チョコ好きを魅了!「THE THOUSAND KYOTO」アフタヌーンティー

チョコ好きを魅了!「THE THOUSAND KYOTO」アフタヌーンティー

更新日:2021/02/03 10:15

「THE THOUSAND KYOTO」は、京都駅から徒歩2分、非常にアクセス便利なホテルです。外の喧騒を離れ、一歩ホテルに入れば、そこは別世界。しっとりと静かで落ち着いた本物の京都が広がっています。

2020年冬のアフタヌーンティーは「Choco・Ta・noon (チョコタヌーン)」。4種のチョコレートの食べ比べが楽しめ、紅茶や日本の伝統的なお茶など、20種以上のドリンクも飲み放題です!

ゆったり本物の京都を楽しむならここ!「TEA&BAR」

ゆったり本物の京都を楽しむならここ!「TEA&BAR」
地図を見る

今回ご紹介するアフタヌーンティーは、「現代の茶会」がコンセプトの「TEA&BAR」で。本格的なお茶が様々なスタイルで楽しめます。

全面ガラス窓の吹き抜けからは明るい陽光が差し込み、1階の坪庭に植えられている竹などの植物が顔を出し、季節を感じながら、静かに癒しの空間が味わえるスペース。吹き抜け部分に近い開放的なカフェゾーンと和の雰囲気で寛げるバーゾーンがあります。

ゆったり本物の京都を楽しむならここ!「TEA&BAR」
地図を見る

「TEA&BAR」で提供されるドリンクは、京都に根付く、茶の湯文化がベースになっています。日本茶からコーヒー、和紅茶やお茶を使ったカクテルなどが現代風にアレンジされています。

また、和束町の煎茶を使い「おもてなし煎茶師」やスタッフが季節のお茶や和紅茶を楽しませてくれます。「TEA&BAR」で提供されるドリンクの美味しさの秘密です。

ゆったり本物の京都を楽しむならここ!「TEA&BAR」
地図を見る

中央には吉野檜製の大きなテーブルが置かれ、周りには少人数のボックス席が並んでいます。お隣を気にすることなく、ゆったりと寛げるスペースです。

「チョコタヌーン」って?贅沢なチョコレートの食べ比べ

「チョコタヌーン」って?贅沢なチョコレートの食べ比べ

提供元:「THE THOUSAND KYOTO」

https://www.keihanhotels-resorts.co.jp/the-thousan…地図を見る

スタイリッシュなスタンドに冬のスイーツやセイボリーが華やかに並ぶアフタヌーンティー。ガラス越しに見える竹林は京都らしい風情が漂い、チョコタヌーンのアイテムが鮮やかな緑に映え、まるで浮かんでいるようです。

2020年冬のテーマは「Choco・Ta・noon (チョコタヌーン)」冬に恋しくなるチョコレートを贅沢にアレンジ。「Choco・Ta・noon (チョコタヌーン)」は「Ta=Thank you」の意を含ませ、大好きなチョコレートに「ありがとう(大好きよ)」という気持ちと共に、午後のひとときを至福の心地で過ごしていただきたいというパティシエチームの思いが込められています。

「チョコタヌーン」って?贅沢なチョコレートの食べ比べ

提供元:「THE THOUSAND KYOTO」

https://www.keihanhotels-resorts.co.jp/the-thousan…地図を見る

「Choco・Ta・noon (チョコタヌーン)」の4種類の上質なチョコレートスイーツ。4種類のチョコレートに沢山の驚きが詰まっています。

また20種以上のドリンクも飲み放題で楽しめます。外は北風が吹く寒い冬のひと時、「TEA&BAR」の「Choco・Ta・noon (チョコタヌーン)」で心も体も温まって下さい。そんなメッセージがパティシエチームやホテルから聞こえてくるようです。

若き女性パティシエが創作した上質な4種のチョコ食べ比べ

若き女性パティシエが創作した上質な4種のチョコ食べ比べ
地図を見る

スタイリッシュなスタンド上段には4種のチョコレートスイーツが繊細かつ上品な姿で並んでいます。パティシエが考案した、上質なチョコレート4種にそれぞれフルーツを掛け合わせたこだわりのベイクドチョコレートチーズケーキです。

左の「ノワールチョコレート×グリオットチェリー」は濃厚なブラックチョコレートがコーティングされ上には甘く煮詰めたグリオットチェリーがのっています。

右は「ルビーチョコレート×ラズベリー」で可愛いピンクのルビーチョコレートと上のフレッシュラズベリーが良く合います。

若き女性パティシエが創作した上質な4種のチョコ食べ比べ
地図を見る

左は「ゴールドチョコレート×ゴールデンキウイ」です。ゴールドチョコレートはブロンドチョコレートとも呼ばれ、キャラメルの様な色をしています。日本ではルビーチョコレートが第4のチョコと言われていますが、実はブロンドチョコレートの方が先に世に出て、こちらも第4のチョコと呼ばれています。ほろ苦いキャラメル風味と味が特徴で、甘さの中にも塩気も感じられます。上のキウイと相まり、さっぱりとしていますが、ほんのり甘みが追いかけてくる味に出会えます。

右は「ミルクチョコレート×バナナ」で上にはキャラメリーゼされたバナナが載っています。どれも間にはそれぞれのチョコレートが練り込まれたクリームがサンドされており、単なるチョコレート味だけではなく味の奥ゆきも楽しめます。下のチーズケーキが、それぞれのチョコとフルーツの味を邪魔することなく、それでいてチーズケーキの味もしっかり味わえます。

若き女性パティシエが創作した上質な4種のチョコ食べ比べ
地図を見る

左は「パリブレスト」です。ピスタチオのクリームがサンドされ、レモンの酸味もアクセントになっています。

右は「ラズベリーとピスタチオのボンボンショコラ」です。様々な食感と味が楽しめます。

シェフのこだわりいっぱい!スイーツとスコーンとセイボリー

シェフのこだわりいっぱい!スイーツとスコーンとセイボリー
地図を見る

左は「柚子と蜂蜜レモンのジュレ」。果物がたっぷり入ったフルーツゼリー、柑橘の酸味がチョコレートのお口をさっぱりと引き締めてくれます。

右の「グロゼイユガナッシュのマカロン」は宝石のように輝くグロゼイユ(赤スグリ)が載り、チョコレートクリームと一緒に楽しめます。

シェフのこだわりいっぱい!スイーツとスコーンとセイボリー
地図を見る

「プレーンスコーン」「ショコラスコーン」には、「チョコレートクリーム」や「マスカルポーネとオレンジのクリーム」が添えられています。お好みでどうぞ。

シェフのこだわりいっぱい!スイーツとスコーンとセイボリー

可愛いセイボリーアイテムも楽しめます。左は「きんぴらのカナッペ」で甘辛く煮たごぼうが載せられています。中央は「ほうれん草とベーコンのキッシュ」で上にかけられているのは、オリーブオイルパウダー。右は「レンコンバーガー」で、調理法の異なる蓮根2種とサーモンが野菜と共に挟み込まれています。冷製の「ヴィシソワーズ」も付いていますので、チョコレートで甘くなったお口を引き締めてください。

チョコレートの魅力に包まれて

大きなガラス越しに見える竹林、そこを流れる風を感じながら楽しむ「Choco・Ta・noon (チョコタヌーン)」。底冷えのする京都の冬を笑顔に変えてくれる贅沢な時間が流れていきます。上質なチョコレートをアフタヌーンティーで楽しんでください。ドリンクも全種類を制覇したくなる事でしょう。

2020年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/11/26 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- 広告 -