カジュアルに楽しむ横浜・元町のランチ、セレクト5

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

カジュアルに楽しむ横浜・元町のランチ、セレクト5

カジュアルに楽しむ横浜・元町のランチ、セレクト5

更新日:2014/05/16 13:01

池口 英司のプロフィール写真 池口 英司 フリーライター、フォトグラファー 日本写真家協会(JPS)会員

伊勢佐木町、「みなとみらい」などと共に、横浜の魅力が凝縮されている街、元町。この街には、ファッションや雑貨のお店ばかりでなく、グルメをうならせる飲食店もたくさん揃っていて、大きな魅力となっています。その中から、気軽にランチを楽しめる5つのお店を紹介しましょう。

フラワーショップとカフェが同居「Peace Flower Market & Cafe」

フラワーショップとカフェが同居「Peace Flower Market & Cafe」

写真:池口 英司

地図を見る

フラワーショップの2階がカフェになっている素敵なお店です。1階のカウンターには、焼きたてのパンも並べられていて、旬のフルーツを活かして焼いたパンやスコーンを、2階に持って上がることもできます。写真のBLTサンドイッチには野菜がたっぷり。食後のフルーツも、楽しい彩りになっています。アトリエを思わせる空間の中で、静かなひとときを。

オープンテラスのあるビストロ「ビストロエルエラ」

オープンテラスのあるビストロ「ビストロエルエラ」

写真:池口 英司

地図を見る

その名のとおり、カジュアルなビストロです。コース料理から、お酒のつまみに好適なサイドメニューまで、豊富に揃っているのが魅力。写真は「オードブルセット」ですが、パンもつけられているので、女性であればこれだけで十分かも。ランチタイムには、プレーンオムレツや、スモークベーコンを賑やかに並べた「ビストロ丼」もラインナップされ、これも人気の一品となっています。天気の良い日には、オープンテラスへどうぞ。

もちもちしたパスタは食べ応え十分「J PASTA」

もちもちしたパスタは食べ応え十分「J PASTA」

写真:池口 英司

地図を見る

元町にもたくさんのパスタ屋さんがありますが、その中で個性を発揮しているのが「J PASTA」です。お店の名前から想像できるように、出されているのは「ジャパニーズ・スパゲティ」。写真はシラスのスパゲティで、シラスは湘南から、もちもちの生麺は淡路島から取り寄せたものだとか。これをワサビ風味のソース(他にもゆず風味のソースなどや、イタリアから取り寄せた乾麺もあります)で頂くのですが、これが不思議なほどにマッチしています。写真だと、シラスに隠れて麺が見えませんね。それくらいボリュームたっぷりのひと皿です。

プレートランチの素敵なハーモニー「STARLIGHT CAFE」

プレートランチの素敵なハーモニー「STARLIGHT CAFE」

写真:池口 英司

スタージュエリーがプロデュースするレストラン。店内は明るさに包まれています。写真はオムライスをメインにした「プレートランチ」。とろとろの卵とビーフを口にすれば口の中に春風が吹き、ニンジンのサラダとキッシュを口にすれば秋風が吹く。そんな取り合わせが、艶やかなコントラストを描いています。ランチだけでなく、ディナーにも訪れてみたいお店です。

元町の老舗フレンチ「霧笛楼」

元町の老舗フレンチ「霧笛楼」

写真:池口 英司

地図を見る

最後に登場するのは、老舗のフランス料理レストラン「霧笛楼」です。お店のインテリアは、横浜の開港の時代を思わせるエレガントなもの。メニューはコース料理となりますが、ランチの「山手コース」であれば3500円(税・サービス料別。価格は2014年5月現在)。これなら、ちょっと良い日に無理なく楽しむことができるでしょう。
写真は、「山手コース」の本日のメイン「地鶏のソテー、マッシュルームソース」、このコースでは魚料理も楽しめるのが嬉しいところで、この日は、「アコウ鯛のソテー、リゾット仕立て」が出ました。もちろん、オードブル、スープ、デザートも一級のもの。一度は、いや何度でも味わってみたい匠の味です。

食のアートを召し上がれ

元町の、魅力的な5つのお店を紹介させて頂きました。
楽しい趣向を凝らした料理はアートそのものです。美味しいものを食べると、お店から外に出た後も、なんだか街の風景までがきれいに見える気がします。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/05/10−2014/05/15 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -