一歩出るとオーロラ!ホワイトホース「Boreale Ranch」で美食ステイ

一歩出るとオーロラ!ホワイトホース「Boreale Ranch」で美食ステイ

更新日:2019/12/07 14:37

渡辺 裕希子のプロフィール写真 渡辺 裕希子 子連れ旅・ひとり旅を愛するトラベルライター
オーロラベルトの真下にあるカナダの“ホワイトホース” は、3日間滞在するとほぼ見られると言われるオーロラの聖地。現地では観測ツアーが多数開催されていますが、「長時間待つのはツライ」という人におすすめなのが郊外にあるロッジ「Boreale Ranch(ボレアル・ランチ)」への滞在です。部屋のすぐ外でオーロラが見えるのでお手軽。お洒落なインテリアや、美味しい料理も楽しめます。

一歩外に出るだけでオーロラが見える!

一歩外に出るだけでオーロラが見える!

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

ホワイトホースの市街地にあるホテルに宿泊する場合、夜10時頃に出発するツアーに参加するのが一般的。こうしたツアーでは、テントやロッジで暖をとりながらオーロラ観測スポットで待機し、深夜2〜3時ごろにホテルに戻る、というスケジュールが組まれています。

一方で、郊外のロッジに宿泊すると、オーロラの観測スポットはすぐ目の前! ツアーに参加する必要はなく、移動の手間もかかりません。アプリで出現情報をチェックしつつ仮眠をとったり、他のゲストと情報交換をしたりと、部屋やラウンジでのんびりと待つことができます。

今回紹介する「Boreale Ranch」は、ホワイトホースの市街地、および空港から車で約40分の郊外に建つお洒落なロッジ。全室バス・トイレ付きでテラスもあり、リゾート気分が味わえます。

一歩外に出るだけでオーロラが見える!

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

ロッジの庭には、ゲスト専用の露天風呂が! オーロラや星空を見上げながら、あたたかいお風呂に浸かってのんびり。そんな夢のひとときが待っています。24時間いつでも利用できるので、ぜひ水着持参で出かけましょう。

敷地内には滑り台やブランコなどの遊具があるほか、雪上を走るファットバイクやソリも無料で貸し出してくれます。11〜4月の冬季には、宿泊に犬ぞり体験やスノーシューイングを組み合わせた宿泊プランも用意されているので、昼間もアクティブに過ごしたい人におすすめです。

一歩外に出るだけでオーロラが見える!

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

オーロラはいたるところから観測できますが、ベストショットを狙うなら敷地内に設けられた「オーロラビューイングスポット」を利用しましょう。各部屋から歩いて1、2分のところにあり、行き来はスムーズ。椅子とブランケットが用意されていて、撮影用の三脚も無料で貸してくれます。

ただし、夜間はかなり冷え込むので、厚手の防寒ウェアと手袋、シューズは忘れずに! 温かいドリンクを保温マグに入れて、持参するのもおすすめです。

地元アートを取り入れたインテリアがお洒落

地元アートを取り入れたインテリアがお洒落

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

ゲストが集うラウンジ&ダイニングは、吹き抜けの天井が開放的。大きな窓の向こうには美しい雪景色が広がり、地元アーティストによる作品が空間を彩ります。

ラウンジの奥にはキッチンがあり、ゲストはいつでも利用OK。コーヒーや紅茶をいつでもセルフサービスで楽しめるほか、フルーツやクッキーなども無料で用意されています。2階には居心地のいいライブラリーもあり、パブリックエリアが充実。緩やかな時間の流れに身をまかせると、心も身体も解きほぐされていきます。

地元アートを取り入れたインテリアがお洒落

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

客室は全6室。2階建てのメインロッジには4室のデラックスルームがあり、シャワーやトイレはもちろん、コーヒーメーカーも完備されています。2〜4名まで利用できるので、家族で泊まるならこちらがおすすめ。

地元アートを取り入れたインテリアがお洒落

写真:渡辺 裕希子

メインロッジのすぐ隣の棟には、2室のスイートルームがあります。ベッドとソファがあり、目の前には露天風呂がある最高のロケーション。1〜2名で利用できるので、おひとり様やカップルでの旅行にぴったりです。

地元の素材にこだわったグルメも満喫

地元の素材にこだわったグルメも満喫

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

食事の美味しさでも定評のある「Boreale Ranch」。ディナータイムには、地元の素材をふんだんに使ったコース料理が提供されています。まずは前菜を楽しみながら、地元ユーコン州で醸造されている地ビールやワインで乾杯!

地元の素材にこだわったグルメも満喫

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

ダイニングルームにゲストが集まると、ディナータイムのはじまり。この日のメニューは味噌を使ったプルドポークのクレープ包みや、トウガラシを効かせたチョコレートケーキなど、シェフのアイデアが光る創作料理。見た目も美しく、オーロラ観測に向けて気分が高まります。

地元の素材にこだわったグルメも満喫

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

他のゲストと一緒に大きなダイニングテーブルを囲むディナーは、旅の思い出になるはず。事前に予約しておくと、ランチボックスも用意してくれます。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

「Boreale Ranch」で思い出深いオーロラ旅を!

お洒落な雰囲気と美味しい料理で、快適に過ごせる「Boreale Ranch」。自分のペースでオーロラ観測を楽しめるのが、郊外ロッジ滞在の魅力です。

迷ったら、市街地のホテルに数泊、郊外ロッジに数泊と組み合わせて滞在するのもおすすめ。さっそく、オーロラ旅の計画をはじめてみませんか?

2019年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

取材協力:ユーコン準州観光局

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/03/07−2019/03/11 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -