ミシュラン掲載の美食店!アルベロベッロ近郊「アンティカ・ロカンダ」

ミシュラン掲載の美食店!アルベロベッロ近郊「アンティカ・ロカンダ」

更新日:2019/12/04 09:01

ケイコ ソリーノのプロフィール写真 ケイコ ソリーノ プーリア旅コーディネーター、チーズ教室主宰
南イタリアを代表する世界遺産の町「アルベロベッロ」。その隣町にミシュランも太鼓判を押す美食レストラン「アンティカ・ロカンダ」があります。土地の食材でつくる季節を反映した郷土の味がウリの名店。とにかく”旨いもの”が食べたいときに期待に応えてくれる実力派!安心のお手頃価格もうれしい魅力です。アルベロベッロからは電車でたったの1駅。プーリア美食の旅を求めるなら迷わずココへ!人気店のため予約必須です。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

地産池消をフィロソフィに掲げる名店

今回ご紹介する美食レストラン「アンティカ・ロカンダ」は、南イタリア・プーリア州が誇る世界遺産アルベロベッロの隣町ノーチ(Noci)にあります。

1996年の創業以来、旧市街の一角で地元客を中心に郷土の味を提供しつづける名店です。近年ではミシュランが”質の高い料理を提供する店”として高く評価しています。

地産池消をフィロソフィに掲げる名店

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

この町出身のシェフ兼オーナーのパスクワーレ氏は”地産池消”をモットーに掲げるベテラン。季節の味とプーリアらしさを大切にした料理を提供し、地元では実力派として広く知られる存在です。今では地元テレビにも引っ張りだこの有名シェフの地位を築き上げました。

地産池消をフィロソフィに掲げる名店

提供元:アンティカ・ロカンダ

http://www.pasqualefatalino.it/地図を見る

お店は古いワイン蔵を利用した石造りで1700年代にはすでにレストランとして利用されていた場所です。客席数はおよそ80席。内装はカントリースタイルでプーリアらしい白壁が印象的です。広い店内は連日予約客で満員御礼!訪れる際は必ず予約を。

地産池消をフィロソフィに掲げる名店

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

プーリア料理のフルコースを召し上がれ!

メニューはアラカルトでの注文も可能ですが、フルコースで楽しみたい方はお得な”デグスタツィオーネ(試食)メニュー”(ひとり35ユーロ)にぜひトライを!注文は二人前からで前菜+パスタ+メインディッシュ+デザートの組合せです。

プーリア料理は前菜の品数が多いことで有名です。こちらでも合計11品程度の前菜が運ばれてきます。

まずは冷菜から!チーズの産地として一目置かれるこの町では一年中美味しいフレッシュチーズが食べられます。今や世界中でブームを巻き起こすプーリア発祥のブッラータも味わえますよ。

プーリア料理のフルコースを召し上がれ!

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

冷菜が4品続き、続いては温菜のはじまりです。プーリアの大地が育んだ季節の食材を提供することに重きをおくシェフ。”素材の味がよい”からこそシンプルに調理するプーリア料理の特徴を最大限に活かした品々が並びます。

秋には素揚げして塩をまぶした旬のオリーブ、採れたてきのこのオーブン焼きなどが登場します。どれもプーリアの家庭でよく食べられる料理です。

プーリア料理のフルコースを召し上がれ!

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

提供される料理は伝統的なものが大半を占めますが、シェフのオリジナリティが光る逸品も。故郷プーリアから遠く離れたイタリア中北部で修行した経験をもつシェフならではの南北が融合した新しい料理です。

例えば、ジャガイモとチーズのフォンデュ。濃厚なジャガイモの甘みとチーズの塩味とコクが完璧に一体となり、後を引く美味しさです。プーリアでは一般的でないフォンデュという形で地元の食材を魅せるシェフの腕前はさすがです!

プーリア料理のフルコースを召し上がれ!

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

地元客を虜にするパスタとメインディッシュ

盛りだくさんの前菜が終わったら、次は主食のパスタ!まずは、耳たぶの形をした丸い”オレッキエッテ”です。これを食べずには帰れないほど有名な州を代表するパスタ。毎日手作りするパスタはモッチモチの食感!季節の野菜と和えたシンプルさに見た目の派手さはありませんが、丁寧に作られた滋味深い味わいに心がほっと落ち着きます。

地元客を虜にするパスタとメインディッシュ

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

そして、チーズ好きは見逃せない!ブッラータチーズを詰めたトルテッローニも魅力的です。新鮮なチーズをつかって作る自慢のひと皿はクセになる濃厚な味わいであっという間に完食!産地だからこその高いクオリティ。年間を通して人気がある一品です。

地元客を虜にするパスタとメインディッシュ

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

メインディッシュは、今や家庭でもなかなか見ることができない伝統調理法で煮込む肉料理です。陶器の壷でコトコトと数時間煮込んだウサギ肉にはじまり、レモンが効いた牛肉の煮込み、ノーチがあるバーリ県名物の牛肉の肉巻き”ブラチョーレ”の定番3品です。どれも地元客からのラブコールが絶えない昔ながらの味。これを食べるために多くのプーリア人がこの地を訪れます。

地元客を虜にするパスタとメインディッシュ

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

ワインもデザートもプーリア一色!

料理のお供に合わせるのは州を代表する有名なプリミティーヴォ種の赤ワイン。果実味とタンニンがしっかりあるので肉料理との相性もバツグン!白ワインが好きな人のために近郊のロコロトンド産の辛口ワインもあります。

ワインもデザートもプーリア一色!

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

そして、コースの最後を締めくくるのは、季節のフルーツ盛合せと郷土菓子を中心にしたプチデザートの盛合せ(写真)。名産品であるアーモンド菓子やクリーム入りのスポンジを糖衣で包んだケーキなど昔ながらのこの地方のお菓子が並びます。一緒に柑橘系果実を合わせた食後酒がついてきます。

日本人には驚くほどの料理の数ですが、前菜が多いプーリア料理ならこれが一般的。この地を訪れたらフルコースで美食の旅を満喫してください!もちろん前後の食事は抜く覚悟を。

ワインもデザートもプーリア一色!

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

アンティカ・ロカンダの基本情報

住所:Via Spirito Santo 49,70015 Noci
電話番号:+39-080-497-2460
営業時間:ランチ/13:00〜15:00、ディナー/20:00〜23:30
定休日:火曜日、日曜日のディナー
アクセス:アルベロベッロから電車で1駅のノーチ(Noci)駅から徒歩10分。

※人気店のためランチ・ディナーともに予約をお勧めします。

2019年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/11/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -