伊良部大橋をくぐろう!フェリーたらまゆうで多良間島への船旅を楽しむ

伊良部大橋をくぐろう!フェリーたらまゆうで多良間島への船旅を楽しむ

更新日:2019/11/07 12:08

離島 こむのプロフィール写真 離島 こむ 離島ドットコム管理人、沖縄在住サブスリーランナー
無料で渡ることができる橋として、日本一長い「伊良部大橋」。絶景ドライブコースとしても人気ですが、あの伊良部大橋を「渡る」のではなく「くぐって」みませんか?もちろん橋を下から見るという、なかなか味わえない光景も楽しめます。その方法とポイントを紹介いたします!
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

あの伊良部大橋をくぐれる!その方法とは?

あの伊良部大橋をくぐれる!その方法とは?

写真:離島 こむ

地図を見る

もはや絶景の名所「伊良部大橋」。全長3540mの橋は、無料で渡ることができるものとして日本一長い橋です。通常はドライブなどで橋の上から絶景を楽しみますが、実は橋を下から楽しめる方法があります。

あの伊良部大橋をくぐれる!その方法とは?

写真:離島 こむ

地図を見る

日本一の伊良部大橋を下から「見る」ことはもちろんのこと、下を「くぐる」こともできます。なかなか味わうことができない体験を、思う存分に楽しめるその方法とは?

あの伊良部大橋をくぐれる!その方法とは?

写真:離島 こむ

地図を見る

そもそも伊良部大橋は、宮古島と伊良部島を海を越えてつなぐもの。橋の下はもちろん「海」なので、通常の方法では橋を下から楽しむことはできません。まして「くぐる」となると、方法は限られます。その方法とは、宮古島と多良間島とを往来する船「フェリーたらまゆう」に乗ることです。

フェリーたらまゆうのポイントは10分後/10分前

フェリーたらまゆうのポイントは10分後/10分前

写真:離島 こむ

地図を見る

「フェリーたらまゆう」は宮古島と多良間島を、1日1往復する定期船。日曜日は運休ですが、それ以外の日は毎日運行しており、伊良部大橋をくぐって相互の島を往来している次第です。つまり1日2回、伊良部大橋を下から楽しめるチャンスがあるという訳です。

フェリーたらまゆうのポイントは10分後/10分前

写真:離島 こむ

地図を見る

フェリーたらまゆうが伊良部大橋をくぐるのは宮古島近海。往路の多良間島行きの場合、宮古島を出港しておおよそ「10分後」がポイントです。コツは出港してから橋をくぐるまで、デッキで待機すること。これなら見逃すことはありません。

フェリーたらまゆうのポイントは10分後/10分前

写真:離島 こむ

地図を見る

多良間島から宮古島に戻る場合は、宮古島到着のおおよそ「10分前」がポイント。しかし到着時間は、海の状態次第で大幅に変わります。コツは船の窓から島が見えたらデッキに出ること。宮古島・伊良部島と多良間島の間には、他の島はありませんので確実です。

フェリーたらまゆうは沖縄唯一の土足厳禁?

フェリーたらまゆうは沖縄唯一の土足厳禁?

写真:離島 こむ

地図を見る

「フェリーたらまゆう」は、通常ダイヤだと宮古島を午前9時出港し、多良間島に午前11時過ぎに到着。復路は多良間島を午後2時に出港し、宮古島に午後4時過ぎに到着します。予約なしで乗船できますので、運休の日曜日以外なら気軽に乗ることができます。

フェリーたらまゆうは沖縄唯一の土足厳禁?

写真:離島 こむ

地図を見る

「フェリーたらまゆう」は全長64.95m、総トン数457tの船で、旅客定員は250名。船内は2階建てで1階部分に大広間の座敷席があり、2階部分にリクライニングもできるイス席と、屋外のデッキ席があります。さらにその上の屋上部分には展望デッキがあり、橋を見るなら屋上がおすすめです。

フェリーたらまゆうは沖縄唯一の土足厳禁?

写真:離島 こむ

地図を見る

フェリーたらまゆうの船内はとても綺麗。その理由は、沖縄の定期船の中で、唯一「土足厳禁」だから。また、靴を脱いで過ごすので、船内ではとてもリラックスできます。反面、デッキやトイレは土足エリアにあるので、乗船の際は脱ぎやすい靴を履いて行きましょう。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

フェリーたらまゆうで弾丸日帰りチャレンジ

「フェリーたらまゆう」で伊良部大橋をくぐった先にある多良間島。宮古島から片道約2時間かかりますが、実は帰りの便まで3時間も島に滞在できますので、日帰り観光も可能です。しかも多良間島は一周約16kmの小さな島で、さらに真っ平らな島なので、レンタサイクルがあれば3時間でも十分楽しめます。

ちなみにフェリーたらまゆうの発着は、通常、多良間集落近くの「前泊港」ですが、海の状況などによっては、集落から約4km離れた「普天間港」に発着する場合もあります。前泊港なら集落まで歩いて往来できますが、普天間港の場合はレンタカーやレンタサイクル店に連絡して送迎してもらいましょう。

多良間集落でレンタサイクルを借りたら、弾丸日帰り多良間島巡りスタートです。

<弾丸日帰り多良間島巡りおすすめコース>
多良間集落(レンタサイクルを借りる)
 ↓約0.7km/約3分
八重山遠見台(展望台から景色を楽しむ)
 ↓約0.7km/約3分
ふる里海浜公園(海を楽しむ)
 ↓約3.6km/約15分
多良間空港(多良間島まもる君に会う)
 ↓約3.0km/約12分
たらまゆがぷうランド(海や景色を楽しむ)
 ↓約3.6km/約15分
普天間港(桟橋の景色を楽しむ)
 ↓約1.2km/約5分
三ツ瀬公園(海や景色を楽しむ)
 ↓約3.0km/約12分
前泊港/ウカバトゥブリ(海を楽しむ)
 ↓約1.0km/約4分
多良間集落のウガン/拝所(船の時間調整)

(約16.8km/約70分+各地の観光+集落散策)
(移動時間はレンタサイクル時速15kmで算出)

八重山遠見台は、塔の中にらせん階段があり、一番上まで行くと360度のパノラマ風景が楽しめます。真っ平らな多良間島なので、まさに島をすべて見渡すことができます。

フェリーたらまゆうで弾丸日帰りチャレンジ

写真:離島 こむ

地図を見る

たらまゆがぷうランドは多良間島南端にある公園ですが、ここでは公園から海へ出ましょう。透明度の高い海と、綺麗なビーチを独り占めできます。

フェリーたらまゆうで弾丸日帰りチャレンジ

写真:離島 こむ

地図を見る

普天間港は多良間島東側の港。注目は桟橋で、桟橋そのものも絵になりますが、桟橋からの景色も絶景です。是非桟橋先端まで行きましょう!

フェリーたらまゆうで弾丸日帰りチャレンジ

写真:離島 こむ

地図を見る

宮古島旅行でフェリーたらまゆうに乗ろう!

宮古島旅行で1日フリーな時間があったら、「フェリーたらまゆう」に乗ってみましょう。伊良部大橋をくぐるという、なかなか味わえない体験もできますし、日帰りで多良間島観光も楽しめます。ひと味違った宮古島旅行を楽しみたくなったら、ぜひ「フェリーたらまゆう」に乗りましょう!

2019年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2018/11/09−2018/11/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -