日本初“空港はちみつ”が大人気!「萩・石見空港」

日本初“空港はちみつ”が大人気!「萩・石見空港」

更新日:2019/11/09 11:13

ヨッシー 宙船のプロフィール写真 ヨッシー 宙船 乗り物好きライター
島根県西部・益田市にある空の玄関「萩・石見空港」は、ターミナルビルや近くの広場からの眺めがよい空港。また土産品やレストランでのメニューには地元産のものが揃い、更には空港で製造したはちみつを使用する製品が登場し人気です。萩・津和野などの観光の足としてだけでなく、島根県西部や山口県北部の旅行途中に立ち寄っても楽しめる空港である「萩・石見空港」を紹介します。
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

萩・石見空港の概要と周辺

萩・石見空港の概要と周辺

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

萩・石見空港(写真)は1993年に開港した島根県益田市にある空港です。現在ANAが東京(羽田)便を1日2往復、夏季限定で大阪(伊丹)便を1往復運航。益田市や津和野町がある島根県西部、萩市がある山口県北部を利用圏としており、関東以北から萩・津和野などへの旅行に便利な場所にあります。

昼1便、夕方1便発着する航空ダイヤの空き時間が朝にある事を利用し、毎年10月に空港滑走路をスタートする「萩・石見空港マラソン全国大会」を午前中に開催。空港滑走路マラソンの先駆けとなり、全国各地の地方空港に影響を与えました。

萩・石見空港の概要と周辺

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

ターミナルビル3階には送迎デッキ(写真)があります。カメラ穴付ですが高いフェンスがあるため、カメラやスマホなどでの撮影には制約があります。

萩・石見空港の概要と周辺

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

滑走路上の飛行機を眺めたり撮影するポイントして、空港ターミナルビルの近くにあり、見降ろすような眺め(写真)である風の丘広場がおすすめ。また広場にある海の展望台からは空港の反対方向に日本海がよく見えます。広場には子供向けの遊具もあるので、フライトまでの空き時間などに立寄ってみてはいかがでしょうか。

またターミナルビルを正面から見ると気づきにくいですが、ビルの赤褐色屋根は、地元島根県石見地方で生産されるは石州瓦(せきしゅうがわら)。凍結に強く、水を通しにくい丈夫な瓦です。

エアポートショップ萩・石見には空港限定のはちみつ菓子に酒!

エアポートショップ萩・石見には空港限定のはちみつ菓子に酒!

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

ターミナルビル2階にある売店が、空港唯一の売店「エアポートショップ萩・石見(写真)」です。地元島根県西部や山口県北部の土産品がいっぱい。全体的に飲食物の土産が多めですが、雪舟焼などの工芸品、航空ファン向けの滑走路タオルなど多種類に渡っています。

エアポートショップ萩・石見には空港限定のはちみつ菓子に酒!

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

萩・石見空港を代表する限定土産として欠かせないのが、空港東側で飼われているミツバチから収穫したハチミツ使用の製品。日本の空港での養蜂は萩・石見空港が初めてで、2016年に始まりました。収穫されたハチミツは「空港はちみつ」という名前で商品化され、2019年は6月からボトルやビンで販売されると、8月には売り切れてしまうほどの人気。

そんな空港はちみつを使用したお菓子が「萩・石見空港はちみつ」のタルト(写真下)、ラスク(右上)、ラングドシャ(左上)。あっさりしたハチミツ入りスイーツはいかがでしょうか。ちなみにラングドシャはフランス語で猫の舌という意味で、北海道銘菓「白い恋人」に似た形。製造は「どじょう掬いまんじゅう」を手掛ける島根県松江市の中浦食品が担当しています。

エアポートショップ萩・石見には空港限定のはちみつ菓子に酒!

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

「エアポートショップ萩・石見」限定の土産としては他に、山口県萩市にある澄川酒造場の日本酒「東洋美人」の萩・石見空港限定(写真)もあります。安倍首相がロシアのプーチン大統領と山口県で首脳会談した時に出されたほどのお酒。さわやかな香りの甘みが拡がる名酒です。

空港周辺土産も勢揃い!「エアポートショップ萩・石見」

空港周辺土産も勢揃い!「エアポートショップ萩・石見」

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

萩・石見空港がある島根県益田市の代表的な土産といえば、鶏卵堂の「鶏卵饅頭(写真)」。益田ブランドとして益田市に認定を受けているほどで、カステラ生地と白あんで出来た饅頭です。しかも原料の鶏卵は全て益田市内産。鶏卵堂創業当初から変わらない、甘さ控えめで、一口サイズで食べやすい菓子となっています。

空港周辺土産も勢揃い!「エアポートショップ萩・石見」

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

益田市の隣・島根県津和野町の土産としておすすめは秀翠園(しゅうすいえん)の「まめ茶(写真)」。実は一般的な茶でなくカワラケツメイというマメ科の植物から出来たものです。津和野の方言では健康になることを「まめになる」といい、まめになるお茶として古くから飲まれていました。しかもノンカフェインで香ばしいくてほのかな甘みが特徴。写真のティーバッグのほか、リーフタイプもあります。

空港周辺土産も勢揃い!「エアポートショップ萩・石見」

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

主に益田市と津和野町を流れる高津川は、支流を含めてダムがない日本唯一の一級河川。高津川で昔から有名だったのが鮎。高津川で獲れた鮎の卵を塩漬けにしたのが「鮎の子うるか(写真右60g、中央30g)」、また鮎のはらわた(腸)だけを塩で寝かせたのが「生地うるか(写真左)」。鮎は河底の石に付くコケをエサにしており、清流でなければコケが育ちにくいので生息できません。

また「高津川」という映画が2019年冬に公開されます。映画を見て高津川の鮎を思い出すのもいいかもしれません。

<エアポートショップ萩・石見の基本情報>
電話番号:0856-24-0040
営業時間:11:00〜17:45

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

「キッチン そらら」は空港はちみつメニュー!眺めも良好

「キッチン そらら」は空港はちみつメニュー!眺めも良好

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

2階にあるレストラン「キッチン そらら(写真)」は空港唯一のレストラン。窓側の座席からは送迎デッキと同様に滑走路や駐機場がよく見えるので、景色を見ながら飲食したい旅行者は窓側がおすすめです。入場時にメニューを決め、食券を購入してオーダーします。

「キッチン そらら」は空港はちみつメニュー!眺めも良好

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

空港はちみつのボトルやビンが「エアポートショップ萩・石見」になくても、空港はちみつをお菓子以外の形で味わえるのが「キッチン そらら」です。おすすめメニューの1つが「4種のチーズのピザ(写真)」。こちらには空港はちみつが添えられています。空港はちみつ本来の味に近い状態で味わえるのはうれしいですね。

萩・石見空港の基本情報

住所:島根県益田市内田町イ597番地
電話番号:0856-24-0010(石見空港ターミナルビル株式会社)
営業時間:9:00〜19:00
アクセス:
JR益田駅よりバスで約12分
JR津和野駅より車で約50分
JR東萩駅より車で約70分

2019年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/10/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -