山形・鶴岡「あつみ温泉」は女子旅にオススメの温泉街

山形・鶴岡「あつみ温泉」は女子旅にオススメの温泉街

更新日:2020/02/24 13:55

湯川 カオル子のプロフィール写真 湯川 カオル子 温泉流浪人、路地裏ウォーカー
「あつみ温泉」は山形県鶴岡市の南、JRあつみ温泉駅から山間に入った静かな温泉地。美味しいランチやフォトジェニックなスイーツがウリの足湯カフェをはじめ、桜並木が続く河畔の散策路は女子旅でも人気スポット。宿泊施設はホテルや旅館など7か所。外湯で湯治をしたり、早起きして朝市をのぞくのもおすすめ。クラゲで有名な加茂水族館も車で30分の好立地。浴衣散歩やまったりお風呂を楽しめるあつみ温泉を訪ねてみましょう。

足湯や立ち寄り湯で湯めぐり三昧

足湯や立ち寄り湯で湯めぐり三昧

提供元:あつみ温泉観光協会

http://www.atsumi-spa.or.jp/地図を見る

あつみ温泉は鎌倉時代から湯治場として発展した、山形県鶴岡市にある温泉地です。東西わずか600メートルほどの小さな温泉街は、足がむくまま、気がむくまま、散策するにはちょうどいい広さ。

お楽しみは3箇所の足湯。上の写真は温海川の河畔にある「もっけ湯」。「もっけ」とは、庄内地方の方言で「ありがとう」の意味です。川を見下ろすように造られた足湯は、眺めが素敵。春は桜並木を一望です!

足湯や立ち寄り湯で湯めぐり三昧

写真:湯川 カオル子

地図を見る

「あんべ湯」は葉月橋通りの真ん中にある足湯です。「あんべ」とは、英語のアベニュー(並木道)と、方言のあんべ(塩梅=あんばい:調子や健康のこと)を掛け合わせた言葉。特にこのあんべ湯には、珍しく飲泉所があるので試してみては?

足湯や立ち寄り湯で湯めぐり三昧

提供元:あつみ温泉観光協会

http://www.atsumi-spa.or.jp/地図を見る

あつみ温泉には立ち寄り湯が3カ所あります。「正面湯」「下の湯(写真)」「湯乃里共同浴場」で、入浴料はそれぞれ200円。お風呂の造りが違うので、入りくらべても面白い。

泉質はナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉で、正面湯は適温、下の湯と湯乃里はあつ湯ですが、3箇所とも水でうめられます。水を入れる場合もおすすめは少し熱め。キリっと気持ちがいいお湯ですよ。

ランチとスイーツなら足湯カフェ「チットモッシェ」

ランチとスイーツなら足湯カフェ「チットモッシェ」

提供元:あつみ温泉観光協会

http://www.atsumi-spa.or.jp/地図を見る

あつみ温泉には大人気の足湯カフェがあります。名前は「チットモッシェ」。フランス語に聞こえるけれど、実は山形弁で「ちょっと面白い」という意味。店内のギャラリーでは地元の作家さんの作品を販売。東北地方のこけしコレクションも必見です。

ランチとスイーツなら足湯カフェ「チットモッシェ」

写真:湯川 カオル子

地図を見る

あつみ温泉の足湯はどれもデザインが素敵!3箇所すべて、銀山温泉の足湯も手掛けた東京大学名誉教授、堀繁の設計です。長方形を組み合わせた独特の形は、二人並んで座れるほか、友達同士で向かい合ったり車座に座ったりと、会話が弾む造りです。

ランチとスイーツなら足湯カフェ「チットモッシェ」

写真:湯川 カオル子

地図を見る

チットモッシェでは、SNS映えするスイーツをラインナップ。厚切りのハニートーストベリーベリーは、アイスや果物がトッピングされた人気のひと品。

インスタ映え間違いなしの飲み物「キウイ×炭酸」は、見た目のインパクトで大人気。ベースの果実とドリンクは、それぞれ数種類の中から組み合わせできるので、自分好みの味が楽しめます。

<チットモッシェの基本情報>
住所:山形県鶴岡市湯温海甲170
電話番号:0235-43-4390

古い温泉地だからこそ、昔ながらのお菓子が人気

古い温泉地だからこそ、昔ながらのお菓子が人気

写真:湯川 カオル子

地図を見る

あつみ温泉の銘菓といえば元禄餅。現在3店(菅原屋菓子舗、大和屋、玉泉堂丑松)で製造販売しています。ふわっふわで柔らかく優しい甘みは、3軒それぞれことなる個性を競います。

お着き菓子に使う宿もありますが、3軒とも歩いてすぐの距離なので、食べくらべがオススメ。写真は、大和屋の元禄餅です。

<大和屋の基本情報>
住所:山形県鶴岡市湯温海甲221
電話番号:0235-43-2520

古い温泉地だからこそ、昔ながらのお菓子が人気

写真:湯川 カオル子

地図を見る

鶴岡の郷土菓子なら、とち餅の「竹廣屋」。昔ながらの製法で作られた、素朴な味わいがウリです。添加物を一切使わず、栃の実ともち米で作られた餅に、こしあんが入ります。数量限定生産のため、午前中に売り切れることも。必ず食べたい方は要予約。

「とちの実かき餅」もおすすめ。この煎餅にも栃の実がたくさん使われ、ほんのり風味を楽しめます。ちょっと厚めのサクサクした食感は癖になる美味しさ。

<竹廣屋の基本情報>
住所:山形県鶴岡市湯温海甲260-1
電話番号:0235-43-2027

縁結びの絵馬や、朝市で地元のお土産もゲット!

縁結びの絵馬や、朝市で地元のお土産もゲット!

写真:湯川 カオル子

地図を見る

あつみ温泉の宿やお店などで売っているハート形のカワイイ絵馬。願い事を書いたら、朝市会場にもなっている温泉神社へ絵馬を掛けに行きましょう。

縁結びの絵馬や、朝市で地元のお土産もゲット!

写真:湯川 カオル子

地図を見る

ここは東北地方最古の温泉神社で、以前はあつみ温泉の源泉が湧いていた場所です。4月1日〜11月30日まで、境内で毎日朝市が行われます。土産物店やカフェなどが出店。10月になると出まわりはじめる地元野菜で赤紫色の温海かぶは、お漬物が人気です。

縁結びの絵馬や、朝市で地元のお土産もゲット!

写真:湯川 カオル子

地図を見る

朝市のお店のひとつ「五十嵐菊子商店」。挨拶が元気いっぱいの五十嵐さんが売るのは、自家製の漬物や季節野菜。地元の方との触れ合いも、旅の大切な想い出です。

<五十嵐菊子商店の基本情報>
住所:山形県鶴岡市湯温海  あつみ温泉 朝市広場
電話番号:0235-43-2712

見て楽しい!観光名所や浴衣散歩

見て楽しい!観光名所や浴衣散歩

写真:湯川 カオル子

地図を見る

熊野神社があるバラ園では、約90種3,000本のバラが植栽され、6月から10月にかけてが見ごろ。浴衣姿で薔薇と一緒に写真が撮れる女子旅に人気のスポットです。

くわえて6月から9月までは、期間限定のローズガーデンカフェもオープン。バラの形をした「薔薇アイス」は可愛いらしさ満点。フォトジェニックなひと品です!

<あつみバラ園の基本情報>
お問い合わせ:あつみ観光協会
住所:山形県鶴岡市湯温海 熊野神社境内
電話番号:0235-43-3547
料金:無料

見て楽しい!観光名所や浴衣散歩

提供元:あつみ温泉観光協会

http://www.atsumi-spa.or.jp/地図を見る

ぜひ押さえておきたい観光スポットが、温泉街から車で13分ほどの海沿いにある立岩。海に沈む夕日が映えると人気の、高さ51mの奇岩です。頂上では天然記念物のマルバシャリンバイ(丸葉車輪梅)が、白い可憐な花をつけます。

あつみ温泉駅の近くには温海海水浴場もあるので、女子旅だけでなく夏の家族旅行にもおすすめ。

<立岩の基本情報>
住所:山形県鶴岡市温海暮坪18
アクセス:JRあつみ温泉駅からバスで7分

見て楽しい!観光名所や浴衣散歩

提供元:あつみ温泉観光協会

http://www.atsumi-spa.or.jp/

あつみ温泉の宿に泊まると「浴衣めぐり特典サービス」があります。宿で専用の巾着をもらって浴衣姿で街を歩けば、対象のお店でお酒の試飲やお菓子の試食などサービスを受けられます。浴衣歩きがうれしくなる、女子旅にピッタリの特典です。

あつみ温泉を丸ごと楽しむ

足湯や立ち寄り湯といった温泉施設以外にも、女子旅なら必ず寄りたい映えるスイーツがいただける足湯カフェなど、楽しいスポットが点在。クラゲで有名な加茂水族館へは車で30分ほどと、旅行プランにぜひ加えたい温泉地。大型ホテルから風情ただよう旅館まで、7軒の宿泊施設がそろいます。温泉街を浴衣でのんびり、温泉浸かって気分もほっこり。そんな現代湯治を楽しんでみてください。

2019年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/09/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- 広告 -