台湾・小籠包の有名店「鼎泰豊(ディンタイフォン)」で食べるべきものは?

台湾・小籠包の有名店「鼎泰豊(ディンタイフォン)」で食べるべきものは?

更新日:2019/11/15 10:44

赤松 珠抄子のプロフィール写真 赤松 珠抄子 フォト・エッセイスト、インテリアデザイナー
台湾グルメの筆頭と言えば「小籠包」。世界にそれを周知させたのは、日本でも人気の「鼎泰豊」です。

台北に本店があり、終日、行列が絶えない人気店なので待つこと必須。待つ間に、注文を吟味できますが、意外と種類が多く迷います。
そこで、食べておきたいお料理を厳選してご紹介します!こんなに安い!台北ツアーの最安値はこちら
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

やっぱり「小籠包」は本場の本店で一度は食べたい!

やっぱり「小籠包」は本場の本店で一度は食べたい!

写真:赤松 珠抄子

地図を見る

台北市内には数店舗ありますが、「信義店」が本店です。お店はいつも混雑しているので、行けばすぐ分かりますよ。

到着したら、先ず左端の電光掲示板の数字を確認。この「50」という数字が待ち時間になります。ランチタイムを外した14時頃で50分待ちなので、その人気が伺えますね。
ここに係の人がいるので、すぐ予約ができます。

やっぱり「小籠包」は本場の本店で一度は食べたい!

写真:赤松 珠抄子

地図を見る

予約をすると2枚の紙が渡され、その内の1枚が整理券。待ち時間が50分、その下の「1224」が自分の番号です。
QRコードを読み込めば、ネットでも確認可能。

やっぱり「小籠包」は本場の本店で一度は食べたい!

写真:赤松 珠抄子

地図を見る

お店右側に赤い掲示板があり、入店された方の番号が表示されます。人数別に分けられ、とても見やすいですね。店頭で待つ時は、これを目安に。

左には「ミシュラン2018」のステッカーが輝いています!
「鼎泰豊」はミシュランガイド「ビブグルマン」に掲載。ちなみに香港店はミシュラン一つ星を獲得しています。

整理券を入手したらメニューをチェック

整理券を入手したらメニューをチェック

写真:赤松 珠抄子

地図を見る

予約時に渡される、もう一つの紙が注文表。入店前に決めて自分で記入するのですが、日本語なので安心ですよ。

注文したい数量を、料理名横の空欄に書くだけ。どこに印を付けるか迷っても、伝われば問題ありません!

整理券を入手したらメニューをチェック

写真:赤松 珠抄子

地図を見る

店頭の順番待ちの赤い掲示板下に、写真入りメニューが貼られています。確認しながら記入すると間違いがありません。

日本人でも納得、清潔でモダンな店内

日本人でも納得、清潔でモダンな店内

写真:赤松 珠抄子

地図を見る

店内は、とても綺麗。終日、混雑しているのに、掃除が行き届いています。
ひっきりなしにお客さんが来るので、こんなに空くのは入れ替わるほんの一瞬だけ。

日本人でも納得、清潔でモダンな店内

写真:赤松 珠抄子

地図を見る

入店時に注文票を渡すので、席に着いたら待つだけ。
最初に、温かいお茶と生姜の入った小皿がきます。店員さんが慣れた手つきで、黄金比のお酢3:醤油1で入れてくれますよ。

日本人でも納得、清潔でモダンな店内

写真:赤松 珠抄子

地図を見る

テーブルにも、お酢と醤油は置かれているので、基本のお味を試したら、自分流にアレンジもできます。
メニューもあるので、追加注文も可能です。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

空腹時には、すぐ提供される前菜がオススメ

空腹時には、すぐ提供される前菜がオススメ

写真:赤松 珠抄子

地図を見る

空いた胃に優しいのは、皮が薄く肉厚な台湾産ナスを使用した、冷菜「ナスの醤油煮」。
煮込んだナスに醤油が染み込み、葱など薬味入りのそぼろが効いています。ビールに合う、最高の一品ですね。

お腹に溜まるのは「パイクー」という骨なし豚肉のスペアリブ。
オリジナルのタレで漬け込んでいるので、下味がしっかりとついています。小麦粉をつけず表面をサクッと揚げているので、糖質を気にする人には嬉しいお肉料理。こちらもビールとの相性はバッチリ!

台湾小籠包の原点&変わり種は食べる価値大!

台湾小籠包の原点&変わり種は食べる価値大!

写真:赤松 珠抄子

地図を見る

いろんなお味を食べたい時に5個入りは嬉しいですね。でも、10個入りのセイロで来るので、運ばれた時の迫力で気分が上がります!

大きいセイロにホワッと可愛い形の小籠包が整然と並び、「鼎泰豊」の特徴である18本のヒダが実に美しい!
点心師が一つ一つ、丁寧に包んでいるのが分かります。食材や味は勿論、形にまでこだわるあたり、さすが元祖ですね。

台湾小籠包の原点&変わり種は食べる価値大!

写真:赤松 珠抄子

地図を見る

お目当ての小籠包は、たった5gの薄い皮が特徴です。お箸で取る時、肉汁の重みを感じるので緊張が走ります。でも確かな技術で作られているせいか、破れる心配は全くありません!

お箸でプチっと割ると、中からスープが一気に溢れ出てきます。まさに至福の瞬間!
一口目は何も付けずに、スープだけを試してみて下さい。小籠包の原点、シンプルで上品な味わいが身に沁みてきます。美味しさを追求するために作り置きをしないので、新鮮さもありますね。

台湾小籠包の原点&変わり種は食べる価値大!

写真:赤松 珠抄子

地図を見る

変わり種のオススメは「ヘチマとエビ入り小籠包」。薄く透けたヘチマの緑が綺麗!いかに薄い皮かが分かります。
ヘチマのシャキッと感とエビのプリっと感が絶妙な歯応えで、後味があっさりとしています。

ヘチマといえばお風呂のタワシがすぐ浮かびますが、食用もあるのです。ほぼ水分なので低カロリー、しかも食物繊維が多く整腸作用があるので、小籠包をお腹いっぱい食べたい時はこれを間に挟むと良いかもしれません!

鼎泰豊(ディンタイフォン)の基本情報

店名:鼎泰豊 信義店本店
住所:台北市信義路二段194号
電話番号:+886-2-2321-8928
アクセス:地下鉄東門駅5番出口
その他:クレジットカード不可、現金のみ。1階レジでお支払い、側にはギフト商品があるのでお土産にもおすすめ。

2019年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。
こんなに安い!台北ツアーの最安値はこちら

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -