レトロなトラムに乗って!世界遺産の街ウクライナ「リヴィウ」の街歩き

レトロなトラムに乗って!世界遺産の街ウクライナ「リヴィウ」の街歩き

更新日:2019/11/19 16:40

カジヤマ シオリのプロフィール写真 カジヤマ シオリ ヨーロッパ女子ひとり旅専門家、アートライター
世界遺産にも登録されたウクライナ・リヴィウの歴史地区は、旧ソ連の影響を色濃く残す首都キエフとは違った風景を楽しめることで人気です。
そんなリヴィウの街を観光するなら、トラムに乗ってみましょう。古い建物のあいだをゆっくりとトラムが走る風景は、リヴィウの風物詩のようなもの。車体もレトロでとてもかわいい!

レトロなトラムで移動しながらめぐる、リヴィウの街並みを紹介します!
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

リヴィウ駅から旧市街の中心部へ、トラムに乗って

リヴィウ駅から旧市街の中心部へ、トラムに乗って

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

中心の大きなドームが特徴的なリヴィウ駅。近隣都市からの電車のみならず、キエフや隣国ポーランドからの長距離鉄道も乗り入れています。リヴィウの陸の玄関口です。

駅から旧市街の中心部へは、トラムでの移動が便利です。乗り場は、東口を出てすぐ。所要時間はトラムで15分程度です。トラムは駅から旧市街への移動だけでなく、リヴィウの見どころをめぐるのにも役立ちます。

<リヴィウ駅基本情報>
住所:Verkhnii Luzhok, Lviv Oblast
旧市街へのアクセス:1・6・9番線のトラムで約15分。約10分間隔で運行

リヴィウ駅から旧市街の中心部へ、トラムに乗って

写真:カジヤマ シオリ

トラムの乗り方は簡単。車両の前方のドアから乗車し、運転手からチケットを購入します。人数を伝え、運転手席の壁についた小窓にお金を入れ、運転手にお金をわたすと、小窓をとおしてチケットを渡されます。チケットは5グリブナ(約20円)で、どこまで乗車しても同じ値段です。

受け取ったら、車内の壁にある機械にチケットを挟み、ちゃんと穴をあけて刻印します。万一車内で提示を求められた場合、この刻印をしたチケットを持っていないと罰金の対象になるので、忘れないようにしましょう。他のお客さんの見よう見まねでやってみればできるはずです。

目当ての停留所が近づいたら、近くの出口へ。段差が高いことが多いので、お気をつけて。

リヴィウ駅から旧市街の中心部へ、トラムに乗って

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

6番線のトラムに乗車すれば、目印になるような建物を通り過ぎながら旧市街を目指せます。

写真は、聖オルハ・エリザベス教会。ゴシック様式の重厚感ある外観が目を引きます。リヴィウには古い歴史をもつ美しい教会や大聖堂が点在し、1993年には世界遺産にも登録されたほど。気になった建物があれば、次の停留所で下車して立ち寄ってみるのもいいかもしれません。

<聖オルハ・エリザベス教会>
住所:Kropyvnyts’koho Square, 1, Lviv, Lviv Oblast
電話番号:+380-322-334073
アクセス:リヴィウ駅からトラムで約2分

トラムを下車し「ルィノク広場」を観光

トラムを下車し「ルィノク広場」を観光

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

古きよきヨーロッパの雰囲気を残す旧市街の観光は、ルィノク広場からスタート。1・9番線トラムは、ルィノク広場の南を横切ってRuska Stに停車します。そこで下車するとスムーズにアクセスできます。6番線トラムならTeatralna Stで下車し、南側へ歩きましょう。広場には歴史のある建物や、興味深い展示の博物館が面しています。

トラムを下車し「ルィノク広場」を観光

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

旧市街でのランチやディナーには、ルィノク広場に面したレストランへ。広場のゆったりとした雰囲気を楽しむなら、テラス席がおすすめです。ウクライナ名物グルメのボルシチやドライフルーツのジュースを味わいながら、地元の人々や1・9番線トラムの行き交う風景を眺めることができます。

ルィノク広場の真ん中から旧市街を眺める

ルィノク広場の真ん中から旧市街を眺める

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

旧市街を高い場所から見渡したいなら、広場の中心にデンと構える市庁舎の塔へ。65メートルの塔の展望台から旧市街を一望できます。もちろん、トラムが走る姿もそこかしこで見かけます。階段は急で狭いため、スニーカー等歩きやすい靴で上るのがおすすめです。

<リヴィウ市庁舎の塔の基本情報>
住所:Rynok Square, 1, L’viv, Lviv Oblast
開館時間:9:00〜19:00(入場は閉館30分前まで)
アクセス:ルィノク広場すぐそば

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

トラムがそばを走る「ラテン大聖堂」

トラムがそばを走る「ラテン大聖堂」

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

1・9番トラムが真横を走るラテン大聖堂は、14〜15世紀ごろに建てられたローマ・カトリック教会です。黒の大きなドームと、展望台からも目につきやすいベージュ色の塔が特徴です。

高い天井からはシャンデリアがいくつもぶら下がっています。大聖堂の奥にある祭壇はひときわ豪華で、ステンドグラスや彫刻に見惚れることでしょう。

<ラテン大聖堂の基本情報>
住所:Katedralna Square, 1, L’viv, Lviv Oblast
開館時間:7:00〜19:00
アクセス:ルィノク広場から南西へ徒歩1分

トラムでの街めぐりはリヴィウ観光の醍醐味

リヴィウの街を走るトラムは、地元の人の生活に必要不可欠な存在です。ルィノク広場周辺では狭い道を走ることも多く、人や建物とすれ違いそうな距離で走っていることもめずらしくありません。

車内では、背の届かないお客さんの代わりに、ほかのお客さんがチケットに穴をあけたり、乗り降りするお年寄りのお手伝いをしたりする光景も日常的にあります。街を観光しながら、どこかあたたかい気持ちに。

トラムは旧市街だけでなく、アートのように美しいお墓が並ぶリチャキフ墓地や自然に囲まれた城塞へのアクセスも便利です。トラムに乗って、きままで楽しいリヴィウ観光を!

2019年11月現在の情報です。最新情報は公式サイト等でご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2018/04/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -