観光では外せない!「モントリオール・ノートルダム大聖堂」

観光では外せない!「モントリオール・ノートルダム大聖堂」

更新日:2019/11/21 10:46

ミセス 和子のプロフィール写真 ミセス 和子 北海道ブロガー、街興しフリーライター
ケベック 州の「モントリオール・ノートルダム大聖堂」は、世界遺産にも登録されたモントリオール旧市街にある北米最大級の教会です。
ノートルダムはフランス語で「聖母マリア」を指し、ノートルダムを冠した教会は、世界各地のフランス語圏の都市に建てられた教会。
聖堂内部は、色とりどりに装飾された祭壇やステンドグラス、パイプオルガンが素晴らしく、モントリオール観光では絶対に外せない教会です。
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

ネオ・ゴシック様式の重厚な建物

ネオ・ゴシック様式の重厚な建物

提供元:iStock

https://www.istockphoto.com/jp/写真素材地図を見る

モントリオール・ノートルダム大聖堂は、モントリオールの旧市街スルピス通りの一角にある、ネオ・ゴシック様式の重厚な建物です。
特徴的な二本の塔には、向かって西側(右)忍耐と東側(左)節約を意味しています。西側の塔には重さ11トンもの巨大な鐘が、東側の塔には10個の鐘が収められています。

教会の前のダルム広場は、昼も夜も多くの観光客で賑わっています。広場の中央には、旗を掲げたモントリオールの創始者、ポール・ドゥ・ショメディ・メゾンヌーヴのモニュメントがあります。

ネオ・ゴシック様式の重厚な建物

写真:ミセス 和子

地図を見る

入り口のドアの上には、美しいステンドグラスが飾られています。
ノートルダム聖堂の観光は有料です。ミニスカートや肌を露出した服装や帽子は禁止されており、入場の際はチェックを受けます。

夜も昼も美しい圧巻の祭壇

夜も昼も美しい圧巻の祭壇

写真:ミセス 和子

地図を見る

建物の中に入ると、祭壇が目に入ります。静かで薄暗い建物の正面に、コバルトブルーの光が、息を飲むほど美しく幻想的な祭壇です。

祭壇には多数の銅像があります。中央の一番上の銅像はマリア様がキリストに冠をかぶせてもらう場面。その下は、キリストが十字架にかけられている銅像です。

夜も昼も美しい圧巻の祭壇

写真:ミセス 和子

地図を見る

昼間も薄明かりの中、十分に美しい祭壇ですが、夜になるとプロジェクションマッピングの光のショー「AURA」が開催されます。
祭壇やアーチ型の天井から対照的に色とりどりの光が指し、建物全体を広範囲に利用した光のショーは、昼間の厳粛なムードの祭壇とは一味違う芸術的な美しい光景に驚かされます。残念ながらこのショーは撮影禁止になっています。

7000本のパイプを使ったパイプオルガン

7000本のパイプを使ったパイプオルガン

写真:ミセス 和子

地図を見る

祭壇の後方には、パイプオルガンが置かれています。このパイプオルガンは、約7000本のパイプを使用しています。一番大きなパイプは10メートルもあります。
天井を見上げれば、23カラットの金からなる星々が約3万6千個も散りばめられており、幻想的で壮大な宇宙の雰囲気が醸し出されています。

7000本のパイプを使ったパイプオルガン

写真:ミセス 和子

地図を見る

毎日午後2時半から約1時間、このパイプオルガンの音色が教会に鳴り響きます。
パイプオルガンコンサートは、毎週日曜日11時から行われています。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

ステンドグラスが美しい!

ステンドグラスが美しい!

写真:ミセス 和子

地図を見る

建物の中央窓側を眺めてみましょう。美しいステンドグラスや、お祈りの為の色とりどりのキャンドルが、キラキラと美しく厳粛に輝きます。

ステンドグラスが美しい!

写真:ミセス 和子

地図を見る

一般的に教会に飾られるステンドグラスは、聖書に登場する場面が描かれていますが、ここのステンドグラスは、後にモントリオールとなる植民地、ヴェルマリー(マリアの街)にまつわる宗教的歴史の場面から描写したものが題材になっているようです。

ステンドグラスが美しい!

写真:ミセス 和子

地図を見る

ひとつひとつのステンドグラスに刻まれた、モントリオールの歴史に触れることができます。

手すりや螺旋階段の装飾も!

手すりや螺旋階段の装飾も!

写真:ミセス 和子

地図を見る

二階、三階が木造螺旋階段で繋がっています。教会の椅子や階段、手すりはダークブラウンでしっとりと落ち着いた雰囲気で、祭壇やパイプオルガンの壮麗さが強調されています。

手すりや螺旋階段の装飾も!

写真:ミセス 和子

地図を見る

柱や手すりの細部にも装飾が施され、職人たちの技と心意気が感じ取れます。

動画:ミセス 和子

地図を見る

ノートルダム大聖堂の祭壇からステンドグラス、パイプオルガン、お祈りのキャンドルを眺めてみましょう。

モントリオール・ノートルダム大聖堂の基本情報

住所:10 Notre-Dame West, Montreal, Quebec, H2Y 1T1 Canada
TEL/FAX: (514)8422925 / (514)8423370
アクセス:地下鉄 プラスダルム(PLACE D’ARMES)駅下車、徒歩5分
駐車場:なし
営業時間:8時〜16時30分(土曜日は〜16時 日曜日は12時30分〜16時)
定休日:特別の行事のある日
入場料:大人5CA ドル・子供4CAドル

2019年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/09/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -