米国ブライスキャニオン国立公園「HooDoo」の色彩は神秘的だ!

米国ブライスキャニオン国立公園「HooDoo」の色彩は神秘的だ!

更新日:2019/11/16 14:21

島野 佳幸のプロフィール写真 島野 佳幸 京都写真家、フリーライター
ブライスキャニオン国立公園は、米国西部のユタ州南西部に位置する国立公園で、ラスベガスから北東方向に約400kmです。グランドキャニオンが含まれるグランドサークル内に位置し、「Hoodoo(尖塔群)」と呼ばれる、何億年もの間に石灰石が雨や川の浸食で削り取られ隆起して作り上げられた奇岩群が立ち並びます。
その特徴的な姿と色彩の鮮やかさが、まさに神秘的な風景を創り出している人気の観光スポットです。



新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

ブライスキャニオン国立公園(Bryce Canyon National Park)

ブライスキャニオン国立公園(Bryce Canyon National Park)

写真:島野 佳幸

地図を見る

ブライスキャニオン国立公園があるのは、アメリカ西海岸のラスベガスの北東約400kmの場所。米国ユタ州の南西部に位置していて、ラスベガスの東に広がる「グランドサークル」と呼ばれる人気観光エリアの北西部に位置します。

グランドサークルは、映画の撮影にもよく使われる「レイクパウエル」を中心に、半径230kmの円内に広がる絶景の観光スポットが続くエリアで、日本でもよく知られている「グランドキャニオン国立公園」「モニュメントバレー」「ザイオン国立公園」などの観光名所が多数あります。

上の写真は、ブライスキャニオンで最も有名な「トール・ハンマー(Thor’s Hammer)」「フードゥー(Hoodoo)」がそびえ立っている夕刻の風景です。

ブライスキャニオン国立公園(Bryce Canyon National Park)

写真:島野 佳幸

地図を見る

ブライスキャニオン国立公園は、グランドキャニオン国立公園(標高約20000m)よりさらに、数百mも標高が高い高原の淵沿いに、展望スポットが複数ヶ所整備されています。

朝日に映えるフードゥー(Hoodoo)

朝日に映えるフードゥー(Hoodoo)

写真:島野 佳幸

地図を見る

ブライスキャニオンの色彩をさらに際立たせる瞬間があります、それは、晴れた日の「日の出」と「日の入り」の時です。

ブライスキャニオンの奇岩群は、長い年月をかけて、ポンソーガント高原の侵食・隆起によって形成されています。高さ数十メートルにもおよぶ土柱が林立するフードゥーは、とても神秘的で、ブライスポイントから見下ろすと円形劇場にたくさんの観客が並んでいるようにも見えます。

朝日に映えるフードゥー(Hoodoo)

写真:島野 佳幸

地図を見る

朝日は、ブライスキャニオンの全体を見渡せるブライスポイントの背中側から上ってきます。日の出とともに朝日に照らされたフードゥーが色彩を徐々に変化させて行きます。

朝日に映えるフードゥー(Hoodoo)

写真:島野 佳幸

地図を見る

標高が2500mを越えるブライスポイントの展望ポイントで迎える日の出は、寒さ対策が必要です。日中には30度を超える真夏でも10度以下になり、9月に入ると零下の気温になることもある場所です。

夕陽に映えるフードゥー

夕陽に映えるフードゥー

写真:島野 佳幸

地図を見る

夕暮れ時は、ブライスキャニオンの西側に沈んで行く太陽の光によって、林立するフードゥーは、刻々とその色彩を変化させて行きます。

夕陽に映えるフードゥー

写真:島野 佳幸

地図を見る

晴れた日の夕陽が沈む前後には夕焼けの赤色がフードゥーの朱色をさらに赤くして、青空の青色とのコントラストをさらに鮮やかにします。 その時刻頃には、ビューポイントのサンセットポイントでは、多くのカメラマンがカメラを構えて待機しています。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

ナバホ・ループは1〜2時間程度のハイキング

ナバホ・ループは1〜2時間程度のハイキング

写真:島野 佳幸

地図を見る

ブライスキャニオンには、初級者から上級者向けの複数のハイキング用のトレイルが整備されています。その中でも、ナバホ・ループ・トレイルは、サンセットポイントから峡谷に降り始めて、標高差約160mを下り、別の登りルートでサンセットポイントに周回して戻る往復約2km(所要時間1〜2時間)の人気のトレイルです。

ナバホ・ループは1〜2時間程度のハイキング

写真:島野 佳幸

地図を見る

途中、Wall Streetと呼ばれる狭くて深い谷底をしばらく歩きますが、道案内もしっかりと設置されているので、迷うことはありません。

ナバホ・ループは1〜2時間程度のハイキング

写真:島野 佳幸

地図を見る

緩やかな坂道になる場所もあって、ハイキング途中の格好の撮影ポイントになっています。

谷底から見上げるフードゥー

谷底から見上げるフードゥー

写真:島野 佳幸

地図を見る

谷底から見上げると、フードゥーの大きさや風景ががらりと変わり、まるで別世界に来たような感覚にとらわれます。

キャニオンの谷底のトレイルは整備され、道案内もあって安心して歩くことができます。ただし冬の時期には積雪があるので、スノーシューなどの装備が必要です。

谷底から見上げるフードゥー

写真:島野 佳幸

地図を見る

谷底に下りる前のビューポイントからの景色では想像できないほど、谷底には多くの緑の木が生えています。

谷底から見上げるフードゥー

写真:島野 佳幸

地図を見る

下からフードゥー群を見上げると、大きさや色彩ががらりと変わり、まるでまるで不思議の国に来たような感覚にとらわれること間違いありません。ぜひ、ブライスキャニオン国立公園の神秘的な風景を、ビューポイントの上からと、ハイキングトレイルの下から眺めてください。

ブライスキャニオン国立公園基本情報

アクセス:ラスベガスから約400km、グランドキャニオンサウスリムから約450km
※ユタ州ブライスキャニオンシティの州道63号線から入ります。
入場料:自家用車一台:35.00ドル(7日間有効)
年中無休

2019年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/09/21 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -