福岡県赤村「源じいの森」は天然温泉を備えた本格的なキャンプ場

福岡県赤村「源じいの森」は天然温泉を備えた本格的なキャンプ場

更新日:2019/11/26 16:59

添田 春斗のプロフィール写真 添田 春斗 広告プランナー
現在ブームともいえる現象でキャンプが人気になっていますが、今回ご紹介する福岡県赤村の「源じいの森」は30年前からキャンプ好きの人たちに愛されているキャンプ場です。ロッジやバンガローからテントを張るキャンプ場をはじめ、ホテル形式の宿泊施設や天然温泉を備えた総合的なキャンプ場です。町部からも近くて便利な立地にあり、緑と川などの自然に囲まれた心安らぐ素敵な施設です。それでは詳細をご紹介しましょう。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う、県境をまたいだ移動の自粛が2020年6月19日より解除されます。また県境をまたぐ観光については「徐々に行い、人との間隔を確保すること」というガイドラインが政府より示されています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

西洋の館を思わせる外観が印象的な「ほたる館」

西洋の館を思わせる外観が印象的な「ほたる館」

写真:添田 春斗

地図を見る

福岡県筑豊エリア南部の田川郡赤村にある「源じいの森」は、山の高い場所にあるキャンプ場が多い中、比較的町中に近い位置にあります。車で10〜20分でスーパーマーケットやホームセンターなどが複数ある町部に行けますので、食材などの調達には便利です。とはいっても、「源じいの森」の周辺は、山の樹々の緑と広い田んぼなどの自然豊かな場所です。

西洋の館を思わせる外観が印象的な「ほたる館」

写真:添田 春斗

地図を見る

「源じいの森」は、自然の川が取り囲むように作られた広大な敷地に、ホテル形式の「ほたる館」やロッジ、バンガロー、キャンプ場があり、少し離れた場所に天然温泉の「源じいの森温泉」やレストランなどがあります。

「ほたる館」では、和室・洋室の客室があり、宿泊費は繁忙期でも大人3950円(食事別)と非常にリーズナブルです。夕食は10品2200円〜5500円までの選べる会席料理で、地元の新鮮な食材も取り入れた美味しい料理です。

西洋の館を思わせる外観が印象的な「ほたる館」

写真:添田 春斗

地図を見る

1Fロビーの横には囲炉裏が設置されており、宿泊客同士が談話してくつろげるコーナーになっています。「源じいの森」は研修施設としても活用されており、体育館のような多目的施設やロクロを使用した陶芸体験ができる工房も併設されています。

スタイルに合わせて選べる「ロッジ」「バンガロー」「キャンプ場」

スタイルに合わせて選べる「ロッジ」「バンガロー」「キャンプ場」

写真:添田 春斗

地図を見る

「ほたる館」をはさんでキャンプエリアは2つ。それぞれにロッジ、バンガロー。キャンプ場があります。オシャレな雰囲気の「ロッジ」は、大人10人がゆったりと過ごせる高台のログハウスと5人までのロッジがそれぞれのキャンプ場にあり、用途に合わせて楽しめます。

スタイルに合わせて選べる「ロッジ」「バンガロー」「キャンプ場」

写真:添田 春斗

地図を見る

「ロッジ」にはキッチンやベッド・寝具、冷暖房設備があり、安らげる木のぬくもりの中で快適に過ごせます。昼は外で川遊びやバーベキューで過ごし、夜はロッジで快適に過ごす1日は楽しいですね。

スタイルに合わせて選べる「ロッジ」「バンガロー」「キャンプ場」

写真:添田 春斗

地図を見る

「バンガロー」は、5人用が8棟設置されています。それぞれが違う造りのデザインになっています。冷暖房とマットレスが用意されています。キャンプらしい雰囲気があって子どもも喜びます。

アメリカの本格的なキャンピングカーに泊まれる「ガーデンホーム」

アメリカの本格的なキャンピングカーに泊まれる「ガーデンホーム」

写真:添田 春斗

地図を見る

1棟だけある「ガーデンホーム」は、アメリカンサイズの非常に長いキャンピングカーにデッキを添えました。珍しいことから非常に人気が高い施設になっています。

アメリカの本格的なキャンピングカーに泊まれる「ガーデンホーム」

写真:添田 春斗

地図を見る

「ガーデンホーム」の中は、ミニキッチンや冷蔵庫、シャワー・トイレ、ベッドにソファやテーブルなどが装備されており、とても車の中とは思えない豪華さです。一度は泊まってみたいセレブ感のあるキャンピングカーです。

アメリカの本格的なキャンピングカーに泊まれる「ガーデンホーム」

写真:添田 春斗

地図を見る

テントを張ってキャンプするキャンプ場は、こちらの遊具などが設置された広い敷地が第1キャンプ場。敷地を取り囲む川のそばでテントを張れる第2キャンプ場があります。バーベキュー用品などのレンタルも充実していますので、テントと食材さえ持参すればキャンプを楽しめます。車で15分くらい行けばスーパーや道の駅などがあるため食材の調達も便利です。また、平成筑豊鉄道の「源じいの森」駅が徒歩5分の位置にあり、電車でも来ることができます。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

周りを取り囲む川での水遊びは子どもにも大人気

周りを取り囲む川での水遊びは子どもにも大人気

写真:添田 春斗

地図を見る

キャンプ場を取り巻く川は自然の川ですが、流れは緩やかで浅いため、夏は子どもを中心に水遊びが人気です。また、ほたるの鑑賞もできます。

周りを取り囲む川での水遊びは子どもにも大人気

写真:添田 春斗

地図を見る

キャンプ場には炊事場の他に、大きなテントが設置されており、雨の日でもテントの中でバーベキューが楽しめます。

周りを取り囲む川での水遊びは子どもにも大人気

提供元:源じいの森

「ほたる館」の宿泊客は夕食・朝食は館内のレストランで食べますが、その他の来場者は温泉施設のところに「レストラン星垂」があります。ここでは、午前11時から人気の「源じい御膳」をはじめ、豊富な種類の美味しい食事が楽しめます。

キャンプ場で天然温泉の露天風呂に入れる快適さ

キャンプ場で天然温泉の露天風呂に入れる快適さ

写真:添田 春斗

地図を見る

「ほたる館」から少し歩いた場所に「源じいの森温泉」があります。アルカリ性単純温泉の天然温泉です。日本庭園やレストラン、売店、レクリエーションルームが設置されています。

キャンプ場で天然温泉の露天風呂に入れる快適さ

写真:添田 春斗

地図を見る

「源じいの森温泉」には男女別に大浴場と露天風呂があります。男女で曜日ごとに入れ替わります。ロッジやバンガローには冷暖房設備がありますが、テントで泊まる人にとって冬場はうれしいですね。冷えた身体が芯から温まります。

キャンプ場で天然温泉の露天風呂に入れる快適さ

写真:添田 春斗

地図を見る

露天風呂の横にはジャグジー風呂も設置されています。屋外の露天風呂でのジャグジーは快適です。他に、家族風呂もあります。家族風呂には和室も用意されていますのでゆっくりくつろげます。

いまでこそ、キャンプブームということで注目されていますが、「源じいの森」は27年前から営業してるんですね。テント持参の本格的なキャンプ愛好者から、キャンプの雰囲気を楽しみたい方も十分に楽しめるキャンプ場。電車でも来れる便利な「源じいの森」で、都会の喧騒を逃れて心をやすらげてみませんか。

「源じいの森」の基本情報

ほたる館
住所:福岡県田川郡赤村大字赤6933-1
電話番号:0947-62-2911
源じいの森温泉
住所:福岡県田川郡赤村大字赤5251-3
電話番号:0947-62-2851
アクセス:
平成筑豊鉄道「源じいの森」駅下車、徒歩約5分
福岡市天神から車で約90分、北九州市小倉から車で約60分

2019年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/11/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -