渡辺 裕希子のプロフィール写真 渡辺 裕希子 子連れ旅・ひとり旅を愛するトラベルライター
船をイメージした外観が美しい「ヒルトン福岡シーホーク」は福岡のシンボル。客室はすべて博多湾を望むオーシャンビューで、キッズスペースを備えたレストランなど子連れ旅に嬉しい施設とサービスが充実しています。
ヒルトン福岡シーホークなら「福岡タワー」や「福岡 ヤフオク!ドーム」といった人気スポットもすぐそこ!ヒルトンブランドの高いクオリティで、大人も子どもも満足のホテルステイが待っています。(PR)

「ヒルトン福岡シーホーク」は全室オーシャンビューで居心地が抜群!

「ヒルトン福岡シーホーク」は全室オーシャンビューで居心地が抜群!

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

ヒルトン福岡シーホークは全1,053室。さまざまなタイプの客室がありますが、おすすめは2018年4月に改装された「プレミアム」タイプ。22階以上の高層フロアにあり、ドラマチックな景色を満喫できます。博多湾に浮かぶ志賀島(しかのしま)や福岡タワー、「福岡 ヤフオク!ドーム」など、眺めは部屋によって異なるので、予約時にリクエストしてみましょう。内装は博多湾らしい白砂青松の色彩で統一され、まるで豪華客船の客室に滞在している気分が味わえます。

上の写真の「ファミリープレミアムデラックス」は、4人家族にぴったり。部屋の面積は56.1平方メートルと広く、ベッド4台が並んでいてもまだ余裕のあるつくりです。

「ヒルトン福岡シーホーク」は全室オーシャンビューで居心地が抜群!

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

こちらは定員3名までの「ツインプレミアムデラックス」。2室つなげるとコネクティングルームとして利用できます。それぞれにバスルームや洗面化粧台があるので、2世代や2家族での宿泊にもおすすめです。

子どもサイズのルームウェアとスリッパ、歯磨きセットは、すべてのタイプの客室に用意されています。落下を防ぐベッドガードも貸し出し可。洗面化粧台には足踏み台があり、小さな子どもへの気遣いが行き届いています。

「ヒルトン福岡シーホーク」は全室オーシャンビューで居心地が抜群!

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

畳の部屋とベッドルームに分かれた6・7階の「スイート和洋室」も、ファミリーに人気のタイプ。福岡伝統工芸品の湯のみやグラスで八女茶をいただき、畳の上でのんびりゴロゴロ。7階にある宿泊者専用の岩風呂大浴場を無料で利用できる特典もあり、ホテルにいながら旅館の風情を満喫できます。

さらに嬉しいのが、部屋着として久留米かすりのオリジナルもんぺが用意されていること。夏は涼しく、冬は暖かな着心地で、見た目もおしゃれ。親子ペアで着ると、旅の気分が盛り上がりますよ。

キッズスペース付きのレストランで優雅に朝食

キッズスペース付きのレストランで優雅に朝食

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

ホテルで食べる豪華な朝食は、旅の楽しみのひとつ。ヒルトン福岡シーホークの朝は、高さ40メートルの天井から光が降り注ぐ「ブラッセリー&ラウンジ シアラ」で。朝6時のオープンから地元福岡の素材をふんだんに使った料理がずらり。和洋中と、バラエティ豊かなブッフェが楽しめます。

キッズスペース付きのレストランで優雅に朝食

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

ランチタイムには地元の家族連れでにぎわうこのレストラン。その理由は、レストラン内に靴を脱いで遊べるキッズコーナーが設けられていること。子どもが大好きなアニメ番組が上映されているほか、ミニ滑り台やブロックなどもあり、小さな子どもも安心して過ごせる空間となっています。

楽しく遊ぶ子どもの様子を見守りながら、大人は美味しい食事を心ゆくまで。そんな夢のひとときが過ごせますよ。

キッズスペース付きのレストランで優雅に朝食

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

目の前で調理してくれるオムレツやパンケーキはもちろん、名物のバナナブレッドやクロワッサン、蒸したてのシュウマイやチャーハン、温野菜やフルーツなど、どれもこれも魅力的! 和食派には、具材を選べるおかゆや福岡の郷土料理「おきゅうと」も人気で、目移りしてしまうほどのラインナップです。

※ブッフェの内容は日や時期によって異なります。

ホテルの目の前は海! 子連れでの砂遊びや散歩に絶好のロケーション

ホテルの目の前は海! 子連れでの砂遊びや散歩に絶好のロケーション

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

朝夕のお散歩は、ホテルの目の前に広がる「シーサイドももち海浜公園」へ出かけてみましょう。まるで海外のリゾート地のような雰囲気で、夏には海水浴を楽しむ地元の人々でにぎわっています。

海水浴シーズン以外でも、きれいな貝殻を探したり波と追いかけっこをしたりと、子どもの遊びが広がるパラダイス。博多湾に沈む夕陽も美しく、時間がゆっくりと流れていきます。

ホテルの目の前は海! 子連れでの砂遊びや散歩に絶好のロケーション

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

海沿いに遊歩道が整備されているので、ベビーカーでの散歩もラクラク。しばらく歩くと、左手に福岡タワーが見えてきます。また、右手にある港から高速船に乗ると、水族館や動物園がある「海の中道海浜公園」へ行くことも可能。車やバスを利用しなくても、気軽に遊びに行けるのが嬉しいですね。

ホテルの目の前は海! 子連れでの砂遊びや散歩に絶好のロケーション

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

散歩から戻ると、天井が高く広々としたロビーが迎えてくれます。あちらこちらにソファやテーブルがあり、ちょっとした休憩に便利。また、ぬいぐるみが置かれた子ども用のチェックインカウンターがあり、小さな階段も用意されています。自分で名前や住所を書くと、ちょっぴり大人になった気分が味わえますよ。

福岡タワーは子どもも楽しい遊びがいっぱい!

福岡タワーは子どもも楽しい遊びがいっぱい!

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

ホテルから徒歩10分で行ける福岡タワーは、全長234mと日本一高い海浜タワー。地上123mにある展望室からは360度のパノラマが広がり、東に天神や博多の街並み、西には美しい博多湾、南には緑豊かな山々を一望できます。

博多湾に夕日が沈んだ後は、「夜景100選」に選ばれた美しい夜景を満喫。展望室の床に散りばめられた蓄光石が光り、まるで夜空の星のよう。1日のうちいつ訪れても、絶景が楽しめます。

福岡タワーは子どもも楽しい遊びがいっぱい!

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

展望室を一周するスタンプラリーや巨大な天空ガチャ、おみくじピンボール、VR体験など、子どもが楽しめる仕掛けがいっぱい。「景色を見るよりも遊びたい!」という子どもでも、ここなら飽きる心配がなく、大人と一緒に楽しめます。

なかでもユニークなのが、「おみくじピンボール(写真左)」。スイッチを押すと「博多山笠」のかけ声に合わせてピンボールが福岡の名所を進み、落ちた場所の番号にあるおみくじを引く、という仕組み。おみくじが博多弁で書かれているのもポイントで、親子で盛り上がることうけあいです。

福岡タワーは子どもも楽しい遊びがいっぱい!

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

たっぷり遊んだ後は、展望フロア2階にある「スカイ カフェ&ダイニング ルフージュ」へ。全面ガラス張りで、すべての席から福岡の街並みを見下ろす天空のレストランです。店内はカジュアルで、子連れで利用しやすい雰囲気。ケーキやソフトクリームなどのスイーツ類に加えて、パスタやカレーなどの軽食も用意されているので、ランチにも活用できますよ。

<福岡タワーの基本情報>
住所:福岡県福岡市早良区百道浜2-3-26
電話番号:092-823-0234
アクセス:ヒルトン福岡シーホークから徒歩10分

「福岡 ヤフオク!ドーム」のツアーでホークスの選手気分

「福岡 ヤフオク!ドーム」のツアーでホークスの選手気分

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

ヒルトン福岡シーホークの隣は、福岡ソフトバンクホークスの本拠地として知られる「福岡 ヤフオク!ドーム」。野球シーズン中は多くホークスファンでにぎわいますが、試合が開催されていない日でもドーム内を見学できるツアーがあるんです。

全部で8つのコースがありますが、今回参加したのは「ドーム満喫コース」。フィールドに降りて記念撮影ができるほか、プレスカンファレンスルームや3塁側のロッカールーム、ブルペンなどをガイドの案内で見学できます(天候や館内の状況により、コース内容が変更になる場合あり)。

「福岡 ヤフオク!ドーム」のツアーでホークスの選手気分

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

選手が実際に使っているベンチや、記者会見の会場となるプレスカンファレンスルームで、記念撮影! ユニフォームや応援グッズなどを貸してくれるので、臨場感のある楽しい写真が撮れますよ。

また、至近距離で試合を見られる「コカ・コーラシート」や座り心地抜群の「RECAROシート」など、さまざまなタイプの客席に座ることも可能。「こんな席で試合を見てみたいな」と、夢が膨らみます。

ほかに、約30mの高さからドームの屋根を間近で見られる「アドベンチャーコース」、キャッチボールなどの体験ができる「ドーム満喫コース(野球体験付き)」なども人気。ツアーのスケジュールはドームツアーのホームページに掲載されているので、チェックしてみましょう。

<ドームツアーの基本情報>
電話番号:092-847-1699(受付時間9:30〜11:30、12:30〜17:00)
アクセス:ヒルトン福岡シーホークから徒歩すぐ

「福岡 ヤフオク!ドーム」のツアーでホークスの選手気分

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

最後に、子どもと一緒に体験したい福岡グルメを紹介しましょう。福岡のソウルフードといえばラーメンが有名ですが、最近人気なのは「博多うどん」。やわらかく煮込まれたもちもちの麺と、いりこをたっぷり使った香り高い出汁が特徴で、大きなごぼう天がのった「ごぼう天うどん」は、多くの店で提供される定番メニューです。

福岡市内に6店舗を展開している「因幡うどん」は、創業60余年の老舗。北海道羅臼産の天然昆布、長崎五島・島原産の煮干しいりこなど、天然素材のだしにこだわった、身体に優しいうどんが楽しめます。福岡空港のフードコートにもお店があるので、飛行機の到着後や出発前にささっと足を運べるのも嬉しいですね。

<因幡うどん 福岡空港店の基本情報>
住所:福岡市博多区大字下臼井767-1 福岡空港国内線ターミナルビル 2F
電話番号:092-611-1011
アクセス:ヒルトン福岡シーホークからシャトルバスで約30分

キッズフレンドリーで観光にも便利な「ヒルトン福岡シーホーク」へ!

部屋から海を眺めたり目の前のビーチで遊んだりと、都会にいながらリゾート気分が味わえる「ヒルトン福岡シーホーク」は、お部屋やレストランもキッズフレンドリー。「福岡 ヤフオク!ドーム」に隣接している上、福岡タワーや海の中道海浜公園など、子連れに人気のスポットにアクセスしやすいのも魅力です。

福岡空港からホテルへは、直通のシャトルバスで約30分。土・日・祝には地下鉄「唐人町」駅とホテルを結ぶ無料シャトルバスも運行されていて、天神や博多駅とも気軽に行き来できます。ヒルトン福岡シーホークは、福岡旅行の拠点として、自信を持っておすすめしたいホテルです。

※2019年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトでご確認ください。

【この記事は ヒルトン とのタイアップです】

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/10/19−2019/10/20 訪問
LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ