見る

アメニティ類は各部屋共通。ミキモトコスメティクスのシャンプー類を始め、基本のアメニティの他、レディースアメニティも豊富なのが「リッチモンドホテルプレミア京都駅前」の特長です。そのほかにもキッズ用のアメニティもあったり、貸し出し品の種類が豊富なのも嬉しいサービス。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

プレミアならではの設備や備品が嬉しい!

プレミアならではの設備や備品が嬉しい!

写真:二松 康紀

地図を見る

リッチモンド系列の中でも「プレミア」の付くホテルはひと味違います。プレミアツインの客室は冷蔵庫が2ドアタイプ。お土産に買った京漬け物や京都の日本酒など冷やしておきたいものは多くなりがち。そんなときは大型の冷蔵庫があると長期宿泊でお土産が多くなっても安心!

プレミアならではの設備や備品が嬉しい!

提供元:リッチモンドホテルプレミア京都駅前

https://richmondhotel.jp/kyoto-ekimae/地図を見る

またプレミアツインではカプセルドリップ型のコーヒーと紅茶が備え付けられています。セットしてボタンを押すだけで温かい飲み物ができるのはとっても便利ですよ。

プレミアならではの設備や備品が嬉しい!

写真:二松 康紀

地図を見る

その他の備品ではリッチモンドホテルらしく、ズボンプレッサーなども備え付けです。プレミア京都駅前ではアイロンやアイロン台も揃っています。ビジネス需要を知り抜いているリッチモンドならではです。

宿泊客全員へのラウンジサービスが超上質!

宿泊客全員へのラウンジサービスが超上質!

提供元:リッチモンドホテルプレミア京都駅前

https://richmondhotel.jp/kyoto-ekimae/地図を見る

「リッチモンドホテルプレミア京都駅前」のラウンジサービスは、プレミアの客室やスイートの客室ゲストしか使えないものではありません。なんとゲスト全員にラウンジサービスが提供されます。これが凄いポイント!時間帯に応じてさまざまなサービスが受けられます。

朝6時半から11時に朝食が用意され、これらは朝からとても充実したメニュー!日替わりのおばんざいに天ぷら、お寿司、京都に来たら1度は試したい生麩など、朝から盛りだくさんの種類で大満足のはず。なお、朝食は有料となるので、朝食付きプランなどを選択すると良いですよ。

宿泊客全員へのラウンジサービスが超上質!

写真:二松 康紀

地図を見る

14時から16時はアフタヌーンタイムでお茶とお菓子の提供、このお茶の種類が豊富で上質!とにかくお茶好きにはたまらないラインナップで、特にオススメするのは香ばしい香り豊かな京番茶、黒豆ほうじ茶、そして良質で優しい味わいのローズヒップ&ハイビスカスのハーブティーです。

お茶の他に和菓子の提供もあり、ラウンジは広々。京都の和カフェに来ているようで、長居してものんびりできて、外に行かなくても京都の雰囲気を楽しめますよ。急須は鉄瓶、こちらもオシャレで、自分で入れたお茶はいつもよりもきっと美味しく飲むことができますよ。

宿泊客全員へのラウンジサービスが超上質!

写真:二松 康紀

地図を見る

17時から19時はアペリティフタイム。国産ワインやにごり梅ワイン、京都の酒造メーカーの「まつもと」などがお酒類で飲むことができ、ちょっとしたおつまみと一緒に食前酒のように楽しめます。

そして21時から23時まではナイトタイムサービス!京都の漬け物と京番茶の出汁を使用したお茶漬け(ぶぶ漬け)は、京都の1日の締め。とても充実したラウンジサービスは気に入ること間違いないですよ。

朝食以外のアフタヌーンタイムからナイトタイムサービスまでは宿泊者は全員無料でサービスが受けられるのがとっても嬉しいですね。

客室もサービスも上質で満足!

「リッチモンドホテルプレミア京都駅前」はその名の通り、京都駅から至近で観光には便利な場所。さらに上質な客室で過ごして、ゲスト全員が受けられるラウンジサービスを1度経験すると、きっとリピーターになってしまうでしょう!

観光だけでは無く、ホテル内でも快適に過ごせることは実はとても大事。外出してホテルに帰ったときに、どれだけ体を休ませて、心までも休ませられるかは、ホテル選びにかかっています。また泊まってみたくなるホテル、1度試してみませんか?

2019年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/10/07−2019/10/08 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -