鎌倉紅谷の体験型店舗「クルミッ子ファクトリー」が横浜にオープン!

鎌倉紅谷の体験型店舗「クルミッ子ファクトリー」が横浜にオープン!

更新日:2019/11/20 16:42

すぎはら あやめのプロフィール写真 すぎはら あやめ 文房具に恋する旅人、ちょっぴり鉄子、さすらいの駅スタンプハンター
横浜みなとみらい「横浜ハンマーヘッド」2階に、鎌倉紅谷の体験型店舗「鎌倉紅谷クルミッ子ファクトリー」がオープンしました。鎌倉紅谷は、クルミと自家製キャラメルをバター生地ではさんだ焼き菓子「クルミッ子」が人気の店。クルミッ子ファクトリーでは、ガラス越しに工場見学ができるファクトリー見学、クルミッ子作りを体験できるワークショップ、限定メニューもあるカフェ、ショップの4つが目玉です!
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

予約不要!横浜ハンマーヘッドの鎌倉紅谷で製造見学!

予約不要!横浜ハンマーヘッドの鎌倉紅谷で製造見学!

写真:すぎはら あやめ

地図を見る

2019年10月31日(木)、横浜みなとみらいに新港ふ頭客船ターミナル「横浜ハンマーヘッド」2階に、五感で楽しむ鎌倉紅谷の体験型店舗「鎌倉紅谷 Kurumicco Factory(クルミッ子ファクトリー)」がオープンしました。

鎌倉紅⾕は、鎌倉の鶴岡⼋幡宮前に⼋幡宮前本店を構えるほか、鎌倉を中⼼にデパート内にも店舗がありますが、その中でも「鎌倉紅谷 Kurumicco Factory」は全く新しいお店になっています。

予約不要!横浜ハンマーヘッドの鎌倉紅谷で製造見学!

写真:すぎはら あやめ

地図を見る

「鎌倉紅谷 Kurumicco Factory」を入ってすぐ右手側では、鎌倉紅谷看板商品のお菓子「クルミッ子」が作られています!鎌倉紅谷クラフトマンが「クルミッ子」を作っている様子を、ガラス越しにいつでも見学できます。(製造見学は予約不要)

見学の最中に注目してもらいたいのは、壁のクルミッ子と同サイズの多治見焼タイル。特に、3匹のクラフトマンリスくんが横に並んだ壁はここだけ!リスくん達と仕事中のクラフトマンを⼀緒に撮影できるように考えつくされた位置なのです。お店の壁タイルにはクラフトマンリスくん、ノーマルリスくん、そして…実は隠れキャラクターが1匹います。ぜひお店に行って探してみてくださいね。

予約不要!横浜ハンマーヘッドの鎌倉紅谷で製造見学!

写真:すぎはら あやめ

実はファンも多い、お得に購入できるクルミッ子の切り落とし。クルミッ⼦をカットする際にできる端っこですが、ここでは切り落とす作業も見ることができますよ!

クラフトマンと一緒に作る「クルミッ子つくるっ子!」

クラフトマンと一緒に作る「クルミッ子つくるっ子!」

写真:すぎはら あやめ

「クルミッ子つくるっ子!」は、その名前の通り、鎌倉紅谷の人気菓子「クルミッ子」をクラフトマンに教えてもらいながら作ることができる、事前のネット予約制のワークショップです。
お店の一番奥に、ワークショップの専用スペースがあります。

クラフトマンと一緒に作る「クルミッ子つくるっ子!」

写真:すぎはら あやめ

地図を見る

ワークショップに参加する人には、専用の帽子とエプロンが貸し出され、気分は鎌倉紅谷クラフトマン!ミニサイズとはいえ、作る工程はファクトリーで見た作業とほぼ同じ!

とはいえ「ちゃんと作れるかな、失敗しないかな」なんて心配は無用です。楽しく作れるよう考えられており、ワークショップの最中もスタッフの方がアドバイスしてくださいます。

クラフトマンと一緒に作る「クルミッ子つくるっ子!」

写真:すぎはら あやめ

地図を見る

ワークショップで作れるミニサイズのホールクルミッ子は、通常のクルミッ子8個分!アンティークの本のようなメモリアルブックケースに入れて、楽しい思い出と一緒に持ち帰りましょう。

横浜ハンマーヘッドの鎌倉紅谷カフェ

横浜ハンマーヘッドの鎌倉紅谷カフェ

写真:すぎはら あやめ

地図を見る

カフェはスイーツを楽しみながらクルミッ子が作られる様子を間近で眺められる座席、みなとみらいの風景を楽しめる席など、店内50席。そしてテラス席も30席あります。
鎌倉銘菓「クルミッ⼦」をベースに、スイーツにアレンジされたメニューが楽しめます!

横浜ハンマーヘッドの鎌倉紅谷カフェ

提供元:画像提供:鎌倉紅谷 Kurumicco Factory

https://www.beniya-ajisai.co.jp/kf/地図を見る

カフェメニューは、鎌倉紅谷八幡宮前本店にある“Salon de Kurummicco”で一番人気の「クルミッ子パフェ」をテイクアウトカップに入れ、ミドルサイズでファクトリー仕様にした「The Factory’s クルミッ子パフェ」、秋冬限定の「鎌倉紅⾕のおしるこ」など、ここでしか味わえないスイーツがあります。

横浜ハンマーヘッドの鎌倉紅谷カフェ

写真:すぎはら あやめ

地図を見る

クルミッ子のキャラメルソースがかかったオリジナルドリンク「キャラメルナッティーラテ」はホット、アイスで選べます。季節と気分で選んで。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

「クルミミカップ」を手に散策を楽しんで!

「クルミミカップ」を手に散策を楽しんで!

写真:すぎはら あやめ

地図を見る

鎌倉紅谷で人気の焼き菓子「クルミッ子」の切れ端が手に持ちやすいカップに入った「クルミミカップ」が購入できるのも、鎌倉紅谷 Kurumicco Factoryの魅力。
「クルミミカップ」とハンマーヘッドクレーンを一緒に撮影してみては?

「クルミミカップ」を手に散策を楽しんで!

写真:すぎはら あやめ

地図を見る

横浜ハンマーヘッドの正面玄関も撮影にピッタリのスポットです。

Kurumicco Factory限定パッケージの「クルミッ子」

Kurumicco Factory限定パッケージの「クルミッ子」

写真:すぎはら あやめ

地図を見る

ここだけ!横浜ハンマーヘッドの「Kurumicco Factory ショップ」でしか手に入らない、限定デザインのクルミッ子(5個入)。パッケージのリスくんは、クルミッ子をつくるクラフトマン。箱の横にはみなとみらいの街並みがデザインされています。

Kurumicco Factory限定パッケージの「クルミッ子」

写真:すぎはら あやめ

地図を見る

マグカップやタンブラーも、鎌倉紅谷クルミッ子ファクトリー限定デザインがあります。

Kurumicco Factory限定パッケージの「クルミッ子」

写真:すぎはら あやめ

地図を見る

ガラス越しに鎌倉紅谷のクルミッ子ができあがる様子を見ながら、美味しいスイーツやドリンクをいただくことができる、横浜ハンマーヘッドの「鎌倉紅谷 Kurumicco Factory(クルミッ子ファクトリー)」。お菓⼦が作られている様⼦やクラフトマンの仕事を間近で⾒られることは、お子さんだけでなく大人も心躍る空間です。ここでしか体験できないワークショップも魅力的。ぜひお出かけください。

鎌倉紅谷 Kurumicco Factory(クルミッ子ファクトリー)の基本情報

住所:横浜市中区新港2-14-1 横浜ハンマーヘッド2F
営業時間:11:00〜21:00(工場見学は11:00〜19:00)
電話番号:045-263-9635(受付11:00〜19:00)
休業日:横浜ハンマーヘッドに準ずる
アクセス:みなとみらい線「馬車道駅」から徒歩10分、「みなとみらい駅」から徒歩12分
JR京浜東北線・横浜市営地下鉄ブルーライン「桜木町駅」から徒歩15分
【バスの場合】JR「桜木町駅前」バスターミナル4番乗り場から、新規バス路線「ぴあライン」で「ハンマーヘッド」にて降車

2019年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/10/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -