円谷プロが贈る!空想科学「かいじゅうのすみか」が東京ドームシティに

円谷プロが贈る!空想科学「かいじゅうのすみか」が東京ドームシティに

更新日:2019/11/15 12:19

Benisei Rinkaのプロフィール写真 Benisei Rinka 子連れトラベラー、小江戸川越の魅力伝道師
2019年11月7日〜2020年1月26日、東京ドームシティGallery AaMoにて、空想科学「かいじゅうのすみか」体感エンターテイメントが開催されています。
「かいじゅうのすみか」は、『ウルトラマン』シリーズで広く知られる“円谷プロダクション”が、半世紀以上にわたり製作してきた特撮作品に登場する“かいじゅう”たちの世界。最新デジタル技術を駆使し、かいじゅうたちの魅力を体感することができます。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

ポータルが開かれた!「かいじゅうのすみか」へ冒険しよう

ポータルが開かれた!「かいじゅうのすみか」へ冒険しよう

写真:Benisei Rinka

地図を見る

今回ご紹介する、“空想科学「かいじゅうのすみか」体感エンターテイメント”は、円谷プロダクションが半世紀以上にわたり製作した作品に登場する“かいじゅう”たちが主人公。先だって発売された『空想科学絵本 かいじゅうのすみか』をもとに、かいじゅうたちが平和に自由に共生している世界が再現されています。

“かいじゅうたちは、どこからやってきて、どこへいくのか。私たちに何を伝えたかったのか。地球に出現した理由は?”

「かいじゅうのすみか」は、そんなことを想像しながら楽しめる、体感エンターテイメントです。

「かいじゅうのすみか」の冒険を始める前に、公式サイトからARアプリをダウンロードしよう!エントランスにQRコードも掲示されていますよ。どうやって遊べるかは後ほど…。

ポータルが開かれた!「かいじゅうのすみか」へ冒険しよう

写真:Benisei Rinka

地図を見る

ひんやりとした空気漂う、異次元世界への入口“アンバランスゾーン”。
濡れにくい「シルキーファインミスト」という最新技術と、レーザー光線を組み合わせることで、まるでオーロラのように、光のカーテンが揺らめきます。

ポータルが開かれた!「かいじゅうのすみか」へ冒険しよう

写真:Benisei Rinka

地図を見る

アンバランスゾーンを抜けると、次に現れるのは美しく青い蝶の“ユートピア”。

青い蝶の正体は、羽からまき散らす粉の作用で人間を巨大化させる“モルフォ蝶”。両サイドに映し出されるモルフォ蝶に触れると、きらめきいたり、色が変わったりしながら、私たちを歓迎してくれます。

かいじゅうと添い寝!?ムクムクに癒されタイム

かいじゅうと添い寝!?ムクムクに癒されタイム

写真:Benisei Rinka

モルフォ蝶のユートピアの先から、何やら凶暴かいじゅうの気配が…。
次に現れたのは、大迫力の“レッドキング”と“エレキング”。動刻ロボットの2大怪獣に、プロジェクター、特殊スクリーン、照明、重量感サウンドシステムを駆使して、圧倒的迫力が表現されています。

かいじゅうと添い寝!?ムクムクに癒されタイム

写真:Benisei Rinka

地図を見る

会場を一望できる見晴台に登ると、『ファイヤーマン』に登場するかいじゅう“ムクムク”を発見!
とてもリラックスしていて、平和に暮らしている様子がうかがえます。実は、ムクムクのいる場所まで行くことができるんですよ。暗くてちょっとわかりづらいですが、入口を探してみてくださいね。

かいじゅうと添い寝!?ムクムクに癒されタイム

写真:Benisei Rinka

地図を見る

無事たどり着けたら、ムクムクに腕枕してもらうことも・・・。
ムクムクの寝ているベッドは想像以上にフワッフワ。一度ハマるとなかなか起き上がれないほどなので、スカートの方はご注意を!

かいじゅうたちに会える!ARアプリで楽しさ倍増

かいじゅうたちに会える!ARアプリで楽しさ倍増

写真:Benisei Rinka

地図を見る

会場内では、バルタン星人やピグモン、ダダなど、人気かいじゅう達に出会えることも。子供よりも大人の方が懐かしくて興奮してしまうかもしれませんね。

かいじゅうたちに会える!ARアプリで楽しさ倍増

写真:Benisei Rinka

地図を見る

会場内には、所々に写真のような“石碑”のARポイントが。事前にインストールしたARアプリを起動させスマホで読み取ると、モルフォ蝶が現れます。モルフォ蝶が導く方向へスマホを向けると、なんとそこには、目の前にいるはずのない“かいじゅう”が!どんなかいじゅうが現れるかは当日のお楽しみ。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

バルタン星人を捕まえろ!

動画:Benisei Rinka

地図を見る

ムクムクに癒されたあとは、バルタン星人の高速移動を体感!部屋中にプロジェクションマッピングを映し出す“高速ムービングミラー”を使用した最新コンテンツです。
バルタン星人の移動スピードは、追いかけても追いつけない、写真を撮ろうとしてもなかなかピントを合わせられないほど。

バルタン星人を捕まえろ!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

ここは、人間に友好的な唯一のかいじゅう“ピグモン”と遊べる、インタラクティブ映像コンテンツ。愛らしいピグモンを追いかけると、逃げたり、隠れたり、あちこちに動き回ります。手を振ってくれるピグモンもいますよ。

バルタン星人を捕まえろ!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

「かいじゅうのすみか」を探検していくと、実ははるか昔に“チャック”という探検家がこの場所を訪れ、研究していたことが判明します。探検家チャックによって収集された、数多くのかいじゅうにまつわる貴重な研究資料が残されている“探検家ラボ”は見ごたえ抜群!
かいじゅう“ゲスラ”の排泄物も資料として展示され、においを嗅ぐこともできます。ゲスラはカカオ豆にたかる虫を食べるため、排泄物はチョコのような甘い香り。勇気を出して嗅いでみてくださいね。

絶対おすすめ!絵本の中にはいっちゃおう

絶対おすすめ!絵本の中にはいっちゃおう

写真:Benisei Rinka

地図を見る

グッズショップには、“探検家ラボ”とのコラボアイテムなど、ここでしか購入できない商品も多数。

探検家が「かいじゅうのすみか」で採取したであろう“かいじゅうのはなくそ”は、ココアピーナッツになって登場。また、探検家が色々なかいじゅうの表皮をつなぎ合わせて作ったペンケースも。

絶対おすすめ!絵本の中にはいっちゃおう

写真:Benisei Rinka

地図を見る

イチ押しは「かいじゅうのすみか」の宣伝隊長である“ムクムク”のぬいぐるみ(3,500円+税)。ムクムクは、本イベントでぬいぐるみとして初めて商品化されました。今回初めてムクムクを知った人でも連れて帰りたくなる愛らしさ。

また、本イベントの原作『空想科学絵本 かいじゅうのすみか』も購入可能です。おうちでも、かいじゅうの世界を想像して楽しんで。

絶対おすすめ!絵本の中にはいっちゃおう

写真:Benisei Rinka

地図を見る

ショップの一角には「かいじゅうのすみか ひみつの入り口」が。
白いボックスの正体は70個ものカメラが設置された“3Dスキャナ”。撮影してもらうと自分の姿が3Dアバターとなって、専用アプリ内のデジタル絵本内に登場!
こちらは入場料とは別に300円かかりますが、ムクムクやピグモンなどのかいじゅうたちと共演できるなんて凄いですよね。

“悪”として存在している“かいじゅう”ですが、「かいじゅうのすみか」を訪れると、かいじゅうに対する見方が変わるかもしれません。円谷プロダクションの高度な特撮技術と、今回技術協力したパナソニックの最新デジタル技術のコラボレーションを、ぜひ会場で体感してくださいね。「空想科学 かいじゅうのすみか」は2020年1月26日まで!

空想科学「かいじゅうのすみか」体感エンターテイメント基本情報

会場:東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリーアーモ)
住所:東京都文京区後楽1-3-61
アクセス:JR・都営三田線「水道橋」駅、東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園」駅、都営大江戸線「春日」駅下車
電話番号:0570-002-029(TBSイベントダイヤル:会期終了日まで。受付時間 9:30〜18:30)
会期:2019年11月7日(木)〜2020年1月26日(日)
時間:平日12:00〜18:00、土日祝10:00〜18:00(最終入場17:30)
※12/30〜1/3は土日祝と同様
入場料:大人(中学生以上)1,900円、子供(3歳〜小学生)1,000円、当日ペアチケット(大人2名)3,500円、当日親子ペアチケット(大人+子供) 2,500円
※2歳以下無料。各種割引制度あり。詳細は公式サイトにてご確認ください。
入場特典:「円谷プロ 大怪獣カード」/平日当日券を購入した方に限り「かいじゅうシール」※いずれもなくなり次第、配布終了

2019年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/11/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -