モニュメントバレーを独占!THE VIEW HOTELのキャビンとホテルの違いを解説

モニュメントバレーを独占!THE VIEW HOTELのキャビンとホテルの違いを解説

更新日:2019/12/13 15:09

浮き草 ゆきんこのプロフィール写真 浮き草 ゆきんこ トラベルライター、プチプラ旅専門家、LCC弾丸トラベラー
数々の映画の舞台となり、アメリカの原風景としても人気のモニュメントバレー。赤茶けた荒野に、威風堂々とたたずむビュート(残丘)は、感動必至!時間の経過とともに、さまざまな表情を見せてくれるモニュメントバレーを心ゆくまで堪能できるのが、バレー内に唯一あるホテル「THE VIEW HOTEL(ザ・ビューホテル)」です。ホテルの客室と一棟独立型のキャビンから見える絶景、あなたはどちらがお好み?

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、外務省より感染症危険情報が発出され、渡航が難しい国・地域があります。各種報道機関の発表や外務省海外安全ホームページおよび厚生労働省検疫所ホームページなどで渡航情報、現地情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)

THE VIEW HOTELの客室とキャビンの違いとは?

THE VIEW HOTELの客室とキャビンの違いとは?

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

ナバホ族の居留地で、ナバホ族が管理、運営するモニュメントバレー内に唯一あるホテルが、THE VIEW HOTELです。景観を損なわないため、高さを抑え、外壁も赤茶色にする徹底ぶり。赤茶けた大地に見事に調和しています。

館内では、ネイティブアメリカンの織物や調度品がそこかしこに飾られ、伝統文化を肌で感じられます。

THE VIEW HOTELの客室とキャビンの違いとは?

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

THE VIEW HOTELの本館横にあるビジターセンターをこえ、キャンプサイトの方へ行くと見えてくるのが、キャビンサイト。1棟独立型のため、プライベートな滞在ができます。

ビュートに向かって、前後2列に並んでいるので、目の前のビュートを独り占めしたいなら、1列目のPremium Viewがおすすめです。

THE VIEW HOTELの客室とキャビンの違いとは?

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

ホテルとキャビンのどちらに泊まろうか迷ったときに気になるのが、メインとなるビュートの見え方。ホテルのほうが高台にあることで、ビュートを見下ろすように全体を見渡すことができ、反対にキャビンは、少し斜めに見えます。

ただ、キャビンは、デッキからすぐ外に出ることができ、雄大な自然を肌で感じられるのがポイント。ホテルのテラス越しで見るのと、広い台地に自分の足で立って見るのとでは、スケールが違います!

プラネタリウムのような星空が堪能できるキャビン

プラネタリウムのような星空が堪能できるキャビン

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

キャビンのチェックインは、ホテル側ではなく、キャビン入り口にある掘立小屋。宿泊するキャビンと駐車場所を教えてもらいます。

予約したキャビンにいくと、モニュメントバレーを一望できる自慢のデッキがお出迎え。目の前に広がる壮大な景色にただただ圧倒されるばかり。

プラネタリウムのような星空が堪能できるキャビン

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

部屋のタイプは、クイーンベットと2段ベットがあるValley Rimと、クイーンベットとソファーベットがあるExcective Valley Rimの2種類。どちらにも、電子レンジやコーヒーメーカー、冷蔵庫などが置いてあるちょっとしたキッチンスペースがあります。

夏でも朝晩は冷えるモニュメントバレー。キャビンには大きな窓ガラスがはめ込まれ、部屋の中にいても絶景が楽しめるようになっています。キャビンに宿泊する場合は、食材を持ち込んで、心ゆくまでモニュメントバレーを楽しむのがおすすめです。

※ホテル側のレストランで食事をすることも可能

プラネタリウムのような星空が堪能できるキャビン

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

キャビン最大のおすすめポイントは、絶好のタイミングで外に出られること。モニュメントバレーをもう少し近くで見たい、写真を撮りたいというときもすぐに出られます。

陽が昇り、徐々に空がオレンジ色に染まるまさにその時、赤茶けた大地に立っていると、この世界にたった一人立っているような不思議な感覚を味わうはず。

また、星空が美しいことで有名なモニュメントバレーでは、夜空も見逃せません。星が瞬く真夜中に外に出ると、そこは天然のプラネタリウム!ホテル側は夜でも灯りがついているので、これほどの星空を眺めることはできません。

夜は、真っ暗になるので、スマホの電灯をつけるなどして、足元にはご注意ください。

モニュメントバレーを見下ろせるホテル側

モニュメントバレーを見下ろせるホテル側

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

ホテル側は、1階〜3階にあるほとんどの部屋のテラスからモニュメントバレーが見られます。上の階ほど、値段が高くなりますが、実際の眺望はさほど変わりません。

モニュメントバレーを見下ろせるホテル側

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

バストイレは十分すぎる広さがあり、さらにバスタブがあるのもうれしいポイント。

キャビン側のシャワーのお湯は、使用時間5分の厳しい時間制限がありますが、ホテル側はないので、たっぷりと熱いお湯を浴びられます。

モニュメントバレーを見下ろせるホテル側

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

部屋のデッキからは、モニュメントバレーが一望!しかも、見下ろすように見られるので、アメリカらしい広漠たる荒野を堪能できます。部屋にあるコーヒーメーカー(カプセルはスターバックス!)で、熱いコーヒーを飲みながら、絶景にひたる優雅なひとときを。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

絶景テラスで至福の朝ごはん

絶景テラスで至福の朝ごはん

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

部屋よりもより美しく、より広大さを感じられるのがフロント上にある絶景テラス。ビュートが迫ってくるようなそんな錯覚を起こすほど!

絶景テラスで至福の朝ごはん

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

テラスには、ブッフェ形式で朝ごはんが食べられるレストランもあります。タイミングがあえば、窓際の特等席で食べることも!

ベーグルやスイーツ系のパン、オムレツ、ヨーグルト、フルーツなどのほか、ベーコンやソーセージなど温かいものは、別で持ってきてくれます。ハッシュドポテトが一押しです。

バレードライブやフォレストガンプポイントへも楽々アクセス

バレードライブやフォレストガンプポイントへも楽々アクセス

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

モニュメントバレー内を走れる、バレードライブは、キャビンエリアの横がスタート地点。
天気がよければ、ぜひチャレンジしてください。
詳しくは、下記MEMO欄の「モニュメントバレードライブの走り方」をご覧ください。

バレードライブやフォレストガンプポイントへも楽々アクセス

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

トム・ハンクス主演映画「フォレストガンプ」の一場面として登場した1本道、通称、フォレストガンプポイントは、ホテルから車で10分。それほど交通量も多くないので、車に気を付ければ、まっすぐな直線の先にビュートがそびえる写真が撮影できます。

ビュートの方角が北東のため、美しく撮影するなら午前中がおすすめです。

アメリカ絶景ホテルの一つ「THE VIEW HOTEL(ザ・ビューホテル)」

アメリカの絶景ホテルとして有名な「THE VIEW HOTEL(ザ・ビューホテル)」。モニュメントバレーは、朝焼け、夕焼け、美しい星空と1日を通して、さまざまな表情をみせてくれるので、宿泊が断然おすすめ。そんなモニュメントバレーの絶景を部屋から楽しめるのは、「THE VIEW HOTEL」だけ!値段は高めなものの、その価値に見合うだけの滞在をお約束します!

2019年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -